« ローリングストーンズ 『テルミー』 | トップページ | イタリア映画『道』 GELSOMINA(ジェルソミーナ) »

八月の濡れた砂

地方にも学園紛争が吹き荒れ、学校はロックアウトされていた。
このまま卒業が延期になるかも知れないとの不安が過ぎった。
教育実習で指定された中学校に行ったが、生徒たちに挨拶をする前に日教組のレクチャーを受けて教員の夢はいっきに醒めた。
先輩のいる会社に縁故で入社したが、将来への不透明感は拭えなかった。
目標が定まらず悶々としている時に藤田敏八『八月の濡れた砂』を観た。
退廃的な映画を観て自己嫌悪に陥り反省した。

音楽は投げやりで切ない感じがした。
好きな曲でカラオケでは歌います。


『八月の濡れた砂』
作詩:吉岡オサム 作曲:むつひろし

あたしの海を まっ赤に染めて
夕日が血潮を 流しているの
あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
悲しみさえも 焼きつくされた
あたしの夏は 明日もつづく

打ち上げられた ヨットのように
いつかは愛も 朽ちるものなのね
あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
想い出さえも 残しはしない
あたしの夏は 明日もつづく

あの夏の光と影は
どこへ行ってしまったの
想い出さえも 残しはしない
あたしの夏は 明日もつづく

|

« ローリングストーンズ 『テルミー』 | トップページ | イタリア映画『道』 GELSOMINA(ジェルソミーナ) »

YouTube」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローリングストーンズ 『テルミー』 | トップページ | イタリア映画『道』 GELSOMINA(ジェルソミーナ) »