« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

信濃デッサン館で村山槐多に出会う

Shinano1_2

カーラジオのスイッチを入れるとラジオ深夜便「心の時代」が流れていた。
耳を澄ましていると、なにやら聞いた事のある地名や名前が出てくる。
窪島誠一郎氏がゲストとなって開館30周年になった「信濃デッサン館」の話をされていた。
もう、30年も経つのか・・・。
その頃の私は長野に店舗を構えていたので、東京と長野を毎週車で行き来していた。
関越道路が群馬藤岡までが終点になり、そこからは一般道を走りぬけ峠を越えて佐久に出ると、遠くに山並みが連なり眼下には田園風景が広がる、信州の原風景だった。

その日も、軽井沢方面に向かっている車中で地元ローカル放送を聴いていると、上田に「信濃デッサン館」なる小さな美術館が出来たとアナウンスしていた。
デッサン館と聞いて行ってみたくなりハンドルを切った。
上田市街から別所温泉に向かう小高い丘に緑の木々に囲まれた木造の建物が見えて迎えてくれた。上田の塩田平を一望できる絶好のロケーションに佇んでいる。
木造建築の信濃デッサン館に一歩足を踏み入れると、A4ほどの大きさに描かれたデッサンの数々が額に入れられ飾られていた。

そして、衝撃的な絵に出会ったのです。
25号ほどの大きさで隠れるように飾られていた絵には村山槐多「尿する裸僧」
驚愕して立ちすくみ金縛りにあったように身動きできなかった。
この日から、運命的に出会った村山槐多を忘れることはできない

Kaita

頭の中は村山槐多で占めつくされ、食入るように村山槐多のデッサンを拾った。
その日を特別な日として、その後信濃デッサン館には数十回通った。
「鬼の線」と云われた村山槐多のデッサンは高い評価を受けている事も知った。
TVなんでも鑑定団の中で5号ほどの村山槐多の絵に3000万円の価値を見たときはビックリした。時の経過で億単位で取引されることも予想されると鑑定士は云った。

22歳で若くして夭折した天才画家村山槐多は現代画家の損失であったろう
山田風太郎「人間臨終図鑑」によると、風邪を拗らせた村山槐多は代々木にあるトタン屋根が風で飛ばされないよう石が並べられ雨漏りするアバラ家の部屋に横たわり咳き込んでいたとある。おなじ境遇にある才能ある若者が集まり、村山槐多の回復を願ったが、明け方に襲った強い雨風の音を聞きながら死んだ。

その時の様子を見守った友人がハガキにしたためた。そのハガキも展示されている。
内容を詳しく覚えていないが大きな文字で「槐多が死にました・・・」と書いてあった。

8c95_3  

D83f_3

信濃デッサン館館長の窪島誠一郎氏は知る人ぞ知る作家水上勉のご子息である。
私財を投じ若くして亡くなった画家の絵やデッサンを買い求め造ったとされる。
その後、信濃デッサン館に隣接する場所に戦争に狩り出され、失意のうちに亡くなった戦没画学生慰霊美術館「無言館」を開館された。
この「無言館」にも何度も足を運びました。
才能ある若者が戦争の犠牲になり、日本文化が滅びた。

誰も真似が出来ないと云われる村山槐多の力強い輪郭。シルクスクリーンかリトグラフがあれば欲しいと思っています。
館内には亡くなった直後の村山槐多のデスマスクも飾ってあります
安らかな可愛い顔をしているんです。
村山槐多が愛してやまなかった「稲生像」があります
その稲生さんを槐多は愛しくて告白の手紙をだしています。同性愛だったのか・・・

村山槐多は詩もいっぱい残しています。
詩人でもあったのですね

村山槐多の遺書。

第一の遺書

自分は、自分の心と、肉体との傾向が著しくデカダンスの
色を帯びて居る事を十五、六歳から
感付いて居ました。
私は落ちゆく事がその命でありました。
是は恐ろしい血統の宿命です。
肺病は最後の段階です。
宿命的に、下へ下へと行く者を、引き上げよう、
引き上げようとして下すつた小杉さん、鼎さん
其の他の知人友人に私は感謝します。
たとへ此の生が、小生の罪でないにしろ、
私は地獄へ陥ちるでせう。最後の地獄にまで。
さらば。

あれから30年・・・か。
村山槐多に刺激を受け、岐路に立ち向かったはずの私は、余りにも乏しい才能は
蕾のまま花開くこともなく、ここまで生きて来たのがやっとの人生です。
多分に、この先もおなじだろうと思う。

| | コメント (4)

乱気流の中で聴いた曲

急用が出来て九州に帰省した。
高所恐怖症のために飛行機が嫌いで、座席はいつも通路側を予約する。
そして、出来るだけ後方座席を指定するようにしている。
この日も、快晴ではあるが、嫌な予感がした。
座るや否や、デジタルオーディオプレーヤーを取り出しイヤホーンを耳に嵌める。
今日の曲目は古典芸能と洒落こみ、ファンである坂田美子「琵琶うたものがたり」を収録してきた。
予感は的中して飛行機は高度を上げるとすぐに気流に巻き込まれ機体はリズムに乗ったように狂気乱舞している。生きた心地がしない。
すぐにプレーヤーの電源をONにして音楽に集中した。

D666

・・・(12分の長い曲を短く編集しました)

薩摩琵琶奏者の坂田美子さんにはNHK「古典芸能」でお目にかかり魅了された。
TVに釘付けになりながら良いもんだなぁ~と思っていたが、以後、薩摩琵琶の事も坂田美子さんの事も忘れていた。
振り返れば、3年前に勝手な押しかけファンであるが児童絵本作家のN氏を知った。
音楽評論でも知る人ぞ知る・・・才能の豊かさが垣間見えます。
N氏はジャンルを問わず音楽の楽しみ方を教えてくれましたね
そのN氏は古典芸能にも造詣が深く、詳細に説明がされていたのを読みました
その中に・・・薩摩琵琶 坂田美子さんが出ていたんです
この人だぁ!!!
ついに運命的でしょうか二度目の出会いです・・・一方的ですよ。

すぐにCDを手に入れ追っかけが始まったのです。

薩摩琵琶の音色は研ぎ澄まされた鋭角な音がします。
魅了され薩摩琵琶に関するCDを数枚集めましたがみんな良い音がします。
坂田美子さんの薩摩琵琶のライブには5回ほど末席を汚しましたが
小劇場でのライブも意外や意外で満席になります。
私のような俄かファンは居ないようです。
古典芸能通の方がたくさんお出ででしたよ
何通かメールの交信もさせて頂きました
アイドルを見るような私の目で坂田美子さんのメールを読んでいます。

坂田美子さんはご自宅で薩摩琵琶の教室を開かれています
聴くだけで精一杯・・・

吉川英治著「新平家物語」は私の数少ない愛読書です。
清盛・義仲・義経の栄枯盛衰を感じさせてくれます

F235

NHK人形劇「平家物語」はビデオに収録して見ました
人形劇とは云え史実が忠実に描かれそして何よりも人形の表情が良い。
またその中のエンディングに流れる「 」(尾崎亜美)
が泣かせます。
一関まで辿りついた義経にどんな夢があったのでしょうか
戦いの天才は儚いひと時の幻を見たのでしょうか・・・

祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらわす。
おごれる人も久しからず、 唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、 偏に風の前の塵に同じ。

Eaa2

祇園精舎・・・今は公園になっている

お釈迦様は祇園精舎には23回尋ねていらっしゃるそうです。
今は公園となってお釈迦さまを偲ばせています。
祇園精舎の鐘の声・・・どんな音がしたのでしょうか ゴ~~ン!

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »