« オヤットサー | トップページ | 出生届け »

猫の寿命

001

世界最高齢の犬としてギネスブックに登録されている「シャネル」が6日、21歳の誕生日を迎え、自身の記録を更新した。人間の年齢で144歳らしい。

ニューヨークに住むダックスフントの「シャネル」は、オレンジ色のセーターと赤いゴーグルを身につけ、飼い主のデニース・ショフネシーさんが賞を受け取るのを見守った。
ギネスの広報担当者によると、審査員が獣医師の証明書や写真など確認し、記録の更新が認められたという。
「シャネル」は、生後6週の時に保護施設から引き取られた犬で、ショフネシーさんは「人間のように大切に世話をしている」と話している。

我が家の姫は16歳です。
猫は何歳でギネスブックなのでしょうか
先日、突然に背筋が伸びたまま硬直して痙攣を起しました。
突然死が襲ったのかと・・・
なす術がなく、途方に暮れていたのですが、長く続いた痙攣も少し治まると、
小さな声で鳴きながら、ある一点を凝視して長いこと同じ姿勢で起きてました。
霊か、なにかが見えていたのでしょうか

よろけた足取りで、いつもの場所に行って水を飲んでいました。
水を飲んだことで少し安心はしたのですが・・・老衰も考えられます。

3年ほど前に病院での検診で老齢の上に腎臓が悪いので、もって1年
半年の命だと云われたことがあります。すでに3年を経過しています。
医者の推測する寿命のご託宣は当てにならないようです。、

何歳まで生きられるのか
心配は尽きません。

|

« オヤットサー | トップページ | 出生届け »

ペット」カテゴリの記事

コメント

うちには9歳になる犬がいます。
ネコにせよ犬にせよ、家族なんですよね。
可能な限り長生きしてほしい、と心から願います。
出来れば私よりも長生きしてほしい、なんて思ったりもするのですが、それはちょっと可愛そうかな。

世界最長寿猫はイギリスのプスとう36歳のネコだそうです。すごいですね。

投稿: ダックス | 2009年5月26日 (火) 05時47分

我が家にも10歳を過ぎた三毛猫がおります。

先日4日間、闘病生活からやっと帰ってきました。

福沢諭吉さんがあれよーあれよと飛んでいってしまい、私は益々貧しい日常になりました。
が・・・しかーし!  名前を呼ぶと返事をする相棒は愛おしい存在です。

長生きして私に恩を返してほしい(笑)

投稿: くりくり | 2009年5月26日 (火) 09時42分

cancer
ダックス さん こんにちは。

> ネコにせよ犬にせよ、家族なんですよね。
素顔になれるひと時なのかも知れないですね。
要求するわがままにも、文句を云わずにハイ、ハイと応える
当たり主従関係がハッキリしているようです(*^ー゚)bグッジョブ!!

> 出来れば私よりも長生きしてほしい、なんて・・・
それは可哀相ですよね。
多摩川の河川敷で捨て犬を拾ってきて、可愛がっていたのが
亡くなったときは、傍目にも悲しくなりましたね。
家族を感じました。

> 世界最長寿猫はイギリスのプスとう36歳のネコだそうです
凄いですね 人間の年だと200歳ぐらい行っているかも・・・役行者みたい
まだ半分も行ってないんですね。
せめて20歳までは頑張って欲しいな・・・

投稿: 月の砂漠 | 2009年5月26日 (火) 17時13分

cancer
くりくりさん こんにちは。

> 先日4日間、闘病生活からやっと帰ってきました。
ここが痛い!と云ってくれれば有難いのですがね
痛い!の信号を見つけるのが大変ですね。
でも、退院してきて良かったですね。

猫にも高額医療助成金があると良いのですが。
ペット保険にでも加入しないといけないですね。

投稿: 月の砂漠 | 2009年5月26日 (火) 17時17分

ウチの近くに飼い主そっくりの犬がいます。二人は(小父さんと犬なんですが)ちょっと太りすぎた体つき、温和な顔の表情、ゆっくりした動きのペース何から何まで似ています。奥さん、子どもよりも似てるんじゃないだろうかと言ってる人がいました。

長年一緒に暮らしたペットが、衰弱していくのを見るのは本当に切ないことでしょうね。

姫様も、元気になって、石田三成を困らせた淀君のように振舞う日々がまた来ますように、、、

投稿: joy | 2009年5月26日 (火) 18時49分

cancer
joyさん こんばんは。

> ウチの近くに飼い主そっくりの犬がいます。

似るようですね。
主従関係が逆転すると似てくると書いてある文章がありました。
ははは・・・おかしいですよね。
もしかして、私も姫に似ているのかも知れないですね。
わがままで

> 石田三成を困らせた淀君のように振舞う日々がまた来ますように、、、
石田三成も賢い頭脳が狙ったリスクある最善手が裏目に出たのでしょうね。
賢者ほど翻弄される見本みたいです。

投稿: 月の砂漠 | 2009年5月26日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オヤットサー | トップページ | 出生届け »