« 路面電車は懐かしい・・・ | トップページ | 1Q84を読んだ・・・不思議な世界へどうぞ »

平家物語のひとコマ

昨夜はスイカをスパッと真ん中から切った上弦の月が浮かんでいた。
太陽が昇った8時ごろでも、明るい南の空に、ぼんやりと姿を現していたが、1Q84では”月”はとても重要なキーワードになっている。

1Q84を読み進んでいくと、展開の主人公とも云える大事なポジションにいる「ふかえり」と呼ばれる17歳の少女が出てくる。
作家デビュー?する彼女に記者は「好きな作品は?」と、尋ねると平家物語と応えるシーンがあります。

彼女は好きな部分を暗証した。長い暗誦が終わるまでにおおよそ五分かかった。

とある。小説の中であるが、ふかえりなる少女は古典「平家物語」で義経の心が暗転し京を追われ都落ちする「判官都落ち」の大事な部分を暗誦したようです。

また、ふかえりは目を瞑り、壇ノ浦の合戦をも暗誦する場面もある。
あたかも盲目の琵琶法師が衆人を前にして源平合戦の様子を口承していくように・・・。
源氏物語にも負けない壮大な人間模様を描いた抒情詩が平家物語だと思っています。
平家物語が好きな私はセンテンスの一部分でもでてくると、チョットだけでも嬉しくなります。
感慨に耽る想いがあるのです。

古典か・・・。
得意とした時期もありましたね。過去形です。
古典としての平家物語は何度か挑戦して読んだことがありますが、しかし読む度に欠伸を抑えることが出来ずに眠ってしまいます。
小癪な古典に別れを告げ、しからばと、吉川英治「新平家物語」を買い求め、これを読み始めると、これがまた面白いんですね。主権を狙って平家と源氏それに、取り巻く人間模様が心に刺さります。幾度となく読み返し新平家物語の虜になったものです。

今でも、座右の書は?と云われれば、吉川英治「新平家物語」を躊躇なく応えることが出来る。孤独な老人になっても、新平家物語だけは手元に置きたいと思っています。

義経が金沢にある白山比咩神社(全国にある白山神社の総本山)に、無事に平泉に戻れるように祈願した時の請願書を奉納したとありました。血判書のようなものなのでしょうか。

安住の地として平泉に到着した義経は藤原秀衡に擁護されるが、藤原秀衡が亡くなった後は、藤原四代泰衡の裏切りにあい衣河館で焼き討ちにあいます。

その時の様子を、山田風太郎「人間臨終図鑑」では、義経は燃え盛る持仏堂に座り、小さい頃より慣れ親しんだ天台宗の経典である法華経を読経する。
弁慶が、判官殿逃げましょうぞの声にも、終わるまで待て!と読経を続けたとある。
義経の首は、丁寧に扱われ黒漆の箱になみなみと注がれた酒の中に納められ、鎌倉に運ばれた。
変わり果てた義経の首を見た頼朝は嗚咽したとある。
義経殺害を実行した裏切り者の藤原泰衡に追っ手を差し向ける。
矛盾した人間関係が読み取れる。


祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらわす。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。

薩摩琵琶と語りは坂田美子
尺八は坂田梁山 ご夫婦での共演。

1Q84のその後、420ページまできた。個人的感想として
どこまで行っても永遠に交わらないはずの二本のレールが、少しずつ内側に
傾き始めた。弘兼憲史描くところの五里霧の世界があるようだ。
上・下巻ではなくて、BOOK 1 BOOK 2 になっているところが続編に期待を持たせる。五木寛之「青春の門」のように大河小説になりそうな予感。

p.s
グリムスの苗木が79日間で大人の樹に成長しました。
早いのか遅いのか分かりませんが嬉しいです。

|

« 路面電車は懐かしい・・・ | トップページ | 1Q84を読んだ・・・不思議な世界へどうぞ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

朝日のインタビューで村上春樹氏が話していましたが、1Q84は「松本サリン事件」「地下鉄サリン事件」がきっかけで書かれたとのこと。
関係者のインタビューをまとめた村上春樹の「アンダーグラウンド」は読みました。
あの事件からどんな小説が生まれたのか、気になりだしました。私も読んじゃうかも?
その時は、感想を言い合いたいです。

ホントだ、苗木が大人に成長してますね!
発芽まであと数日。どんな木になるのか、私も楽しみです!!

投稿: ダックス | 2009年6月18日 (木) 05時09分

cancer
ダックスさん こんにちは(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

> 1Q84は「松本サリン事件」「地下鉄サリン事件」がきっかけで
そうですね。オウム真理教の点と線と云ったところかなと・・・
まるで磁石のように引き寄せあうんですね
違った意味でスペイン映画のパンズ・ラビリンスを思い出します。

> 気になりだしました。私も読んじゃうかも?
遅読を得意としていますから感想を書く前に挫折するかも知れません。
完璧に追い越されますね

> 苗木が大人に成長してますね!
大人の樹になると、世界のどこかで植林が行われます。
環境に一役買っているといった感じです。
大人の樹が5本になるとすごいことがあるそうです
楽しみです セッセと如雨露で水をやらなくちゃ

投稿: 月の砂漠 | 2009年6月18日 (木) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路面電車は懐かしい・・・ | トップページ | 1Q84を読んだ・・・不思議な世界へどうぞ »