« 初冬の風物詩 | トップページ | それでもジムに通う »

楽天家になりたい・・・。

いつ来ても、この場所は両側を長い建物に囲まれているので微風な風が集まり、ビル風となり強烈な風となって特急で走り去る。寒いのなんの・・・体感温度はいっきに下がります。
いつものことながら、この風の寒さだけは耐えられない。
はやいところ、赤々と燃えるストーブの横に行きたくなる。そんな寒さに軋む折りにチョイと横を見ると、友人が、いや、友人と簡単に決め付けられない、なにしろ、それは決して心を曝け出すことのない知人であるF氏が頭をうな垂れている。あ~また怒られているんだな。と勝手に想像する。
F氏は、その名も名高いヨホバの証人(エホバの証人)の信者です。

怒られていることを、怒られていると思わない奇特な方です。
ごくごく普通の常識を持っている方であれば、怒られて5~10分は、しょげてしまう話でも、ものの2~3分で怒られたことを忘れてしまうようです。
ストレスのない人生は良いな~。
ケアレスミスの多いF氏に悪気はない。
四六時中、都合の良いように解釈され偏った聖書を空で読み返しているからなのでしょうか。良く言えば楽天家であります。

2012

折りしも映画2012年が上映されている。
地球滅亡の日は近い。ヨホバの証人が喜びそうな映画です。
人類最期でも、ノアの箱舟は信者救済のために降りてくると真顔で話される。
2000年経ったいまでも復活しないキリストは、いつ復活するのでしょうかね

先日も、こんなことが・・・。
みんながいるところで、来週にでも検査入院する私がF氏に向かって体にメスを入れるので、輸血が必要になるかも知れないので、その時はF氏からの輸血をお願いしたいと、いつもジュースやらパンをご馳走しているのは、そのお返しを輸血で返して貰いたいと大声でお願いすると、周りは笑いの渦に包まれた。

人の迷惑を顧みず、毎日毎日狙いをつけた家をターゲットに子どもまで引き連れてドアを叩く、特にお正月は、家族でご在宅なので大勢で押しかけるそうです。
心から望まれていることを実践しているだけですとは、ヨホバ神も苦笑いでしょうか。
空気中を彷徨うチリや埃から人間は出来たと信じるヨホバのみなさまに、埃やゴミを指差し、エイヤッ↑(/>_<)/ 人間にな~れ!とからかってしまう。

アメリカの本部から招待を受けてアメリカまで行かれたF氏は老師と名のつく幹部です。
あまりF氏をからかうと秘かに命令が出て、暗殺団が動きますよ!とは、配下の信者の方です。
しかし、憎めない人柄と人懐こい表情はやはり神の下僕なのでしょう。
信者が増えることを祈念します 合掌。


余談。
徴兵制度のある韓国では徴兵拒否をする若者が年々増えているそうです。
その殆どがヨホバの信者のようです。
どこかの無人島を買って世界中の信者を集めれば良いのに・・・。


 

|

« 初冬の風物詩 | トップページ | それでもジムに通う »

人間ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬の風物詩 | トップページ | それでもジムに通う »