« 入院中のはなし。其の四 | トップページ | 「たけくらべ」を読む »

やってもうた!

悪路走行を得意とするコラムシフトのマニュアル車が好きで、近距離専門で市内を走る分は燃費もかからない軽の4速マニュアル車に乗っている。いつ何時に悪路ラリーのお誘いがあってもすぐに対応できます。特に雪道・砂利道はギアの入れ替えが必要となり、楽しさが倍増する。今日もオンボロな車であるが小回りと性能に優れている軽に乗り込み動画編集の説明にやって来た。

T_p1040650

ここの事務所は靴を脱ぐので、予め履いている長靴を脱いでおこうとトランクに入れてある靴に履き替えた。
この日もいつもの通り履き替えることに。雪は深々と降りしきり、体の一部と化した長靴を履いて動き回っていた。雪道を歩くには最適で申し分ないが、余り冷え込むと長靴の中はひんやりとして足先が冷たく感じることもあるので、しもやけの原因にも成りかねない。

近距離専用の愛車であるが、今にも壊れそうなオンボロの車なので24時間どこに停めても鍵を閉めたことがない。

しかし、車の中には、どんな時でも使えるように車内はスコップ・毛布・パソコン修理道具一式・文房具・ノコギリ・ナイフ・ブースター・ジャンパーにトレーナーそれに雨合羽など、ありとあらゆる天候に対応できるように非常時用の必需品が雑然と置いてある。4人乗りでありながら実際は1人乗りでもある。
オートマチックに慣らされた運転で、いまさらギアをチェンジしながら運転できる人が何人いるのだろう。車上荒らしも決して選ぶことのない車であると自信をもっている。

T_p1040649

何を思ったのか、その日に限って鍵を抜いて後ろのトランクを開けた。そして、閉めたことのない前のドアをロックした。
このことが大きな問題を引き起こすなんて・・・ことは努々思わず、トランクを開けて必要な書類やら備品を集めていた。
着膨れで鍵をダウンのポケットに入れて、そしてそのダウンを脱いでトランクに投げ込んだ。

静かにトランクを閉めたのです!

閉めた瞬間に、あ~~~鍵が・・・。
窓越しに見えるトランクには鍵の入ったダウンが無造作に置かれています。運転席を見るとしっかりとドアロックされています。旧式のドアです。リモコンで開け閉めする近代兵器は持ち合わせていません。
呻ったきり、一計を案じます。
そうだ、帰りに定規か針金を借りて窓の隙間に入れて開ければ良いと、過去の体験が発想を生みました。

説明が終り1時間30分経過して戻ってきたのです、手には30センチ透明の定規が握られています。さてと、これからが腕の見せ所です。運転席側の開閉するガラスの隙間に定規を差し込み、ドアロック付近をガチャガチャと上下左右に動かせても、何の反応もありません。まず定規に触る感触がないのです。
雪は降り続いています。
頭を白髪に染めての作業が続きます もう1時間はドアロックの解除にむけての作業は終りを知りません
仲間が集まってきました。
めいめいに定規やら針金を持って来て、壊れかけた車を廃車にしようと懸命な作業は続きます。

ついには諦めました。
そうだJAFを呼ぼう。 これがまたプープープーの話中で繋がりません。
30分ほどかけ続けて、ようやくJAFに連絡が取れました。

JAFはやって来ました。
鍵を開ける特殊な工具を持って差込口をチョコチョコと弄り回しています。
ものの5分経ったでしょうか。
ドアロックは解除されました。ぐったりと疲れた瞬間です。
昭和の車はいざ知らず、平成に作られた車は定規などでは絶対に開かないそうです ザンネン!

JAFいわく、これを教訓にJAFの会員になりませんか・・・4000円の年会費でトラブルはすべて無料です 
・・・すべて無料は殺し文句です、が、入りません。二度と鍵は閉めません!と。
弱者救済であれば、いま会員になれば無料なのかな まぁそうは行きませんよね。

JAFの請求は、なんと12,500円。
プリンターを買ったことにして忘れよう。と、心に決めたのです。
そして、雪が解けたら乗るのを止めよう・・・。

|

« 入院中のはなし。其の四 | トップページ | 「たけくらべ」を読む »

事件発生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院中のはなし。其の四 | トップページ | 「たけくらべ」を読む »