« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

蜜のあわれ

3月16日にNHKドラマ「火の魚」の感想をココログに書いた。
もう1ヶ月以上経つのに、いまでも毎日4~50人の方が「火の魚」の検索でお見えになる。
終わったドラマであっても心に残る素晴らしいドラマであったことがわかります、それに比べて天地ほどかけ離れた稚拙なブログで申し訳ない気持でいっぱいです。

そこでドラマ「火の魚」の原作となった室生犀星「蜜のあわれ」と「火の魚」を読み返してみると。
Photo

 

蜜のあわれ

「おじさま、お早うございます。」
「あ、お早う、好いご機嫌らしいね。」
「こんなよい天気なのに、誰だって機嫌好くしていなきゃ悪いわ、おじさまも、さばさばしたお顔でいらっしゃる。」
「こんなに朝早くやって来て、またおねだりかね。どうも、あやしいな。」
「ううん、いや、ちがう。」
「じゃ何だ。云ってご覧。」
「あのね。このあいだね。あの、」
「うん。」
「このあいだね、小説の雑誌巻頭にあたいの絵をおかきになったでしょう。」
「あ、画いたよ、一匹いる金魚の絵を描いた。それがどうしたの。」
「あれね、とてもお上手だったわ、眼なんかぴちぴちしていて、とてもね。本物にそっくりだったわ。」

の書き出しで、はじまる楽しい小説。そして、真っ赤な金魚と老いた小説家の官能?物語。

老作家(室生犀星本人だと思うが・・・)が、可愛がっている真っ赤な金魚が妖艶な美少女に変身して、ハンドバッグを買いに三越まで買いに出かけたり、石を噛んで歯が痛くなり歯の治療に行きたいとおねだりする。

巻頭の続きも、老作家が描いた金魚の絵で収入があったのに、何も買ってくれないと怒り、あたいにも何か買って!とおねだりをする。
「いったいきみは何を買うつもりなの、」
「お友だちの金魚をたくさん買ってほしいのよ。」
「あ、そうか、遊び友達がいるんだね。それは気がつかなかった。」

人間に変身した金魚は、ひとりでタクシーに乗ったり、ミジンコの餌を買いに出かけたりする。おじさまに会いたいと婦人が訪ねてきたりするが、嫉妬心が芽生えて会わせないように策を練ったりしてする。
そのご婦人は、とうに亡くなっていて、金魚は幽霊と会話出来るが、おじさまには幽霊は見えない。

時には、おじさまと添い寝をするが、その時は真っ赤な金魚になって尾ひれを触ってもらって快感を得たりする。
しかし、尾びれが怪我をして治療するに尾びれを広げようとすると、恥ずかしさで「見ちゃ!だめ」と怒る仕草をみせる

人間に変身した金魚は、おじさまの秘書になり講演に出かけたり、孫として、かいがいしくおじさまの世話に精をだす。外出先で水槽の金魚を見つけると、早く水を取り替えて!と、お願いしたりする
おじさまと金魚の恋愛小説なんです。

この続きとして・・・。

続けて「火の魚」を読む。

そこで最近偶然に繚乱の衣装を着用した一尾の赤いさかなのことを書いて、私の知った限りの女たちをいま一編ふり返ってみることにした
・・・中略・・・
そして、いまこれを一冊の書物となる時期が来ていて、装本の表紙絵を私は選んだ。或る有名な西洋画家に手紙を書いて一尾の金魚が燃え尽きて海に突っ込んで、自ら死に果てるところを描いてほしいといい、金魚は一尾で結構、ただし切火のように烈しさが見たいのですと勝手なことを書いて送った。

しかし、画けないと断られる。

001

烈しく死に至る金魚を装丁に使いたいとの一心から、魚拓を思いつく。
魚拓は死んだ魚を使うのか、生きたまま使うのかと、悩みは深い。
魚屋が持ってきた死んだ魚に墨を塗って、何枚も何枚も写すが、魚のぬらぬらが邪魔をして、気に入った魚拓が出来ない。

それでも、装丁で使う魚拓にうなされる。
そこに編集者に、折見とち子と云う婦人記者を思い浮べる。折見とち子の父は私と同郷で釣りを好み、釣った魚の大物は魚拓にして年月を記入すると聞いた、が、折見とち子の父は昨年、釣りをしながら脳溢血で亡くなった。
そこで、父の魚拓作りをいつも縁側で見ていた折見とち子には出来るかも知れないと、折見とち子に魚拓を依頼する手紙を書く。

・・・が、折見とち子から
「わたしは生きている金魚を殺せるような恐ろしい女ではございません、いかなる道理があっても或いは人間なら一人ぐらいは殺せても、金魚をまともに殺すという意識のもとでは、到底、これを殺すと云うことが出来るものではございません、作家であるあなたに向って、敢えてこのおしごとの上で、重ねてお聞きしたいことは、どうして死んだ金魚を見つけるかと云うひとつのことでございます。」

「どんなに極悪非道な人間でもいきなり握り潰して金魚を殺すことができても、晴れた美しい水中に喜んで泳いでいる彼女をどんな人でも、いきなり手掴みで殺せるものではございません・・・」と、断りの返事をしている。

この場面は、ドラマ「火の魚」でも、とりわけ生と死に向かい合う大事な場面として演出され、心の葛藤が交差する。

火の魚は、室生犀星と折見とち子との交流が書かれている。現実と思われる。
編集者の折見とち子(本名:栃折久美子氏)は後に製本作家に転身され、高い評価を受けた。
また「蜜のあわれ」は、詩人室生犀星の数多ある「詩」「小説」の中でも傑作だと評価されている。

ペットを擬人化する小説としては、少し内容が違うかも知れないが夏目漱石「吾輩は猫である」が有名です、しかし、この蜜のあわれに出てくる、おじさまと真っ赤な金魚の会話は微笑ましい。こんな金魚がいたら楽しくて嬉しいな。

おじさまにお小遣いをねだったり、拗ねてたり、はにかんで恥ずかしがったり、怒ってみたり・・・で何と可愛らしい金魚なんでしょう。

| | コメント (0)

無料回収

T_img_3519_3 T_img_3520_3
T_img_3521_2 T_img_3522_2

最初に目にしたのは1ヶ月ほど前だった。妙高市内を走っていると中古車販売の駐車場だったところに、粗大ごみを満載した車が入って行き、使い古された家電製品が無造作に降ろされ、種別に分けられていくのを長い赤信号の信号待ちで眺めていた。

どこかの企業が社屋移転か、建て替えで不要になった電気製品を処理しているのだろうなと思った。いつも通る幹線道路に面しているので信号で待つ度に目の当たりにする。それにしても大量の電気製品の粗大ごみを出すのは、どんな企業なんだろうと・・・。妙高市には大手企業の精密機器の生産基地として名だたる企業が数社進出しているので、すこし気になった。
山のようにうず高く積もられた電気製品やらタイヤ・自転車・オートバイが、きちんと整理されていく。手際の良さを感心してしまう。

T_img_3524

・・・内緒で持って来ようかな。

部屋の中の大部分を占有している大型のカラーコピーがある。A3の高性能スキャンが出来るSCSI(スカジー)接続のスキャナーがセットしてあり、ずいぶんと仕事に貢献してきた。しかし、場所を取る上に重い!スキャナー1台を持ち上げるのに一人では、ぎっくり腰を覚悟しなければいけない厳しい重さだ。カラーコピーには用紙を振り分ける5段のトレーも付いていて、これまた重い。まだ使用できるが殆ど使わなくなり処理に困っていた。
メーカーのXeroxに引き取りの依頼をお願いしたが30,000円と聞いて諦めた。
粗大ごみの山を目にすると、人気のいない深夜に、粗大ゴミ広場に忍び込み、かねてからの悩みの種であったカラーコピーを棄てているわが身を想像する。大小のドライバーを手にしてカラーコピーを分解して棄てている自分。
しかし、物事はそう上手く行かない。
棄てた瞬間に、ゴミの山がバランスを崩しガラガラドッシャンと轟音を立てて崩れ落ちる。事故でも起きたのかと、近所の方の110番でパトカーがうなり声をあげて2台、3台と集まってくる。
そして、家宅侵入罪と不法投棄罪で手錠をかけられしょっ引かれるのであろう。
ダメだダメだ、3万円をだしてゼロックスに処理してもらおうとなる。

いまは早期退職制度で早々とIBMをリタイアし、家族の一員であるラブラドールのジャッキーと悠々自適な生活を営んでいる友人から電話が来た。
自作のブック型パソコンで使わないパソコンが3台ほどあるけど、使う?と来た。
特別欲しくないけど、どうするの?と聞くと
粗大ごみの無料回収に棄てようと思っているんだ・・・。
「エッ! 無料回収?」
あの粗大ごみの山がそうなの?と聞くと、5月9日までやっていると聞いた。
そうなんだ。深夜忍び込んで家宅侵入と不法投棄をしなくても良いんだ。

部屋は作業場と変身しました。
会社から荷物専用のハイエースを借りてきて
先ずは念願の大型のカラーコピーを大きく分解して持ち運びしやすくして
使わない自作パソコンを4台ほど、納屋から取り出し個人情報満載のハードディスクを取り外し、複合機プリンターを壊した。そのほか納屋にあった洗濯機・掃除機・テレビ2台に石油ストーブ・タイヤ8本に空気清浄機をぎっしりと詰め込んでいると、近所の方近寄ってきます。

お引越しですか?
そ・そ・そうなんですとは云いません 粗大ごみの無料回収に持って行くんです。
そしてルンルン気分で運んだんです。

T_img_3529

粗大ごみ広場には軽自動車が止まっていて、乗り込むと軽自動車に乗り込んでいた3人が素早く降りてきました。
テレビ・プラスチックの洗濯機・パソコンモニターは1台1,500円だよ。
と、ペラペラの日本語であるが中国人であることはすぐに分かります。

T_img_3530

話を聞くと、粗大ごみを分別して、ある工場一ヶ所に集めて分解して溶かし鉄やレアメタルを取り出す。いま中国では鉄鋼が不足していて、いくらあっても足りない、高値で売れる。特にパソコン・携帯電話に使用されているレアメタルは希少価値が高い。どんなに厳しい作業であっても元は取れると・・・。豪語していた。

満腹で生活に貪欲さがなくなった日本人をあざ笑うかのように、したたかで金儲けに貪欲な中国人のあくなき精力には感心した。

人の嫌がる仕事を楽しんでやっている。
あと数年もすれば、世界は中国人の独り舞台になると感じた。平身低頭で粗大ごみを持ってくる人に接している・・・腹の中の真っ赤な舌は見えないが。

大型のカラーコピーがいなくなった部屋は散乱している。
大掃除が始まった。
姫の手も借りたいが、毛繕いに夢中になっている。

| | コメント (2)

桜は満開。しかし露店は撤収!


Img_3398

四季の祭りを求めて全国津々浦々まで渡り歩くテキヤのみなさまには、ほんとうにご苦労さまです。例年であれば観光バスが集結する高田城公園は、日本三大夜桜として、その名を天下に轟かせ百万人観桜会なる派手なイベントが恒例行事です。

しかし・・・。

恒例の観桜会も実績ある例年までの開花日を踏み、桜の開花時期を早々と予想して行事は練られた。春の息吹が聞こえてくる待ちに待った4月。それも2日と決め付けた。

そして、4月2日は寒冷前線の帯が引っ掛かり、強風とみぞれが桜の木を襲った。蕾も殻に閉じ篭もり桜は枯れ木となり淋しい観桜会の幕開けとなった。 テキヤさんの捕らぬ狸の皮算用で目標500万円の売上が一桁も二桁も違ってきそうな・・・そんな情況です。

T_img_3433_2

周りの山々は雪を被り真っ白です。
雪山を借景に花開いた桜もきれいですね。

T_img_3400_3 T_img_3406_2
T_img_3467 T_img_3496_3

2001

観桜会は4月18日が最終日。桜と云えば開花が1週間ずれ込んで今が満開です。ほんとうは今日で店じまいのはずが、お情けなのか、はたまた次の露店の予定が立たないのか、21日まで観桜会は続くようです。

今年の露店は宮崎名物そしてB級グルメ「肉巻きおにぎり」みたいな物がたくさん出ていたが、宮崎名物?出身地であるが聞いたことがない。下半身にだらしのない知事がいるので少しでも硬い肉でも巻いておこうとする算段か。

T_img_3419

この日は
雨が降り、寒さに震えながら金曜日の夕方にちょっくら出かけてきました。
桜は満開で見応えがあるのに・・・居並ぶ露店は灯りだけが明るくて、客寄せする「いらっしゃい!」の声もどことなく震えていて淋しく聞こえます。
何か買わないといけないかなぁと、たこ焼きを買って口に運びましたが、あまりの熱さに悲鳴をあげそうでした。
この寒空の中でカキ氷を売っている露店がありました。販売しているアンチャンはさすがに元気がありません。大失敗の巻です。

T_img_3451

降りしきる雨の中、敷いたブルーシートに大きな雨粒が当たるのをものともせずに、教育大に通う未来の女の先生たちは傘を差しながらドンチャン騒ぎをしています。今どきの教育大の姿でしょうか

何年か前になるが、教育大のとあるゼミの先生の要請を受けて、染色についての歴史とかを講義しに門をくぐった事がある。

その時に、ジーンズを穿き可愛い顔をしたあどけない生徒がいた。熱心にノートを取っている姿に映ったが・・・ジーンズの後ろポケットからタバコの箱が顔を覘かせ、耳には、アフリカの原住民を思い起こすような大きなイヤリングをしていた。
この学生も、先生を目指し、そして晴れて先生と呼ばれるのであろう いやもしかして保育園の保母になり、小さな子どもたちに向ってニコチンの匂いを振り撒いているのかも知れない・・・と、思った。

いつの世も、良い先生に出会えると良いのですが。

雨を避け家路を急ぐ人あり

T_img_3474

| | コメント (2)

吉田修一「悪人」って悲しいね。

413k6b0uv7l_sx230_

朝日文庫の上下巻で出版されている長編小説 吉田修一「悪人」をいっきに読み終えた。
嫌いな朝日新聞の夕刊に連載された「悪人」で、読者が増えて、朝日新聞の夕刊の部数が伸びたと、いわしめた連載小説とある。
映画化にもなり撮影は終了。今年秋には劇場公開が予定されているようです。

主人公は清水祐一と云った。27歳で髪の毛を金髪に染め背の高い土木作業員をしている。もの静かで思いや本音を口に出して表現することが苦手な純朴な面もあるが、物事を深く考えて進むことより、一途な気持で突き進む軽いところがある。
仕事ぶりは真面目で、祖父母の面倒をみる心やさしい青年である。

愛する人を巻き込むことを避けるために、罪の結末を一人で背負っていく覚悟の行動は恋人を守り通す男の意地があるようにも感じられる。
殺人者なのに・・・なんと悲しい殺人者なのであろうか。
読み進むに涙を禁じえない。
運命に悪戯があるならば、弄ばれた運命であったのか
生まれつきの境遇は、根付いた葦を掴むことすらできないのでしょうか。
誰一人として悪く云う人がいない・・・ただ、内向的な性格が災いしたのか。

特に罪が重いとされてきた尊属殺人やら、バラバラ殺人が当たり前のように報道され、殺す側と殺される側との脈絡もない、訳の分からない行きずりの殺人が日を追うごとに増して震撼させられるが、毎日続くと報道もされなくなるのであろうか。
怖い世の中になった。
そんな殺人事件であるが、淋しくも悲しい殺人者にスポットを当てて
殺人を犯す心理を、周りを巻き込んでいく。

話の展開は
当事者やら関係者の人間相関図が示され、本筋の合間に拘わる人間の生い立ちをなぞり、証言する供述やコメントを引き出し、おのおのが暮らしていく人間としての思いや内面が醸しだしてくる。

そして事件は起きた。
社員寮に住み、保険外交員をしている石橋佳乃が深山幽谷で心霊スポットで名高い三瀬峠で絞殺死体で発見された。社交的な佳乃は、まだまだ遊び足りないと思っていた。そして昼間の顔とは別に夜を彷徨う娼婦の顔を持っていた。
祐一と佳乃は出会い系で知り合いデートをした。金で割りきる娼婦としての佳乃と1回だけのセックスで虜になった祐一とは、考え方に大きな開きがあった。祐一からの誘いを断り、金持ちの大学生で気ままなボンボンに誘われるまま三瀬峠に行き、そこで、喧嘩となり車から放り出される。
佳乃のことが心配で後をつけてきた祐一は助けようと、佳乃に手を差し伸べる。
やさしい祐一であった。

事件は膠着状態となり、心配でオドオドしながらも仕事に精を出し、祖父母の面倒を見ている祐一は、気が狂いそうになる。
そこに、一通のメールが入る。
以前、出会い系で登録していた馬込光代からのメールだった。光代は29歳。妹とアパートに住み29歳のいままで、お付き合いをした男性はいない。
誰でも良かった・・・。
誰かと話がしたいと、まだ会った事もない祐一にメールを送った。
これも、また運命なのですね。

二人は出会い。光代は祐一を好きになった。
祐一は、心の葛藤と闘いながら光代との逢瀬にひとときの安らぎを覚えた。
祐一は、覚悟を決めて光代に、ことの一部始終を語り、警察署に向う。
そこで、光代は・・・重大な決心をする。

人生って不条理ですね。

祐一が、母に捨てられる場面が出てくる。幼い子どもをフェリー乗り場に連れて行き、お父さんに会いに行こうね。切符を買ってくるからここで待っててね。と。
戻って来ない母を、一晩中フェリー乗り場で待つ祐一。
悲しい運命を背負った祐一です。
しかし、祐一の頼もしい家族である祖母は、祐一の犯した罪の贖罪として、お詫びの行脚で訪ねる日々があるのです。

母と名の付く人は強いな・・・。
祐一が彷徨っているときに、祖母は巻き込まれてしまった怖いマルチ商法の事務所を訪ねます
そして、自分に言い聞かせるように語り念じるのです。

「祐一!逃げたら駄目よ。怖かろうけど、逃げたら駄目よ。逃げたってなんも変わらん。逃げたって誰も助けてくれんとよ」

■■
この小説に続きがあるならば、光代と祐一は・・・
幸せの黄色いハンカチのようにハッピーエンドで終わるでしょうか。

| | コメント (4)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »