« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

逆鱗に触れた・・・狂猫病

この世に狂猫病はあるのかな・・・。

ついにその時はやってきた。
尊敬する曽我十郎・五郎の生きざまを研究して、いつの日かチャンスがあるものと思っていた。

012

親元を離れて猫の楽園である田代島に向かう旅の途中に立ち寄った水飲み場を囲むように植えられた木陰でウトウトと昼寝をしてしまった。不覚であった。疲れでぐっすりと眠ってしまったのが運のつき、気が付いたときは知らない屋敷に連れられて拉致されてしまった。
三日三晩に渡って泣き叫んだが・・・あまりの無情に涙も枯れた。

狭い部屋に閉じ込められ、夕食時には、首根っこを掴まれて宙ぶらりんとなり死ぬかと思った。
化け物みたいな、この野蛮な男は「きょうは、美味しいカツオのたたきだよ!」と、猫なで声で喋ってくる。
「フン!騙されてたまるもんか!まして冷凍のカツオなんか喰えるか!」と、足で蹴っ飛ばしてきた。
ほんとうは、大好きなカツオだったが、美味しく食べて太るのをまって、猫鍋になるのかも知れないと思うと気が気じゃない。そんな習慣が出来てしまった。

そして、長い月日が経ってしまった。もう親の顔も忘れてしまった。
野蛮な男は、稼ぎが悪く、いつもメザシだけが皿の上に並べられた。住まいも、いまにも雨がシトシトと垂れ落ちそうな古びた家で、障子や襖は歴戦の跡が残っている。
もう・・・拉致された怨念はなくなっていた。

そう思っていた。
その日は、身も凍るような寒さが襲ってきた。震えながら毒消しの草を食べていた。
早々と草を食べ終わると、あれ~玄関の戸が閉まっていた。
叩いたり、蹴っ飛ばしても、びくともしない戸は閉まったままだ。大声で叫んだが、だれも来なかった。寒さで死ぬかと思った。
そんな時に、メラメラと拉致されたことを思い出したんだ。復讐心がよみがえってきた。
凍死寸前で戸が開けられ命拾いをしたが、曽我兄弟の気持ちが芽生えたんだ。

いつも、野蛮な男にすり寄り、マッサージを懇願する。いつものことだ。
恥ずかしげもなく股を広げ、股のあたりをやさしく撫でられるとうっとりしてしまう。最近は、究極の快楽の場所である、背中の尾っぽあたりを撫でると快楽の夢の中を泳いでしまう。
もう・・・恍惚のせかいです。
しかし、快楽のポイントが1センチでもずれると、最大の弱点があるんです。
そこに、チョットでも触ろうものなら、牙をむき襲い掛かります これは、猫族の本能なんです。

その日は、静かにやってきた。
男は、慣れた手つきで下腹部を撫で終わると、いつもの癖で背中に手をやり、無造作に触ろうとしている。触る瞬間を待っているんです。いまだ!私は身をひるがえし男の親指にガブリと噛んだんです。不意を突かれた男は、食いちぎらんとする私の口を開けようと焦っていた。
こんどは、すぐに親指から右手の小指に噛みついたんです。ほどよい大きさです。
今度は、離すもんか!ガチッと食い込んでいます。
復讐が成就しようとしているんです 
参ったか!降参したか!
勝どきの声を上げて、思いを遂げてホッとしたのか、大量の小便を男にかけてしまった。
予定外であったが、もう、思い残すことはない
ザマ~ミロ!
私の復讐劇は終わりを迎えた。

両手に5カ所を噛まれた男は、大量の血を流し、泣いていた。
一晩中「痛いよ~」「痛い!」と悲痛な声が聞こえてきた。

その夜ほど、熟睡した夜はなかった。嬉しい・・・。

 男のひとりごと・・・

猫の強烈な猫パンチに引っかかれるのは、しごく当たり前なのですが
思いっきり噛まれてしまいました
その瞬間に大量の小便まで掛けられて、無残な敗北です。姫君の怨念にやられてしまった。

| | コメント (2)

宇宙ヨット「イカロス」

世の中は、金満亡者がうごめく政治の世界で、新鮮だと思われていた鳩山内閣が頓挫して、市民運動上がりの菅内閣が誕生した。区切りをつけると云う点では良いのかも知れないが・・・地を這いずり回っている私には、さほどの関心はない。
まぁ、細い眼光の奥底に不気味さをかもしだしている、ガマガエルの親分みたいな小沢一郎が引っ込んだのは喜ばしいことなのかも知れない。
それは、それとして・・・

Pic_10_l

5月21日に金星探査機「あかつき」と、一緒に宇宙の飛び出した宇宙ヨット「イカロス」が帆を広げた!とのニュースが一番喜ばしい。夢は広がります。

髪の毛の太さの10分の1という極薄の樹脂でできている。帆は14メートル四方の四角形が宇宙ヨットの帆です。なにしろ宇宙には風が吹いていません。どうやって目的の金星までたどり着けるのか不思議でしたが、1円玉の5分の1の重さにあたる太陽熱が推進力です。産まれたばかりの赤ちゃんの寝息ほどの力なのでしょうか なにしろ空気抵抗がないので寝息でも飛ぶんでしょうね

いくら読んでも技術的なことはわかりません。理解不能の世界です。

目的の金星までの距離が4100万キロ。月までが38万キロを考えると、どれほどに遠いのか見当もつきませんが・・・。
10日の時点で地球から約770万キロ・メートル離れた宇宙を飛んでいるようです。
これに帆が広がったら、もっと早く飛ぶのでしょうか

これまでに宇宙ヨットは各国で計画され、アメリカでは何度か失敗したようです。
日本の技術ってすごいですね。

イカロス

私はそもそも天に属するのか?
さうでなければ何故天は
かくも絶えざる青の注視を私へ投げかけ
私をいざなひ心もそらに
もつと高くもつと高く
人間的なものよりはるかに高みへ
たえず私をおびき寄せる?

均衡は厳密に考究され
飛翔は合理的に計算され
何一つ狂ほしいものはない筈なのに
何故かくも昇天の欲望は
それ自体が狂気に似てゐるのか?

               三島由紀夫

| | コメント (0)

オープンギャラリー

1005

ご近所に多彩な才能をいかんなく発揮される奥さまがいらっしゃる。家庭菜園で採れたものを戴いたり、笑顔でご挨拶される素敵な女性です。
ご近所と云っても、向かい合う目の前のお家で、PCのトラブル等で何度かお邪魔してるので、勝手知ったる他人の家とでも云いましょうか。

長年培ってきた才能を作品として一堂に集め
作品の数々をオープンギャラリーとして家の中を解放された。


古希を迎えるに当たり、何か形になることを残してみたいと、過ぎたることはと思いましたが、この度、自宅で作品展を開催することに致しました。で、はじまる案内状を戴いた。

私は、これまで木目込み人形から、生け花、籐細工、陶芸、水墨画を学びました。その中でも水墨画の世界には魅了され、墨は気持ちが癒され無心になれました。○○先生の温かいご指導のもと全日本水墨画秀作展にも出品し入選することが出来ました。この期に、これまで学んだ作品の数々を展示する喜びを感じております。と、嬉しさがにじみ出ておいでです。

水墨画は、全日本水墨画秀作展で入選された掛け軸などが大きく展示され、見事です。
部屋いっぱいに広がった六曲屏風などは威容を誇ります。

交通量のない住宅地の一角に、掛けられた展示案内の看板は静かな様相が広がっています。
来客が途絶えた時にお邪魔致しました。3つの部屋を解放して、作品が展示されています。水墨画に木目人形、羽子板、陶芸の数々、色とりどりの籐細工、クレイクラフトが道案内をするかのように、静かに置かれて微笑んでいます。7段飾りのお雛さまは凄いですね。見事です。
こんな才能は、いつ開花したのでしょうか、持って生まれた天賦の才とでも云うのでしょうね。

作品を展示されて今日で4日目です。
すでに300人ほどお見えになったそうです 凄いですね

1004

撮影するときに蛍光灯の灯りが入ってしまいましたが、秀作展で入選された水墨画。

1003

                  六曲屏風

1002_2


1006

              陶芸の作品  ねずみ 牛たち

1009

見事な七段飾りのお雛さま。
手作りの素晴らしさを実感しました。




| | コメント (0)

日の出

寒くて、朝もやのかかる日が長く続きました。
曇り空で、とんとお日さまもご無沙汰です。

雲の合間に太陽が昇ってきました。

まずは拝みたい・・・。
合掌。

T_img_3748

T_img_3760

T_img_3763

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »