« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

十三人の刺客は葉隠か・・・

13

封切の初日に待望の「13人の刺客」を観てきた。

いつの世も、独裁政治の君主ともなると欲求が昇華する。庶民を下僕として扱い、残虐な殺しに笑みを浮かべ。女とみれば、性の愛玩とし慰み者にする。だれ構わずに。
反逆者がいれば、家族はもちろん一族郎党をなぶり殺し殺戮の限りを尽くす。

あなたの家族が・・・あなたの子どもが・・・、しかし逃げ出したい独裁政治と云えども忠義がすべての世の中。噂に聞く北朝鮮の人々は同じ運命であろうか。

映画の展開は・・・
明石藩主松平斉韶(なりつぐ)は将軍の弟であることを笠に着て傍若無人の振る舞いをする。しかも兄の将軍は斉韶を次の老中に抜擢しようとする。家臣は逆らえない・・・忠義がすべてだから。
忠義に背くと家族は「みなごろし」となる。しかし、斉韶が幕府の老中になったら平定の世はなくなる。

密かに老中に呼び出された旗本島田新左衛門は老中土井年位の命を受けて藩主松平斉韶の暗殺を計画する。死を覚悟した仲間は13人。秘策が練られた。
暴君藩主斉韶を武士として忠義に命を賭けるのは島田新左エ門の友でありながら敵となる鬼頭半兵衛が立ちふさがる。

参勤交代で300人を超す大行列は江戸を出発した。
新左エ門と半兵衛との駆け引きが始まる。通行止めがあったり、半兵衛の手下が待ち伏せしたりで緊迫した様子が刻々と伝わってくる。
新左エ門は賭けに出る。
中山道落合宿を宿を丸ごと借り上げ、いたる所に迷路となる仕掛けを作り要塞を作り上げた。300人対13人の壮絶な戦いが待ち受ける。
明石藩城下に平穏な日々は来るのであろうか

この落合宿に来るかも知れない・・・が、来ないかも知れない。
不安の時間が過ぎていく。
ついにその時はやってきた。要塞と化した落合宿は血と血を争う修羅場となっていく。

原作では13人目の刺客は、この落合宿で働く木賀小弥太になっているが、劇中では山に棲む山猿みたいなイケメンが加わっている。サーカスのような奇想天外な働きをする。
まるで漫画のように

新左エ門の甥新六郎は旗本の三男坊で剣術の遣い手であると同時に遊び人である
遊女と一緒に暮らしている。
新左エ門の話に惹かれて参加することを決めた時に、遊女小ゑんとこんな話をする。

新六郎「小ゑん、しばらく留守にする」
小ゑん「いつ、お戻りになるんですか?」
新六郎「早ければひと月ほどで、遅くなるかも知れない」
    「遅ければお盆に帰ってくる」
    「その時は、迎え火を焚いて待っていてくれ」

死に様を意識した会話であった。

戦いの終わりは、あらん限りの暴虐を繰り返した明石藩藩主斉韶は首を撥ねられる。
新左エ門もまた・・・命と引き換えの戦いは終わる。

映画は原作とは、まったく違う展開であるが・・・
数々の仕掛けが迫ってきて落合宿の攻防は固唾を呑み、殺陣の素晴らしさがふんだんに出ていたが、暴君斉韶を守る半兵衛と新左エ門が対峙した場面から少し雑になった。

最後の決闘!斉韶・半兵衛・新左エ門と役者が揃った最高の場面であったが、台詞も単調になり殺陣も見劣りした。鬼のような形相が欲しいところで迫力が失われ、尻つぼみになったのは、惜しい展開であった。
100点満点で75点でしょうか。

漫画であるが森秀樹が描くところのビッグコミック増刊号に描かれた十三人の刺客と比べると映像だけにもう少し迫力が欲しかった。が、ただ命を賭ける13人の刺客は『武士と云うは死ぬことと見つけたり』まさしく葉隠の精神であった。

新左エ門役は忠臣蔵の大石内蔵助に匹敵するような野太い声を期待したが、役所広司の少し高めの声は命を賭けるには迫力に乏しい。倉永左平太役の松方弘樹は良い役どころであったが遠山金さんの殺陣と同じだった。TVの見過ぎであろうか。
殿の残虐な行状を訴えて切腹した間宮図書役の内野聖陽の鬼気迫るシーンは良かった。

| | コメント (0)

虫の知らせ・・・なのか。

雪国特有で雪が積もり始めると自動的に雪下ろしをしてくれる屋根がある・・・トタン屋根とも云いますが。昨夜は雨が激しくトタン屋根を叩いていた。ショパンの雨だれのイメージにはほど遠い、激しい雨音です。

Musi

そろそろ寝ようかと、瞼を閉じようとするとあることを思い出す。
それは、つい一週間ほど前に遡る。

とある割烹で飲んでいると、ブルブルとポケットの中の携帯電話が踊っている。
話を折るのもなんだか・・・と、思いつつも着信を見ると、茨城県下で大手ショッピングセンターの店長をしている旧友からだ。それも久しぶりの電話です。
急いで、席を離れ外に出て携帯を開いた。

「ひさしぶりですね」
「その後、変わったことはありませんか?」「体調は?」と、矢継ぎ早に聞かれた。

どこも違和感を覚えるほどの体調の変化はなかったので、「体調も良いですよ・・・変化なし!」と、応えた。
「そうですか、それは良かった!」
「実は・・・」と、話は佳境に入った。

「つい、2~3日前から○○さん(私の本名)の顔が、ことあるごとにチラつき消えるんですよ」
「何事もなければ良いがな~と、心配になっていたんです」
「それに、○○さんお気に入りで、ナンバー4ではいつも買われている5613をつけた車のプレートに3回も出会ったんです」と。
「もしかして・・・」と、思ったと。

聞いた私に思い当たる節はないが、気になる事がある。
何と云っても彼は、隠れた霊感が働く逸材である。まぁ世間的に云えば、霊能者であります。

彼の家族は全員(奥さん、小学生の娘さん2人)が霊の存在を理解しています。
近いうちに葬式がありそうだから黒服を用意しといて!などと話をすると、4~5日すると葬式の案内が届き参列することになるそうです。
また、稀にみる宝くじ当選者です。100万円を越す高額当選はないようですが、すでに100万円は5回を数え、何十万と云う単位は覚えてないほど当たって、当選金を貯めて車を買ったほどです。

そんな彼が・・・。
あなたの顔が、ことあるごとに現れて消えるんですよね!と、云われたら、これは、紛れもなく「虫が知らせる」では、ないのか。

いま、まだ私は元気ですが・・・
「虫の知らせ」は、何日間有効でしょうか。

| | コメント (0)

シャッターアート「狐の夜まつり」

020

9月9日のローカル放送でシャッターに絵を描く人を映しだしていた。
山あいにある街道筋の町だと聞くとチョット覗いてみたくなる性分が頭を持ち上げてきた。しかし時は、12時を回っていてお腹も空いている。まぁ、取りあえず、どこまで行っても1000円の割引を利用して行って見ることにした。そろそろお腹も限界の様子。途中のSAに寄ってうどんかラーメンでも食べようと思ったのが、予想に反して米山SAのフードコートは長蛇の列が続く。
期待は裏切られたので、並ばずにすぐに諦める。
目指す場所までの街道筋に食堂でもあるだろう・・・は、これまた裏切られてしまうことになるのですが。

日本海を眺める海の町柏崎から棚田が美しい山間の十日町へと国道252号は続く。過疎化は進んでいるが自然がいっぱいで、通行量も少ない
柏崎市であるが目指す高柳町は山の中をひたすら走る峠の町です。
地元商工会が中越沖地震の復興基金を利用し、観光客を呼び込もうと企画し、長岡に住むアマチュア画家の吉田直治氏に、開かずの間となっているシャッターに絵を描いて欲しいと依頼する。

たしかに国道沿いにある商店街はシャッターが降り、シャッター開かずの家となっている。

001

003 004
005 006
010 012
013 018

021

018_2 026
028 027

吉田氏が描かれた60枚の一部です

吉田氏は自動車に文字や絵を描くのが本業で、かやぶきの家を描く墨彩画をライフワークとしている。「お世話になっている町を盛り上げたいと、張り切って引き受けた」。4月から、筆とペンキを使い、1日1カ所のペースで仕上げたようです。

その中でも、ローカル放送で映しだしていた「狐の行列」を見てみたい。
黒沢明監督「夢」の中で日照り雨編での狐の嫁入りは印象的で、当時ではレーザーディスクを買って狐の嫁入りの場面を何度も何度も繰り返し観た。
シャッターアートとして描かれた狐の行列をどうしても見たかった。

地域の中心部、高柳の商店街に約300メートルを中心に、個人宅や店舗、車庫のシャッターを「カンバス」にした。かやぶきの民家が水田を囲む珍しい環状集落で国の農村景観百選にも選ばれた「荻ノ島集落」や、江戸時代に完成した国指定名勝の「貞観園」などの景色が、水墨画のタッチで柔らかく描かれている。
シャッターに描かれたやさしい絵は微笑んでいるようにも見えます。

狐の行列が、なかなか見つからずウロチョロしてしまった。
商店街を抜けた外れの連なっているシャッターにその絵は、描かれていました。
まるで、大名行列のように・・・。
間近でみると、なかなかの迫力です。

031
030
040
042
044
041

10月10日は「狐の夜祭り」と聞くに及んで、何がなんでも行かなくちゃ・・・。

| | コメント (0)

すい~すい~すい~たららった

T_img_4634

T_img_4635

T_img_4636

T_img_4637

帯封された1センチほどの束が10束、その10束を重ね合わせて四方を封紙され目の前にドーンと置かれている。その数なんと10個ある。しめて1億円が目の前にある。
咽喉から手が伸びようとしている。
「はい!あなたに差し上げますが・・・強いては条件が」あると云われる。
その条件とは。
地上より50メートル上に張られている電線の修復工事が任務ですよと。
途端に耳が貝のように閉じてしまった。。
咽喉から出ようとしていた手は、見る見る間に小さくなり喉の奥に引っ込んだ。
1億円の報酬を諦めるほどの高所恐怖症が心に渦巻いている。

・・・てなわけで、高所での仕事は危険極まりないのであります。
1億円と引き換えに安全は保障できないとすれば、喜ぶのは家族だけです。
やって!やって!すぐにでもやって!と、なりそうです。

給食センターに務める友人と見上げる先に、電線を自由に操りスイスイと泳いでいるみなさんは勇者に称号を与えます。考えただけでも足はガタガタ、体はワナワナと震えますが、勇気あるみなさんは空中に浮かび、下界を眺めながら楽しそうです。

友人がひとこと・・・。
これだったのか、昨日通信会社からの注文で片手で自由に出し入れできるオニギリを5人前注文を戴いた。空中で箸を使った弁当ってわけにはいかないわな。オニギリはこの人たちの弁当だったんだ!と。

う~ん。やっぱり無理だな・・・。
たぶん、私は夕方の全国ニュースで事故の顛末が報じられる。高所恐怖症の無謀な挑戦と。

| | コメント (2)

ご当地グルメ・・・焼きそば

眩いばかりの星が降り注ぐ午前4時20分。
眠い目を擦って、煌々と明かりを放っているコンビニ顔を出す。この時間帯の日課です。
2~3か月ほど前から、レジ前を陣取った赤い箱にビニール袋に入った茶色の物体!。

P1040780

Yakisoba

テレビ「秘密のケンミンshow」でお目見えした北海道のご当地グルメと書いてある。
気にはなっていたが、買う気は起きず、ただただ眺めていた。
寄る度に、減ったり、増えたりしているので店長に聞いてみた。

「この焼きそば!売れているんですか?」と。

ところが売れているんですって、多い日には100個も売れるそうです。
そのまま、ガブリと食べるようですが、味は普通の焼きそばとちっとも変らないらしい。
TVの影響って凄いですねと。
「秘密のケンミンshow」の番組は、滅多に見ない。内容が大げさではないかと思っている。

しかし、この焼きそばは、何となく不気味で食べる気が起きない。
手を伸ばして、これも・・・と、云いたいところですが、紀文「豆乳」を買うだけにしている。


 

| | コメント (2)

街角でみた詰将棋

Shogi

面白いニュースが目に入った。
人が流れる歩道に夕方ともなると何やら将棋盤が浮き上がる。
将棋盤には、3手詰めやら5手詰めなどの詰将棋の駒が表示されている。
これは面白いね。

まるで大道詰将棋のようでもある。
大道詰将棋を見たのは、サラリーマンとして東京に出て来た22歳のときであった。

得意先が新宿伊勢丹の近くにあり、上司と何回か挨拶に行き、お茶でも如何ですかと、近くの喫茶店に入り世間話に興じていた。薩摩言葉が身に染みてなかなか標準語が喋れないのは、格好の笑い話になり、つねに話題の主となっていた。
その日は、7時を回っていたので直帰にして、軽くスタンドバーでも行くか!と、新宿高野のそばにある王城なるスタンドバーに入った。
あれや、これやと説教を喰らいながら、美味しいジントニックなどを飲んでいたのです。
そろそろ帰るかと、妖しげな王城をでた途端に人だかりが出来ていた。
何か、あったのか・・・と、ビクビクしながらもワクワクして覗き込むと、将棋盤が見えた。

将棋には、チョットだけ心得があるので、あ~あぁ詰将棋をしているんだなと分かった。
周りは静かに佇み、駒の動きを眺めている。
詰めそうな場面であるが、なかなか詰めない。
そうそう詰めない、詰将棋なのです。

詰将棋に挑戦しているその方は「負けました!」と、悔しそうに財布を広げていた。
大道将棋の主は、次の方いませんか?と、すぐさま将棋盤に詰将棋の形を整えていく。
何気なく、見ると5手ぐらいで詰めそうな簡単な場面なんですね
一瞬、手を挙げようかと思ったぐらい、超初心者レベルの駒の配置に見えたのです。

すると、俺が・・・と、挑戦者が現れました。180センチを超す偉丈夫な紳士です。
挑戦者が勝てば、3倍取りとか5倍取りとか書いてあります・・・が、負けると1,000円とか3,000円とか書いてあったように思います。

すぐにでも詰められる。
そう、簡単そうに見えるんです。

ところが、どっこい5手先になっても7手先になっても詰めないんです。と、云うよりだんだんと駒の配置が広がり絶対に詰めない形に広がっていくのです。
挑戦者は、顔を真っ赤にして怒り狂っています。
怒号まで、でて、こんなのインチキだ!と、喚き始めたのですが、そこは大道将棋の主は、顔色一つ変えず「お客さん!いちゃもんつける気か?」と、冷静な対応です。
将棋を見ていた人々は、私も含めて後ずさりします・・・少しずつ、少しずつ・・・。

ものの5秒ほどで決着しました。
目にも止まらぬ鉄拳で、どこぞの紳士は倒れました。
連れの仲間が平身低頭で頭を下げて、その場は終わりましたが、あの時、私が手を挙げていたら・・・と、思うと血の気がなくなりました。

大道詰将棋は、
『持ち駒は少なく、玉も狭く、簡単に詰みそうなのに、なかなか詰まない。玉方の上手い受けを連発され、スルスルと逃げられる、それが大道詰将棋の特徴。』
と、あります。簡単に詰められたら商売あがったりですよね。

それからと云うもの、街角で行われていた大道詰将棋は姿を消した。
インチキだ!と、叫んだ彼は、インチキだと見破ったのでしょうか
それとも、詰められない詰将棋は純粋な将棋で大道棋士はプロだったのでしょうか
麻雀のインチキは何となくわかるが、将棋のインチキとはどんなことがあるのでしょう。

やくざの資金源?、まぁあり得る話ではありますが。

Shogi1

そんな大道詰将棋が満載された湯川博士著「甦る秘伝大道棋 」と、云う本があります。
定価は1000円ぐらいのようですが、いまは絶版状態で古本市場にもないようです。
ところが、あるところにはあるんですね。
価値が価値を呼んで、いまでは5000円以上の高値で売買されています。
これは、読む価値がありますよね。
是非に手に入れようと、無期限の催促なしで予約を入れました。
死ぬまでに手に入ることが出来るのか。
もちろん1000円ほどで・・・。

| | コメント (0)

おわら風の盆 2010

聞くと見るとでは大違い。

JRが主催するツアーにはじめて参加した。まぁ誘われたのではありますが・・・。
毎年、9月1日~3日に行われる越中八尾の「おわら風の盆」に一泊二日の大強行軍で行ってきた。なにしろ一泊は車中泊なのであります。
12時10分。新潟から団体専用列車が直江津駅に入ってきた。先頭に「団体専用」なんて看板があると、あたかもお座敷列車のようでワクワクする。
新潟・長岡・柏崎などと地域別に車両が分けられている。乗り込むとすぐに豪華な駅弁がお出迎えです。

Map


富山駅に到着。
暑い・・・紫外線が激流のシャワーとなって降り注いでいます。もう歩けません、ぐったりです。
風の盆で盛り上がる越中八尾までの乗り継ぎで駅前には長い行列が出来ています。目の前には富山市民がお気に入りでヨーロッパ風にデザインされた市電が止まっています。市電を待つ乗客には屋根の雨どいからミストシャワーが降り注ぐ・・・良いな~。涼しいだろうな~。

冷房ギンギンの越中八尾行の電車に乗り込みました。運よく坐れたのは日ごろの行いのせい。
ギューギューのすし詰め状態で、ギンギンの冷房が暖房にチェンジいたしました。車内は団扇が一斉に風を起こしています。生暖かい風が還流しています。

約30分ほどで身動きもできないサウナから解放されました。
やって来ました。越中八尾「おわら風の盆」がお出迎えです。
それにしても、暑い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。言葉にならない。

駅前の通りにはテキヤさんが大忙しです。
延々と続く屋台の準備。

9月1日。初日は午後4時から始まります。
駅の近くの会場の二階ステージには窓が外され、三味線や太鼓・胡弓の楽器を奏でる方の椅子が用意されています。会場前の道路はすでに通行止めになっていて、沿道には縁石に座り込んだ観客でごった返しています。観客の周りにはステージの進行を説明する地元の方が短パン姿で、口から泡を飛ばしています。

3時45分。ステージには楽器を持った着流しの皆さんが勢ぞろい。三味線のチャンチャンに胡弓のキーコキーコの哀愁を帯びた音色に合わせて、歌がはじまりました。遠くまで聞こえそうな澄みきった美しい歌声です。
歌声に合わせて、900円で販売されていた編み笠を深々と被った男性と女性の若い衆が、足と手先の動きが美しい・・・。何を云わんとしているのか・・・わかりませんが・・・。

ステージの前は、黒山の人だかりです。蟻んこが、我も我もと集まってきて、ひとつの黒い塊となっています。
隣には、ねぇねぇ!風の盆がはじまったよ!と電話をしている小学生の坊や。車いすに座ったお友だちと一緒に来たようです。いま駅前のステージいるけどたくさんの人が来ているよ。早く来てよ!と、周りの状況を説明しながら、お誘いをしている電話の声が聞こえてきます。
誰に電話をしているのだろう~と、よく見ると、段ボールで作った紙の携帯電話でした。
楽しい会話のひとこまです。

越中八尾駅から歩くと4~50分ほどのところに「おわら風の盆」のメイン会場があります。小学校のグランドに造られた特設ステージで町内の踊り手たちが競うステージのようです。
まずは、目的から外したのですが、グランドに向かう人の群れは留まることを知りません。
坂のある商店街には、何本もの路地があり、辻となって大通りに合流します。
人の波は、辻から辻へと規則正しく流れていきます
・・・目指すは、グランドの特設ステージなのでしょうか。

川を挟んだ広大な駐車場には、続々と大型バスが到着して、満員のお客さまを下ろすと引き返し行きます。もう続々です・・・大型バスが数珠繋ぎで大渋滞を起こしています。

 

T_img_4397 T_img_4409
T_img_4407
T_img_4431 T_img_4437

ステージで見るよりは、路地裏で流す風の盆に出会いたい。と、あっち行ったりこっちに来たりで路地から路地へと歩きました。
三味線や胡弓を持つ人たちが路地に入って行くのを後をつけます。続けて編み笠を被った踊り手のみなさんが・・・、しかし、踊りが始まる前には砂糖に群がる蟻のように、汗が噴き出した体を寄せ合い、黒山となって歌と踊りを聞き入っています。 哀愁や風情は通り過ぎていきます。
ベタベタと体中の穴と云う穴から汗が噴き出しています。

T_img_4495 T_img_4577
T_img_4461
T_img_4551 T_img_4582

正直・・・草臥れましたが、マイクもないのにあの遠くまで透き通る声はどこから出るのでしょう。踊りをまじかで見れない状況の人ごみの中ですが、三味線・胡弓の音と、美しい歌声は見事でした。

それでも、午後7時を回りましたが、押し寄せる人の波は留まるとこもなく、ツアーの小旗を高く掲げた添乗員に引率された蟻んこ一行は、途切れることもなくゾロゾロとグランドを目指します。

地元の方にお聞きしました。

この時間になってもグランドに行かれますが、観れますか?
うんにゃ。遅くても5時に行って場所取りしないと観れないよ! ですって。
ちなみに、特設ステージは有料になっていて、A席3000円、B席2500円、自由席1500円とのことです。勝手に見れないのですね。

それでも、平日なので30万人ぐらいお見えになるでしょうか、今年は少ないかもね・・・だって。開催が土日にかかった時は、もう歩けないそうです。
それに、深夜0時まで運行している電車に乗り遅れ、帰れない人もたくさんいらっしゃるとか。

あまりの人ごみで、じっくり踊り見たり歌を聞いたりが出来なかったが、街灯だけを浴びて練り歩く踊りが見たかったな~。

午後8時30分。
まだ風の盆は、始まったばかりで今からが最高潮に達する前に・・・後ろ髪をひかれる思いでお先に失礼いたしました
それでも、帰りの電車は満員でした。

ツアーの待ち合わせである25時にはたっぷりと時間があります。
富山駅前の居酒屋で飲んで食っての暑気払いです。
午前1時30分。団体専用列車に飛び乗り、午前3時30分到着。自宅に戻り、シャワーを浴びて、歩き回って足が棒になって疲労困憊の体を引きずって仕事に向かいました。

町内によって踊りは違うのかも知れませんね

| | コメント (3)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »