« 映画「オーケストラ」に笑みがこぼれる | トップページ | ことし一番の冷え込み »

緒方拳からの手紙

001

ニュースで榊 莫山氏が亡くなった。お気に入りの書家で雲の上の存在だったでしょうか。せめて榊 莫山が書いた歴史上の名筆を解説した「書のこころ」を押入れから引っ張り出して読みだした。

そんなときに、立ち寄ったコンビニで雑誌をペラペラと捲っていると、頭を棍棒で殴られたような衝撃的なモノクロのページに固まってしまった。

005

10月9日発売の週刊ポスト「人間書道-緒方拳の三回忌に公開された肉筆」を、ただただジッと眺め、力強い筆の運びに圧倒された。書のうまい下手は分からない。が、好き嫌いはある。流れるような万葉の書は、流れる川のようでひらがななのに、とても読めない。だから嫌いです。そんな門外漢の姑息な考えです。
その日の週刊ポストは、珍しく買おうか、どうしようかと悩んだ、が、買わなかった。どこかの食堂に置いてあるだろうと思い、棚に戻した。
ほどなくして緒方拳の肉筆が載っている「緒方拳からの手紙」が、発売になっていると聞きつけた。監修は絵手紙の第一人者小池邦夫氏

008 010

                  
本物のワカメが貼り付けてあったようです。

プロローグには、
2010年2月、第百六十一号をもって休刊となった雑誌、季刊「銀花」を、緒方拳は愛読した。読者アンケートでもある愛読者カードの中に、著名な役者の名前を見つけたのはいつのころからだったろう。気がついた編集部は驚き、喜び、そして誇りに思い、届けられる一枚一枚を大切に、ひそかな宝物とした。
と、書かれている。

季刊「銀花
http://i-debut.org/ginka/
を、こよなく愛して本に挟んである愛読者カードに心をしたためて送っていたようです。

たしかに公開された肉筆は、雑誌の巻末に挟んである愛読者カードに書き殴ってあります。
これが、また良いのですね。ハガキ大の大きさの愛読者カードに、文章は簡素で、しかし力強く圧倒される確かな筆さばきがあります。
絵手紙とは違う。心を揺さぶる魂が聞こえてきそうです。

書画の合間にモノローグとして緒方拳が生い立ちから、俳優を営んでいる今のいまを語っています。

□:僕は一生、読めない字は書かないと決めています。

□:二番目に好きなことを職業にしたような気がします。本当はこんなこと(書)で飯が食えたら一番良かったんですけど、終戦後のドサクサで本当にガキでしたからね。親父は、筆なんかで飯を食おうなんてとんでもないって、まじめに一所懸命、働かなきゃいけねぇなんて言いましてね。じゃ辰巳柳太郎のいる新国劇へ行こうかな・・・そしたらお袋が、そんなこと云わないで郵便局行ってよと。もう家族の思考がチリヂリバラバラ。

□:気魄だったり、こだわりだったり、墨との闘いだったりするわけですけれど、貫きたいのは、卑しくなりたくないってことなんです。言葉にするのは難しいんですけど。

□:俺は深く望むから、亡くなった父や母や兄も頼んで深く深く望むから、だからやがて必ずかなうんです。

□:なんで壺が好きなのかっていうと、すけべなのかなぁって思う。自分流の言い方だけど、壺を撫でているときは、ほとんど女の肌みたいで、口もとが大事なのは要するに性器だからって、そういうこと、全然いやらしいとは思わない。生命の原点みたいだってことあるから。

□:死ぬってことはね。残った人の中で生きるってことなんですよ。僕の中で生きるってことなんですよ。

□:「人生劇場」っていう芝居で飛車角が、自分の女のために男を殺しちゃうんです。吉良常が「とうとうおやんなすったね」。すると飛車角が「えぇ、男が生きていく上の、はずみでさぁ」って云うんですよ。僕はそういうところが好きで。

などなど。

-----------------------------------------------------------
021
022 024
025 028
029 030
026_2

-----------------------------------------------------------


006

|

« 映画「オーケストラ」に笑みがこぼれる | トップページ | ことし一番の冷え込み »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「オーケストラ」に笑みがこぼれる | トップページ | ことし一番の冷え込み »