« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

HEREAFTER(死後の世界はあるのか)

Hereafter_2

ヒアアフター(来世)に向けて、離れた三つの場所で物語は進んでいく。

パリでは有名なジャーナリストのマリーは不倫関係にあるTVプロデューサーと東南アジアに旅行する。旅行先で大津波に襲われ、水中に飲み込まれる。その際、水中でもがいているときに生死を彷徨い臨死体験をする。津波のシーンは死を想像させる。

ロンドンに住むマーカスは双子の弟。ヤクの中毒となった母を助けながら生活をするが、不良に絡まれ逃げる途中に交通事故に巻き込まれ兄は亡くなる。何かにつけ頼りにしていた兄が目の前から消えたことで弟は嘆き悲しむ。兄との再会を願うあまり降霊会に出席したりする。

サンフランシスコに住むジョージは霊能者(ミディアム)として亡くなった方のメッセージを伝え、人助けをしてきた。人の悲しみが我が身に覆い被さり、精神的にも肉体的にも限界となり霊能は呪い!だと霊能としての能力を閉ざしてしまう。
しかし、相手の手に触れると霊言が伝わってくる。
心霊研究ではバイブルとまで云われる「シルバー・バーチの霊訓」ほどの能力を持っているのであろうか。

ジャーナリストのマリーは人生観が変わり変人扱いされるが、体験を執筆することが生きる糧となる。マーカスは、薬物中毒の母との生活を引き裂かれ里親の元に預けられるが、兄に逢いたくて、あらゆる霊能者を尋ねるが本物はいなかった。
心霊のサイトをネットサーフィンしているときに、更新されていない古びた霊能者のホームページを見つけた。ジョージのホームページだった。

ジョージは、霊能者(ミディアム)としての生活に見切りをつけて工場で働く、そして料理教室に通い普通の生活に戻ろうと努力をする。料理教室で出会った彼女の手に触れ彼女の過去を見てしまう。彼女にとって何がなんでも隠さなくては、いけない過去だった。

双子の弟マーカスは電車に乗ろうと急いで改札口を抜けると、大事な宝物である兄の帽子が飛ばされて人ごみの中に転々として、乗り遅れてしまった。
マーカスを置いて出発してしまった電車がテロの標的になり爆発する。
マーカスは九死に一生の運命が働く。

マーカスは、ホームページで出会ったジョージに偶然会う。これも運命で守護霊が働くのでしょうか。
ジョージとの面会を断られるが寒さに震えながら立ち尽くしジョージに面会を求める。
マーカスもまた、ジョージの心が読めるのであった。亡くなったマーカスの兄が守護霊となって、マーカスの明日を導いているようだ。

遠く離れた場所での出来事が一本の糸となりロンドン・ブックフェアで繋がってくる。

これだけ書けば・・・
観たくなるでしょうね
死後の世界を信じる方は、筋書きが手に取るように分かり理解できる。
心霊(スピリチュアリズム)は絵空事ではない。あなたを護っている世界でもあります。

主人公のマット・デイモンは良いですね。
好きなトム・ハンクスに似てきたように思うのは私だけかな。

我が家の年老いた愛猫「姫」は、誰もいない天井に向かって鳴きます。それも追い出すように・・・。
貧乏神でも見えるのでしょうか。

臨死体験。
ごく身近な友人が十数年前に起こした交通事故。750のオートバイに跨り時速120キロで走行中に、信号無視で飛び出してきたダンプカーに激突した。
見ていた誰しもが即死したと思った。救急車が来たときはほとんど無呼吸の状態だった。
それでも、まだ眼孔が開いてなく一縷の望みがあったので救急車で運ばれた。

本人は、救急車の天井から全身真っ赤に血に染まった自分を眺めていたようです。
集中治療室で横たわっている時も、天井から酸素マイクを付けられ、管が喉や鼻に付けられているが良く分かった。そして何よりも痛みが全然なかったと云います。
家族や友人がベッドの横に駆けつけて「オイ!死ぬなよ!」と、声を掛けているのが聞こえてくる。
こちらから呼び返しても誰も気がつかない。
そのうちに、天井が明るくなり、天井が開いて青空が見えてきた。
あ~このまま死んでいくんだな・・・と、思った。
みんなに「ごめんね。別れの挨拶もできなくて・・・」と、思ったと云います。

もう、お別れかなと思ったときに、遠くから、チリンチリンと鈴の音が聞こえ、誰かが南妙法蓮華経・南妙法蓮華経とお経を唱える声が聞こえてきて、お経がだんだんと大きくなってきた。
そして、お経を読んでいるのが、バアチャンだ!と、思った瞬間に意識が戻り、生き返ったそうです。
生き返ったときは、そりゃ、激痛が走り死ぬかと思ったと笑い話のように話してくれた。

生死を彷徨った彼は
それ以来、二度とバイクには乗っていないそうです。

|

気になる画像・・・。

3001

2008年だから、3年ほど前になるのかな・・・。
上高地に向かう途中にある白濁で有名な白骨温泉に行った。
残雪が道路にへばりつき恐々崖下を覗きながら運転して乗鞍スーパー林道を走りぬけ
そこには白濁の露天風呂が湯気を立ちのぼらせてお迎えした。

泊まった旅の宿は超有名な「泡の湯」。

先日、画像の整理をしていたら気になる画像に目が止まり
その時の状況を思い出そうとしたが、思い出せない。

T_p1030178_2

泡の湯の玄関のガラス戸に写った画像は・・・。
なんだか四次元の入り口で、ようこそ、いらっしゃいませ!と、呼んでいるような。
気になるな~。

| | コメント (1)

内田光子さんグラミー賞を受賞。

モーツァルトと云えば内田光子。ピアノ協奏曲と云えば内田光子。

・・・で、ファンである内田光子さんがグラミー賞を受賞しました。

日本を代表するクラシックのピアニスト、内田光子さんが、楽器演奏の分野で最も優れた演奏家を選ぶ最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞。

対象となったモーツァルトピアノ協奏曲23番・24番のCDは持っていますが、youtubeにアップされていなかったので大好きなk.466 ピアノ協奏曲20番をお聴きください。

第1楽章

第2楽章

第3楽章

| | コメント (2)

カンニングの手法

静岡県警は13日、静岡市葵区西瀬名町、同県警富士署刑事2課警部補高田喜敬容疑者(46)を犯人隠避教唆、道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕した。

発表によると、高田容疑者は12日午後7時頃、同区南瀬名町の県道交差点で乗用車を運転中、右折待ちをしていた焼津市の会社員男性(55)の乗用車に追突。男性と同乗者の会社員女性(40)の首や腕などに軽傷を負わせて逃げた上、自宅にいた40歳代の妻を現場に向かわせて「運転していたのは私です」などと身代わりに出頭させた疑い。

警察官ともあろう者が身代わりで・・・。と、云う事件のようですが、昔の話であるが上野界隈に営業に行くと駐車場がなくて駐車禁止の道路には二重三重の駐車が当たり前で停車していて、免許証が違反で真っ黒に汚れている方は、免許証がピカピカで汚れていない後輩に「お前だったら許してくれる!」なんて、仁王立ちの婦警に人身御供で差し出しているメーカーの友人がいた。これも立派な身代わり。
免停怖さで駐車違反の身代わりにペーパードライバーを差し出すのは奥の手だったのでしょうね。

身代わりと云えば・・・やったことがある。何十年前の話だから時効でしょうか。
小学生の頃から通っていたソロバン塾で中学になって2級の腕前になった。商業高校を目指して簿記でも取得したらりっぱな経営者になったのであろうが・・・。ソロバンとは関係ない道に進んでしまった。

高校時代にクラブ活動で知り合いになった商業高校の友人がいた。簿記で必須のソロバン3級が取れなくて悩んでいると相談に来たので、身代わりで検定を受けたことがあった。その時は、心臓が破裂するのではと、思うぐらいドキドキしたのを思い出す。
これも立派な身代わりの犯罪なんですね。

身代わりではないが、試験のカンニングはどうなんだろう。

5511

寄宿舎にいると、悪友が集まりいろいろな雑談に花が咲く。その中で、一番有効なカンニングはどれだろうと、話が盛り上がったことがあった。
机に書くだの、下敷きに書くだの、手のひらに書く、消しゴムに書くなどいろいろと出たが、これは最高だ!と、云うのがあった。
鉛筆の出ている芯から3センチほど残して半分に切り込みを入れます。そして鉛筆を真ん中からスパッと割くんです。鉛筆が書けるように先から3センチほどがそのまま残り、その上に鉛筆を縦に割った半分が残ります。

ここからが発想の凄いところです。

鉛筆の芯が残った半分に分離した半分の鉛筆とを、同じ長さにして10センチほどの紙を貼るんです。貼った紙を扇子のように、いや蛇腹のように折りたたみます。
折りたたんだ紙にはビッシリとカンニング用の答えをぎっしりと表裏に書き込むんです。

鉛筆を右手に持って強く握りしめるとカンニング用の蛇腹は閉じられて、誰にも見つかりません。
見たいときは、握っている手を緩めると蛇腹が開いて答えが見える!と、云う仕掛けです。

凄い!すごい!と、これは実行だ!と云う声も上がったが、誰もやらなかったようです。
そんな集中力があれば・・・、仕掛けを作っているうちに覚えるだろう。と、なった。

確かに。

社会人になってから読んだ本に
卒論の代行屋を書いた小説があった。タイトルも作者も忘れてしまったが、主人公は留年を繰り返し卒論の代行を生業としていた・・・そんな内容だった。
いまなら、さしずめウィキペディアをサーフィンしてコピーすれば代行屋になれるのであろうか。



R-50

アメリカ合衆国内国歳入庁には、こんな馬鹿げた鉛筆削り器が売られている。
バカ!と云うべきでしょう。笑いながら売っているんだろうな、気を遣うことを知らない野蛮な国の商品です。

Pencil_2


| | コメント (2)

蜃気楼かな・・・!?

雪が舞い踊る国道8号線。

柏崎を抜け柏崎刈羽原子力発電所を横目に見る。雪を被った松林が延々と続くが、有事の際は危険信号が最高レベルに到達する場所でもある。何も遮るものがない日本海に面して目標が定めやすいので、9.11のように飛行機が自爆することもあるのではと、いつも思ってしまう。
原発は恒久的な発電と人類を滅ぼす放射能と云う表裏一体で動いている。
世の中に絶対はないので、原発の絶対安全ですには不安がよぎる。

そんなことを思いながら出雲崎にやって来た。
目的は、出雲崎ではないが、舞い踊る雪を右に左に避けながら日本海を望む。

T_img_5185

4キロほど先に見える水平線にはモノトーンカラーの帯状が横たわっている。
水平線は、水平線を目がけて進んでも、どこまで行っても水平線なのでしょうが・・・
死ぬ気の根気を出して漕いでいけば、そのうちに朝鮮半島にたどり着きますが。

ガリレイの、それでも地球は回っている。は、時の権力者の怒りを買うことになるが
それまで地球はジッと動かず四角箱だと信じていた人たちは水平線の向こう側は滝壺になっていて
船は滝壺に落ちて消滅すると思っていたのでしょうね。

T_img_5183_2

T_img_5188

カメラを向けると、今までモノトーンの帯状が続いていた水平線が消えて
陸地が見えました。これは・・・蜃気楼かな。
ヤッタ~!蜃気楼だ!珍しい光景に出会ったぞ と、内心ワクワクした。
ワクワクしたのはほんの10秒ほど。で、冷静になった。

もしかしてあの陸地は、佐渡ではないんか。

そうだ。佐渡だ!
目と鼻の先に雪を被った佐渡が横たわっています。カーフェリーで行くと90分ほどかかるが、島全体が見えると30分で行けそうな距離に思えます。

夏の盛りに出雲崎に来ていた芭蕉が佐渡を眺めて短冊にしたためた。

荒波や 佐渡に横たう 天の川

もしかして、芭蕉と同じ場所に立っているのかな・・・。
芭蕉は、星空を見ていたのか、それとも佐渡を眺めて佐渡を天の川に見立てたのかな

出雲崎の海岸は寒風で波が荒れ狂って白く波立っている。

2008年 6月。 

能登に向かう途中で見た蜃気楼は白山連山が浮かび上がっていました。

T_p1000334

T_p1000336

| | コメント (3)

火山灰

502

宮崎と鹿児島の県境にある連なる霧島の山並み。
霧島の新燃岳が連日の大噴火です。
風向きによっては霧島連山を眺めるお膝元にある都城(みやこのじょう・・・宮崎県民は、みやこんじょう と呼ぶ)には火山灰がわんさかと降っているようです。
新燃岳と都城との延長線上にある私の地元にも、たくさん降っていると悲痛な声が受話器から聞こえてくる。

弟いわく、雪はいくら降っても良いよ・・・雨が降ったり、晴れりゃ雪はいつか融ける
火山灰は・・・融けないよ~~~。喉は痛いし、溝は灰が積もって重いし、と。嘆いていた。

鹿児島で学生時代の七年間は桜島が見える場所に住んでいた。
桜島は、ニュースにならないほど日々噴火を繰り返していた。夜の噴火は花火を見るようで美しかったが・・・次の日が怖かった。
噴火した次の日には、雲ひとつない晴天でも傘を持って学校に行った。風に運ばれた火山灰は視界を遮り、曇りガラスの世界を作っていった。
晴れているのに・・・洗濯物を干している家はない。いつ降るかも知れない火山灰に「わっぜ、こまっがよ」と嘆いていた。

15歳で異国の地で生活した私は、夏休みで帰省するたびに瓶に入れた桜島の火山灰を持って「お土産!」と、云って渡した。桜島の火山灰と聞いて、家族は喜んだのか・・・な。
居間にある人形やらコケシが並べられていたガラスケースの中に火山灰の瓶も置かれていた。

火山灰はしらすと呼ばれ、鹿児島の高台はしらす団地と呼ばれていた。
彼女が出来た。しらす団地に住んでいたので何度も何度もお邪魔した。彼女はいつも、ここは桜島の火山灰が固まって出来た、しらす団地なので、変なことしていると振動でしらすが崩れるかもねと脅していた。変なことを起こすこともなく別れてしまった。

余談。
学生が主催するダンスパーティがあって、しらす団地の彼女と参加した。そこに友人が彼女を連れて来ていた。友人の彼女を見て、私はのぼせ上がり(ひと目ぼれとも云いますが・・・)友人に話を持ちかけた。まぁそんな話ですが。

噴火する新燃岳のある霧島連山の周りは、えびの高原と云って観光名所です。何回もドライブにいった場所です。良質の温泉もあり風光明媚な景色が堪能できます。

ここに宮崎県の県歌とも云うべき歌があります。
結婚式で兄が宮崎を忘れるなよ!て、歌った・・・県歌ですね

思い出のスカイライン

youtubeでは音が悪いですがそれなりに・・・。

      一、峠越えれば高原の 山の青さが目にしみる
              歌おようあの歌 思い出の 山のあなたの空遠く
                           幸い住むと人のいう
              ああ霧島の山に来て 我が青春は遙かなり
            
            二、あかまつ林過ぎゆけば えびの高原陽は高く
              二人で歌およう あの歌を 
              ああ我れ人ともとめゆきて
                       涙さしぐみかえりきぬ
              ああふるさとの山に来て
                       我が青春よここにあり
            
            三、暮れて静かな高原の 山のホテルに灯は赤く
              みんなで歌およう あの歌を 
              山のあなたのなお遠く 
                       幸いすむと人のいう
              スカイラインの思い出に
                       我が青春よ悔いは無し 

| | コメント (3)

スワンの涙

コシヒカリの産地くびき平野は雪景色。

T_img_5157

□■□■□■□■

T_img_5173

雪原に立って遠くの一点を見つめる姿は・・・何も想っているのだろう。
1月に入って連日の雪で、白鳥のために用意された田んぼは雪をかぶり、目指すドジョウを見つけることが出来ない。前菜の落穂を拾うことすら出来ない。
ホームシックにかかり生まれ故郷のロシアの方を向いて泣いているのであろうか。
白鳥は泣いている様にも思える。

白鳥が泣いていると云えば、OXの「スワンの涙」。これしか思い浮かばない。


雪原に食料を求める北の使者
北帰行はまだまだ先の話。

T_img_5175

T_img_5178

T_img_5179

T_img_5170

T_img_5181


| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »