« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

高橋まゆみ人形館

緑の葉っぱいっぱいの菜の花公園をあとにして何気なしに街中に入っていくと、袴姿の高校生がゾロゾロと弓を抱えて歩いている。高校選抜の弓道大会が開かれているようだ。
見学しようかと思ったが駐車場が満車で諦めた。

同級生に弓道部の主将がいて、弓を張ることができたら1000円と賭けに参加したことがあったが・・・張れなかった。1000円の代わりにパンと牛乳を奢らされた。
腰に梓の弓を張る。と云った例えがあるが・・・老いたる先が怖い。

1001

T_img_5620

フッと横を見ると「高橋まゆみ人形館」の矢印があった。
昭和の響きはレトロになってしまったがやさしくも懐かしい響きがある。そんな田舎の素朴な人間模様を人形にしているあの方だ・・・。人形はポスターやら雑誌で何度か目にしていたのでチャンスがあれば見たいと思っていた。
そうか・・・飯山にあったんだ。
また、どうして飯山にあるんだろう・・・とも思った。

1003

1002

「高橋まゆみ人形館」は小さな美術館。
長野市の遠隔地をドーナツ状に走るマッチ電車の線路脇に佇んでいた。
行ってみると、過疎化で悩む飯山の町にこんなに人がいたのか!と、思うほどに人・人・人でごったがえしていた。人の波に揉まれ溺れてしまいそうな人混みです。それでも、果敢に窓口に向かいます。
大人600円の入場料を払って中に入ると、小さな館内は大渋滞でゾロゾロと歩いて行きます。
そこは昭和が広がっている。
20センチほどの人形が、穏やかな表情で四季を伝え、諭すような話し声が聞こえてきそうです。愛くるしい眼差しと素朴な表情が胸に突き刺さります。鼻垂れ小僧だったガキの頃が懐かしく思い出されます。おじいちゃんやらおばあちゃんの表情が良いですね。

腰掛けのあるブースには42インチほどのモニターが映しだされ、展示品以外の作品の説明やら、作者である高橋まゆみさんのプロフィールが紹介され、高橋まゆみさん本人が、人形の作り方を説明しています。粘土にチリメンやらモスリンをかぶせている。

彼女は飯山出身で、いまも飯山にアトリエを構えて制作活動をされている。
3月11日に起きた東日本大震災で、改めて日本人の心が映し出された。思いやりの心は先人の教えが伝承されてきた証拠ですね。
人形の表情には思いやりの心がたくさん詰まっていた。

| | コメント (2)

菜の花を探す

T_img_5536

四方を高い山に囲まれた飯山市は豪雪地帯です。
浄土真宗中興の祖として名高い蓮如は飯山に足を止め辻説法を繰り返し、その後は寺町として名を馳せている。
映画「阿弥陀堂だより」は、この素朴な飯山が舞台なんです。
そんな飯山に出かけてみた。
四方の山並みには雪が残り、山肌に白い壁がへばりついている。寒い地域なんです。

軽井沢あたりを源流とする千曲川が蛇行を繰り返し、時には戸倉上山田付近では鮎の解禁と同時に物干し竿を肩に担いで千曲川に腰まで浸かる釣り人を目にする。大河であるが静かな千曲川。その千曲川が信濃川にバトンタッチする場所が七福神で名高い飯山市を過ぎたあたりになる。
今日の千曲川は降り続いた雨で濁流となり信濃川に変わろうとしている。

飯山市は長野県北部に位置して、3月11日に起きた東日本大震災に隠れるようにして地震が頻発している地域でもある。また花の飯山として、町あげて花いっぱい運動が盛んで行き交う道路には四季おりおりの花がバンザイをしている。

飯山は菜の花が有名で街全体が菜の花で埋め尽くされる。
沿道には老人クラブのみなさんが植えた菜の花が延々続く・・・ので、ついでに菜の花が一面に咲き誇る段々畑が景勝地となっている菜の花公園は小高い丘の上にある。

それじゃ、行ってみよう。

大きい駐車場には菜の花のハッピを着込んだ若者が駐車場の整理をしています。
これは・・・期待がもてるぞ。

T_img_5549

丘の上では、満開となった桜の木の下で画伯たちが雪の残る山並みを描き、濁流となった千曲川を眺めている。見事な風景が広がっています。

T_img_5609

T_img_5599

・・・で、菜の花に目をやると、あれ~ あの可憐な黄色い花は?
咲いていません。
露店を開いている地元の特産品を売っているみなさんも、ガッカリとした様子で
お見えになるみなさまに、ごめんなさいネと、謝っておいでです。

例年だと満開のこの時期、今年の雪が余りにも多くて雪解けが進まず
花の開花も遅くなり、あと7日~10日はかかるとのことです。
たくさんの方がお見えになる5月の連休は緑の葉っぱを眺めることになりそうです。

菜の花が満開になると、こんな感じでしょうか・・・。

T_img_5612

遅い春を待ちかねたように
菜の花公園の桜は満開でした。

T_img_5543



| | コメント (0)

はやりのアミノ酸シャンプー

ブサイクな男でも髪をシャンプーで泡立てると良い男に見えるから不思議だ。
そんな例に漏れずシャンプー中に鏡に映ったわが顔を非日常の顔であることを実感し嘆いてしまう。

Tumekae_bottle_3

近場の温泉の銭湯やら、日帰りの温泉施設に行く時には必ず愛用のシャンプーを持参する。使いはじめて5年が過ぎようとしているこのシャンプーは、今はやりのアミノ酸シャンプーです。
シャンプーの泡が柔らかいのでとってもお気にり。
いつも詰替えを購入している。チョット高いのが難点。

ホームページには、このようなことが書かれている。

頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーは洗浄力がマイルドですので、なるべく2度洗いするのがお勧めです。性質上、皮脂や油分と混ざると泡立ちが悪くなりますので、特に汗をかいたときや、整髪料を付けている場合は、2度洗いすることで、よりしっかりと汚れを落としていただけます。

良質のアミノ酸洗浄成分には、それ自体に髪に浸透してダメージ部分に吸着する働きがあります。すすぐ前にシャンプーを付けたまま2分程度放置して「泡パック」すると、より高いトリートメント効果が得られます。

アミノ酸洗浄成分自体に潤い効果がある上、植物油などの天然保湿成分をしっかりと配合していますので、基本的にリンスなしで仕上げていただけます。

市販のシャンプーに配合されているコーティング成分には刺激性があり、顔などにつくと肌が荒れたり、ニキビの原因になるものがあります。「アロマのやさしさ」はこうしたコーティング剤が一切入っていませんので、お顔についても全く問題ありません。デリケートなお肌にも優しい成分のみで作られていますので、髪だけでなくお顔など全身を洗うシャンプーとしてもお使いいただけます。

この言葉を信じて、髪を二度洗いします。そして何よりも髪を洗っているシャンプーでやおら顔を洗い出します。泡を立ててしばし放心状態。
二度目には泡を立てて二分間、その状態のまま顔も泡のまま二分間。
髪と顔はシャンプーの泡で放置されます。

424

画像は・・・
洗っているときは泡でフワ~となっているのですが、撮っているあいだに
泡がぺっしゃんこになってしまいました。

髪と顔の老化現象とシャンプーの効果が競っているのですが・・・
どうも、老化現象のスピードにシャンプーの効果が追いつかず老化現象が勝ち誇っています。
それでも、二度洗い、2分間の放置、洗顔・・・と、バカの一つ覚えで、今日も高価なシャンプーが泡となって消えていきます。

当然、シャンプーのあとには自家製生姜トニックが待ち受けているのです。

425

| | コメント (2)

灯油泥棒

そこは限界集落と呼ばれ、四つほどの峠を越えた場所にある。

冬は路肩の積雪で二車線ある道路が片側一車線に早変わりする。そんな山奥に部落では唯一のコンクリート建物が小学校であったが、若い世代がいなくなり廃校となった。
廃校となった小学校を借りて地域の活性化と里山の体験学習を目的としたNPOがある。冬ともなると学校の運動場は雪一色となる。除雪もしないので2~3メートルの積雪で雪の断層が出来上がる。
非常に寒い・・・。

昔の職員室は事務所として使用され、事務所の隣には唯一の暖房燃料である灯油タンクが置かれている。それも450リットルの大型のタンクです。(一般家庭で使用するポリタンクの22個に相当)

T_nakanomata_10

1月某日。
その日は深々と雪が降り続き、足あともすぐに消えてしまうほどの激しい雪を物語っていた。
来週からの作業を考えて、ガソリンスタンドに頼んでいた灯油が届き、灯油を運んできた車はギシギシと音を立てながら、なみなみと満タンの450リットルにして去って行った。
まさか・・・満タンにした450リットルの灯油が盗まれるとは考えもしなかった。と云う。

1メートルを越える雪の量では行き交う車もいない。ましてや4時を過ぎると山奥は一気に暗くなり夜がながい。しかし・・・廃校となった小学校は災害の時の避難場所として指定されているので、学校の正面には街頭が灯り明るく輝いていた。

盗まれた灯油。

積雪でUターンも出来ない幅の狭くなった正面玄関に横付けされた灯油泥棒の車には、長いホースが付いていたのであろうか。
一般家庭にある醤油チュルチュルでは、灯油タンクの中までは届かない。ガソリンスタンドで使っている大きな醤油チュルチュルでないとタンクには行かないのではなかろうか・・・。
それとも、灯油を配達する灯油タンクを直に乗り入れて、盗んだのかな・・・それだと、スタンドに関連する人が関わっていたことになる。

手を震わせて事務所に入ったNPOの人は暖房器具に燃料切れの赤ランプが付いていてビックリした。すぐにタンクを調べると空になっていた。
役場に連絡を入れても埒があかず、警察に連絡しても雪深い山奥には急いでは来てくれない。
盗まれた結果を見に来るのですから、ま、アテにならない警察ではあります。

改めてスタンドにお願いして450リットルを補充して凍死することは避けられた。
雪で滑って谷底に落ちる危険を省みず、灯油泥棒は決死の覚悟で来たに違いない。それほどに灯油が欲しかったのか。450リットル×90円で命と引換にするには安すぎるが・・・。

そんなこんなで灯油泥棒の事を忘れてしまった。
しかし、敵は虎視眈々と狙っていたようです。

T_nakanomata_09

2月某日に灯油が運ばれて満タンの450リットルにして帰っていった。
まさか・・・の、意表を突かれてしまった。
その夜に、満タンにしたばかりの灯油タンクが空っぽになった。
てんやわんやの騒ぎになったが、それでも警察は来なかった。見つかるはずもない犯人像であったのであろうか。
悔しい思いをしたみんなは、対策を話し合い 大型の南京錠をかけることになった。そして防犯カメラを設置した(一応、温度を感知すると作動するカメラの筈だった)
宿直を作ろうとの話もあったが、あの夜の寒さを考えると誰も賛成しなかった。

そして・・・
4月10日。
南京錠は壊され、タンクに入っていた灯油450リットルは根こそぎ抜かれてしまった。
防犯カメラはどうしたんだ!作動しなかったようだ。ちくしょう・・・。
二度あることは三度ある との例えはまさに実践で体験した。
今度ばかりは、迅速に役場も警察も動いて調べていった。地方紙を含めて4紙が灯油泥棒のことを記事にしてくれた。

T_nakanomata_04

はたして四度目はあるのか・・・
この部落は、悪事を働く奴にとって都合の良い場所なのであろうか
いつぞやは、人の畑の隅っこでマリファナを栽培している奴がいた。いまだ捕まっていないが・・・。
四度目を防ぐために助っ人を頼んだ。 頼もしい助っ人となってくれるかどうか・・・。

個人的見解として・・・
満タンにしたあとに盗みに来る。どこかで見ているのかな 灯油を運ぶスタンドの車をチェックしているのかも知れない。盗んだ灯油はどうしたんだろうか。

限界集落と呼ばれる街道筋にはカタクリの花が満開です。

T_nakanomata_12

T_nakanomata_21

| | コメント (2)

居候のおっかけ・・・

1245

居候、三杯目はそっとだし とあるが。

チーフと呼ばれる彼は、二十年来の友人で二人目となる待望の赤ちゃんが7月に産まれる
彼は誰もが住みたくなる伊豆稲取の出身で一流のコックを目指して、高校を卒業と同時に上京しパレスホテルでコックとしての修行を行って来た。
ある縁で、三顧の礼をもって請われたが悩みに悩んで、そして、それも雪深く寒い戸隠のリゾートホテルの玄関をくぐった。

基礎スキーのメッカと云われる戸隠スキー場には、日本を代表する基礎スキーの王者たるデモンストレーターが腕を磨くためにこぞってお見えになり技術を磨いている。レベルの高いスキー場なのです。
スキーのシーズンともなるとホテルは繁忙を極める。双眼鏡を片手に野鳥観察に精をだしていたチーフも寝る間を惜しんで今日のメニュー、明日のメニューと忙しかった。

この冬だけ忙しいホテルの運営を助けるために、画期的な手法を用いられホテルの経営は上手く回っていた。その手法とは・・・。

□■スキー場の居候制度 □■

スキー業界における居候とは スキー場内外のペンション ロッジ 民宿や飲食店などでお手伝いをする代わりに そこでリフト券を借り受け 暇な時間帯にスキー場にいき練習をすることができる。
特に、基礎スキーの腕をあげバッチテストで1級取得を狙う学生には魅力的な手法です。

基本的には無給ですが、現地での食事、宿代、リフト券代などを考えれば出費がないので、この関係が成り立っている。

居候とはいえ 多少の小遣いをもらっている人たちもたくさんいる。
ホテル側でも 無給で働いてもらえるので大変助かるという相互関係が成り立っている。

□■----------------------------------□■

居候はスキーの技術を会得するがむしゃらに練習に励み、大学対抗のスキー技術選に向けて気合が入ります。・・・大学の名誉がかかっているのです。

チーフが切り盛りするホテルも住人ほどの居候が大部屋に住み、朝な夕なの食事時はエプロンを身につけ走り回っていた。ホテルの従業員そのものの姿です。

隆盛を極めたスキー場もリフト待ちがなくなり、ホテルにも閑古鳥が鳴き始め
料理が美味しいと評判だったチーフのホテルも例外なく客足が減ってきた。

チーフが来て5年経った頃にホテルのオーナーから呼び出しがあり、ホテルの休業が伝えられた。仕方のない結論だった。赤字が続き倒産間近であったが休業そして解散となってメンツは保たれた

蕎麦に熱心だったチーフは伊豆に戻ることなく、蕎麦打ちの勉強をするために、美味しいと云われる蕎麦屋に住み込みで働きにでた。

あれから六年が経った。

チーフが仕切っていたホテルで居候として働いた京都大学二回生の学生がチーフにひとめぼれ。カチッと運命の歯車が動き始めた。チーフのいたホテルが閉館になっていることを知らなかった彼女は、チーフのいたホテルが閉館していてショックを受けた。それでも学生の間は、毎シーズン居候として他のホテルで働いて、チーフを探し回ったが、チーフの所在が消息不明で意気消沈していたらしい。それでも諦めきれなくて、居候で来ては、スキーそっちのけでチーフを探した。

京都大学を卒業して市役所に就職したが、チーフのことが忘れられなく2月になると有給休暇を取得してチーフを探したと云います。

チーフが住み込みで蕎麦屋で働いているよ!と、聞いたときは涙が出て止まらなかったらしい。
会ったときは嬉しさのあまり体が震え、大声で泣いた。
そして・・・
「私のことを覚えていますか・・・」
「覚えているよ!○○さんだよね」
「はい! 嬉しい・・・やっと会えました。」
「私はチーフのことが大好きです。付き合っていただけますか?」と、
チーフは頷き、付き合いがはじまったが、給料は安いよ!と、念を押すのを忘れなかった。

夢が叶った彼女は、市役所を退職しチーフのもとに引っ越してきた。
まだ、蕎麦打ちの職人としては半人前だと公言するチーフは、お得意さんもたくさんいる立派な蕎麦打ちの職人です。

結婚式も挙げずにひっそりと二人だけの世界を作り出し、蕎麦名人への道を歩いています。
会ったことがありますが・・・可愛いお嫁さんなんです。
あれから三年。すぐに長女が生まれ、幸せの中で二人目が授かった。
喜ぶチーフの声は弾んでいた。

| | コメント (0)

なんでも匂いをかぐんです

Juri

都会を襲っている余震と停電の恐怖で、姪っ子が子どもを連れて東京から避難してきた。
まるで、いわさきちひろの世界から抜けだしてきたようなつぶらな瞳で見つめている。

欲しがることもなく・・・
泣きじゃくることもなく・・・
ヒョイと抱かれても、ちっとも嫌な顔をしない・・・
そして、いつも鼻をクンクンさせている。どこからか良い匂いがしてくるのかな。

■□-------------------

なんでも匂いを かぐんです
しかられたって かぐんです

ばあやの匂いは すっぱくて
いつでもくしゃみが でるんです

じいやの背中は たるがきの
匂いがプンプン してました

もんしろちょうの はねのこな
レモンの匂いと おなじです

となりの大きい ねえさんは
ちょうじの花の 匂いです

ひなたにほした おふとんは
たばねたわらの 匂いです

ひとりでかくれた ものおきは
むかでとおけらの まじりです

コーンビーフは 魚つりの
ミミズとちっとも ちがいません

くるくるまわした ばんがさは
あぶらしょうじに にてました

なんでも匂いを かぐんです
にらまれたって かぐんです

サトウハチロー「なんでも匂いをかぐんです」。

| | コメント (0)

四字熟語・・・さぁやってみよう。

4moji

5moji

暇なときにこんなゲームをする。
四字熟語ゲームです。
ランダムに置かれた漢字を四字熟語に置き換えて作って行くゲームです。

七面のステージがありステージごとにクリアすると次のステージに進むことが出来ます。

いつも四つか五つまでは行けるのですが、漢字の数もステージごとに多くなってきて
時間潰しも終りを告げ挫折してしまう。
途中で経過保留(保存)することが出来ないので、止めると、また次は最初からになってしまいます。七つ目の最後のステージをクリアすると、何かプレゼントでもあるのかなと期待して進めるのですが
いまだ成功に至っていない。

今日は、友人と一緒に挑戦しました。
やはり二人でやると早いですね。四字熟語が次々と完成していきます。

そして、ついに最後のステージに到達しました

漢字が画面いっぱい縦横無尽に並んでいます。
ふたりして七つ目のステージをクリアしました。

お楽しみのNEXT PAGEです。


クリック


あっ!ありました。
プレゼントはこれか~ 期待通りでした。



画像は三つ目のステージと五つ目のステージです。
まだ、六つ目・七つ目と続き七面で終了。

Good

| | コメント (0)

選挙事務所の怪

防災の在り方を問う選挙かな?

Daruma

千年に一度の大震災と評される東日本大震災に見舞われ、日本のバリューが、日本の産業立国が本物であるかどうかの浮沈がかかっている。日本全土が焦土と化した焼け野原から奇跡の復興と呼ばれた戦後の高度成長の再来となるのか。どうか。
世界は注目をしている。

司馬遼太郎著「坂の上の雲」の主人公である秋山真之は巨象バルチック艦隊に挑む心境を「・・・興国の荒廃この一戦にあり」と打電する。
世界地図から日本の名前が消えるかどうかの瀬戸際であった。

大震災から復興へと劇的に変貌を遂げようとしている過程にあって政治家はどんなことをしているのであろうか。アスリートやら芸能人がボランティアで被災地に赴き炊き出しやらに精を出している姿を目にするが、政治家はどうしたんだ!

陣頭指揮をしている政治家をいるのかな・・・、水を買い占めている政治家はいた。こんなご時世に・・・我が身が愛おしく可愛い苦労知らずの三世議員であった。

太郎君!次の選挙は落ちるよ。

そんな中、わが街でも統一地方選挙で県会議員の選挙がはじまった。
各政党が出揃って5人当選の枠にしのぎを削って9人が立候補している。大震災の影響を受け世論を意識してか、スピーカーでがなりたてる悪声が聞こえてこないのは嬉しい限りです。

人口20万の過疎地として有名なわが街は広い、それもだだっ広い。
選挙の街宣カーも端から端までくまなく回るのは大変なことでしょう

しかし、選挙事務所が立候補している9人のうち7人までがある通りに集中している。
旧国と呼ばれる道路の1キロ圏内に7人の選挙事務所がある。
市の面積では全国を見回しても1・2位を争う広さなのに、同じ道路に選挙事務所を競っている光景はどうなんだろう。
もしかして選挙の談合?
出入りする有権者をチェックしているのか
それとも違反や不正を見つけようと監視が目的で隣同士になったのか

10日を境に性格が変わるんだろうな・・・。



| | コメント (0)

テスト

動画のテスト

| | コメント (0)

4月1日。

地震・津波に原発事故で放射能漏れと悲惨な状況が続きます。
自然の猛威を防ぐ手立てがないようです。

災害に向き合ったときの決断の早いリーダーシップは大事ですね。
右向け右!で進む道が決まります。
しかし、右向け右!の方向も示すことが出来ない無能な男が国のリーダーだと
国民は悲惨です。
無能な人のためには死ねないですね。

・・・が、また日は昇ります。
朝の来ない夜はないと云うことでしょうか。

T_401

4月1日。
東の空を真っ赤に染め上げて浮かび上がった太陽。
太陽は燃え上がり、絶え間なく強烈な放射線を飛ばしているのですが、太陽からの放射線で病気になったとは聞きませんが、紫外線でシミやソバカスが出来ると云われます。これも一種の放射線でしょうか。
太陽光エネルギーを永続的に供給できるシステムがあると便利なんですがね
なによりも太陽光はタダですから。

この度の大震災はマヤ文明が残した2012年12月21日の序章だったら怖い話です。
予言が当たらないことを祈ります。

T_403

平成25年開業を目指して工事が進む北陸新幹線。
新幹線の橋脚の上にそびえる妙高は、まだまだ雪で覆われています。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »