« 朝風呂は最高♪ | トップページ | 花嫁 »

むずむず脚症候群

寝ることに何の迷いもなく熟睡することが当たり前だと思っていた。
ましてや、寝られないなんて関係ない人さまの話だと思っていた。
そんな彼が、治療法も確立されていないムズムズ脚症候群に侵された。とつぜんにムズムズ脚症候群が発症して不眠症に陥った友人は、日に日に目の周りにクマがジワジワと攻めて来ている。
夜が怖いようだ。
いや・・・寝るのが怖いようだ。

Image001

最初は、不眠症だと聞いて「何悩んでるの?」「寝ないで悩んだところで解決はしないよ!」などと笑っていた。
寝付かれない・・・なんて信じられない。よほどの悩みがあるのであろうか。
不眠症なんて、私の辞書には書かれていない。手枕で横になってテレビでも見た日には、テレビから流れてくる会話が子守唄になり数分のうちに夢の世界に入ってしまう。
寝付きの競争でもあれば上位入賞しそうです。

先ずは、難病とまで云われるムズムズ脚症候群ってどんな病気なんだろう。
レストレスレッグス症候群とも呼ばれている。
日本では1997年に日本睡眠学会が調査を開始したと云うから新興症候群のようです。

症状はと云うと・・・

自覚症状としては、寝ているときに起きることが多い。
じっとした姿勢や横になったりしていると足を主にして下半身の部分に
「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」
などの異様な感覚が現われ、時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。
また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。

このむずむずとした不快感や痛みなどの不快な異常感覚・身体症状が下肢や腰・背中・腕などに出現するため、患者はこれを抑えるため常に脚を動かしたり身体をさすらなければならない状況に追い立てられる。

友人の彼の場合は
皮膚の下で虫が這っているようムズムズした感覚が広がる。そして痒い。
一度ムズムズした感覚が広がると体が火照って寝ることができないほどの苦痛が広がる。
それでも、横になり無理して寝ようとするが、夢うつつになり睡眠が浅く、イライラしてしまう。
こんなに寝ることが辛いのかと・・・
涙声で訴えてきます。

治療法がないと云うことは専門医も少ないと言うことのようです。
妊娠中の女性にも発症しやすいとあります。

聞いただけでも体が痒くなり、辛さが伝わってきます。

「足を一刀のもとに切り落とせば・・・楽になる」
分かる、分かる。
くるぶしを痛めて激痛が走り、歩くことができなくなったときに、この痛さから開放されるのであれば切り落として!と、思ったことがある。
ジワジワと攻めて来るムズムズした感覚は対応のしようがない。
社員15人を抱える経営者の彼は、資金繰りがスムーズに行けば一気に解決ですね!と、楽観的だが
タバコを吸っている事自体が問題だよ!と、お説教をする。

むずむず脚症候群友の会

ムズムズ脚症候群が病気とは知らずにひとりで悩んでいる方が多いと書いてある。
早速、友人も友の会に入会して症状の意見交換をしているようです。

早く治ると良いですね。
100万円の宝くじが当たるとすぐに治りそうなきがします。
病は気から・・・。

|

« 朝風呂は最高♪ | トップページ | 花嫁 »

人間ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝風呂は最高♪ | トップページ | 花嫁 »