« わしら1等じゃ! 山里のオリンピック | トップページ | 雲のかたち »

ドラマ「火車」 面白かった。

115

宮部みゆき「火車」
見応えのある良いドラマだった。

□ 火車
仏教用語。
生前悪事を犯した亡者を乗せて地獄に運ぶという、火の燃えている車。

主人公は本間俊介。
冒頭は、刑事として犯人を追い詰めるが犯人の放った一撃で足を撃たれ、現在はリハビリのために休職中。妻を交通事故で亡くして長男と二人暮し。

亡くなった妻の親戚で銀行員の栗坂和也から意外なお願いをされる。
1年半も付き合っている婚約者と買い物をするが、婚約者である関根彰子がクレジットカードをもっていないのでカードを持つように薦めたところ、審査の段階で関根彰子が自己破産の経験者であることが分かる。ことの真偽を問い詰められた関根彰子は、突如、職場からも住まいからも姿を消した。

本間俊介は、歩くリハビリも兼ねて関根彰子の消息を尋ねる。
5年前に自己破産手続きを行った弁護士に会って話をすると、意外な事実が浮かび上がる。

自己破産者の関根彰子と失踪した関根彰子は別人であった。

失踪した関根彰子の手がかりは一切無く、自己破産者の関根彰子の足取りを追っていく。いつ、どんな状況で入れ替わったのかを調べるていく。
自己破産者の関根彰子と失踪した関根彰子の接点はどこにあるのか。

生活感を感じさせない婚約者・関根彰子のアパートにあった1枚の写真に追い詰める重要なポイントが隠されていた。

浮かび上がった接点。

自己破産者の関根彰子の母が階段から転げ落ちて死亡した。
すでに、自己破産していた関根彰子(別称・シーちゃん)は、夜の街で働いていたが、母親の死で200万円の保険金を手にする。
シーちゃんは、保険金で両親のお墓を作ってあげようと墓石屋が主催する墓地見学会のツアーに参加する。ツアーの写真の中に二人の関根彰子が仲良く写っていた。この時は、まだ・・・二人の接点はぼやけている。

安易に作れるクレジットカードから多重債務が生まれ、身の丈に合わない無理なマイホームのローンを組むことで、過激な取り立てにが日常化して、ついには一家離散の憂き目に会う。マイホームの借金で父親は連れ去られ、地獄のタコ部屋にぶち込まれ、母親は夜の街に監禁される。娘は必死になって逃げた。
が、しかし、住所を変更する度に取り立て屋はやって来る。そんな境遇に置かれた新城喬子は身も心もズタズタに破かれて社会の隅っこに追いやられる。
結婚するも、過激な取り立てで離婚して逃げざるえない。いつも、逃げる用意をして生活をしている。

そんな新城喬子は、あるアンケート用紙に書かれた個人情報見ることになる。身寄りのない、天涯孤独の同世代を探し戸籍の乗っ取りを考えのは必然だった、次の次当たりにマークしていた関根彰子の母親が階段から落ちて死んだことを新聞報道で知った新城喬子は千載一遇のチャンスと捉えたのでしょうか・・・。

自己破産した関根彰子が衣装で利用していた通信販売のアンケート用紙に書いたことが偶然にも運命を左右した。

□□□□□□---

いまでは、
取り立てが厳しく、カード破産が相次ぎ国会でも問題になって債務者に有利な配慮となったが、反面、カードの審査も厳しくなり、審査時点で入会お断りも多いと聞く。
インターネットでの買い物では、銀行振込・代金引換・クレジットカードが選べるが、手間を考えると、その場で決済できるクレジットカードは、使い勝手がよく、どうしても使用過多になりがちになる。

こんなケースもある。

友人は、15人ほどが働く小さなお店の経営者。
インターネットでの販売もあって、クレジットカードは肌から放すことができない。ETCカードを含めてガソリンの支払いもすべてカードで行い、毎月20~25万円ほど使い、毎月問題なく引き落とされ支払ってきた。
使用限度額が50万円のために、時として限度オーバーになりかけていた。カード会社から送られてくるメールにゴールドプランならぬステップアップをこの機会に・・・の謳い文句に惹かれて、使用限度額70万円・100万円のコースを申し込んだ。

後日、自宅にカード会社から一通の封書が届いた。
コース変更の手続きに関する書類かな・・・と、期待していると、意に反して、我が目を疑う文章が淡々と事務的に並べられていた。

審査の結果、ご希望に添えなくなり、その結果、いまお使いの50万円コースも取り消しさせて頂くことになり、○月○日を持って使用不可となりました・・・云々。

エ~!。
問題なく使用してきたカードは、すでに数日前から使えなくなっていたと云うことです。
怒りを抑え切れない彼は、カード会社に電話を入れるも、審査の過程をお知らせすることは出来ませんの一点張り。使用され、未請求のカード代金についてはご相談に乗ります
まるで埒があかない。

何が原因でこうなったのか分からないが、ステップアップは巧妙に仕組まれた罠だったのか。
リボ払いをしないカード使用者は、カード会社からすれば、あまり儲けさせてくれる客ではないようだ。カード会社からすれば、リボ払いのお客さまは大得意と云うことになるのでしょうね。

リボ払い・・・チョットあるなぁ~
気をつけよう。

|

« わしら1等じゃ! 山里のオリンピック | トップページ | 雲のかたち »

TVドラマ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わしら1等じゃ! 山里のオリンピック | トップページ | 雲のかたち »