« 45万人? 想像つかないが | トップページ | 神は私を見捨てた »

文藝春秋「日本の自殺」考

Bunngei

1975年の文藝春秋に載った論文が37年の時を経て、嫌いな朝日新聞の1面で語られた。
「[日本の自殺]がかってなく現実味を帯びて感じられる」と・・・。

芥川賞の作品を読むためだけに文藝春秋は買いますが、今回だけは「日本の自殺」を読むために買った。
先ずは、一読しただけだが、37年前の論文がいままさに、あらゆる壁にぶつかり、泥沼に足を入れてしまった苦悩に直面する日本の今を書いているように思えた。

政治家は、名誉とお金の為だけに執着し政治家たる我が身を守ろうと必死になって、国民に対してアメ玉の空約束の手形を乱発して人気を取り、あえて苦言を呈することもしない。
西郷隆盛も坂本龍馬もいない小粒な日本の政治家たちが、今にも倒れそうなコップの中で蠢き、暴れている。まさに・・・小心者でタンスの中に数億円も隠している政治家風情のメルティングポットであろうか・・・コップの上から覗いている神さまたちは呆れ返っていることでしょう

日本沈没の予感

・・・もしかすると、日本は地質学的に沈没してしまうはるか以前に、政治的、経済的、社会的に沈没してしまうかも知れない。このような予感を与えずにはおかないような社会的衰退のムードや社会病理現象はわれわれの周囲に数多く観察された。

例えば、プラトンによれば、ギリシャ没落の原因は、欲望の肥大化と悪平等主義とエゴイズムの氾濫にある。道徳的自制を欠いた野放図な自由の主張と大衆迎合主義とが、無責任と放埒とを通じて社会秩序を崩壊させていったと云うのである。

プラトンの有名な「国家」には、崩壊前夜のアテネの状況が書かれている。
「支配者たちが・・・自由をふんだんに与えてくれないと、市民たちはそうした支配者たちを、もののわからぬ奴、寡頭制的な奴と非難するようになる」---大部分省略---

ローマ帝国滅亡との類似

諸文明の没落の原因を探り求めて、われわれの到達した結論は、あらゆる文明が外からの攻撃によってではなく、内部からの社会的崩壊によって破滅すると云う基本的命題であった。トインビーによれば、諸文明の没落は宿命的、決定論的物でもなければ、天災や外敵の侵入などの災害によるものでもない。
それは、根本的には、魂の分裂と社会の崩壊による、「自己決定能力の喪失」にこそある。
と、位置づけている。

(゜ー゜)(。_。)ウンウン なるほど・・・。

あの、永遠に続くと思われた強くて巨大な国家ローマは何故に滅亡したのか

これは、非常に読み応えがあって面白い。
ローマの滅亡こそが、教訓となって生かされる国家論ではないだろうか

巨大なローマは富を集中し繁栄を謳歌したローマ市民は、次第にその欲望を肥大化させ、労働を忘れて消費と娯楽レジャーに明け暮れるようになり、節度を失って放縦と堕落への衰弱の道を歩みはじめた。
まさに、繁栄の代償・豊かさへの代償と呼ぶべきものなのか

ローマ帝国各地から繁栄を求めて流入する人口によって膨張し続け、適正規模を越えてしまった。コミュニティは崩壊した。
適正規模の町内会で情報(回覧板など)を伝達していたものが、一気に膨れ上がった町内会では、規則を守れない自由を履き違えた輩も出てくる。団結を誇った町内会も、蟻の一穴が命取りになる。町内会は崩壊すると、規則が規則でなくなり、ゴミ置き場はカラス一族の食卓になってしまう。

面白いのは滅亡の原因とされる有名な「パンとサーカス」のはなし。

ローマ市民は戦争やその他の理由で土地を失い、経済的に没落し事実上無産者と化して、市民権の名において、救済と保障を要求するようになった。シビル・ミニマムの要求である。

救済と保障を要求する市民に金持ちや政治家は群がった市民にパンを与えた。
人気を得るために・・・。無秩序に与え続けた。

いままさに民主党は無産者に対して7万円の最低保障制度をつくろうしているし、生活保護を受ける人は年々増加の一途をたどっている。まさに政治家は人気取りでパンを与え続けようとしている。

特にいま、話題の大阪市には15万人の生活保護者がいる。まぁ平たくいえば、市民の18人に1人の生活保護者数を誇っているのである。自動的に振り込まれてくる生活受給費でパチンコやら低俗なお笑いにうつつを抜かしているのであろう。

非難する私も・・・無産者になる時期が来る。その時は先陣を切って門前にたむろしてパンを貰おうと大声をだすのかも知れない。わが身は可愛いのであります。

そこにサーカスが登場する。

マンフォードによると皇帝クラウディウスのときすでに、公共の費用で催された競技や見世物は93日になり、公の休日は159日に及んだある。そして、それらは時と共に増え続け、競技日は175日になり、休日は実に200日を越し1年の半分以上も祝祭日として認めた。
無償で手に入るパンと娯楽を与えるサーカスで、人々は働く意欲を失っていった。
繁栄と福祉の絶頂に達したと錯覚したローマ社会の芯は腐り始め、ローマ人の魂は衰弱しローマは滅亡していった。

いま、まさに日本は滅亡したローマ帝国を反面教師とすることが出来るのであろうか
公務員は国民が汗水流した税金を搾取して高給取りとして、この世を謳歌している。代議士とは金の成る木なのであろうか・・・足腰の立たない老体であっても、のうのうと高給を手にしている。
こんな世の中が続くわけがない。

年金の受給者も無生産者である。
優雅な生活を望めば望むほどに国は滅びていく。

37年経ったいま、先見の明を持った論文は主張が正しかったことを証明しようとしている。
腐りきった政治家がいる限り、タンス預金を貯めこむような悪代議士がいる限り、日本の自殺はすぐそこに来ている。

・・・と、私は思った。

|

« 45万人? 想像つかないが | トップページ | 神は私を見捨てた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

戦前の政治家は立派だったんだろうか?そうとは、私は思えません。

何がいけないのか、強いて言えば、GHQから押し付けられた憲法、そしてその下の法制度、加えて選挙制度がおかしいんだと思います。それらすべてが、日本の国柄を全く踏まえていない、絵空事でできているからです。

20年位前までは、戦前の教育を受けた人達が現役だった。それで、制度がおかしいのを、なんとか世の中のありとあらゆるところで精一杯カバーしていってたんじゃないかな、と想像しています。

マスコミは何かと言えば官僚を批判していますが、これも大間違いだと思います。優秀な官僚群があってはじめて国は動くんであって、それを支えるエリート教育も非常に大切だと思います。そもそもマスコミこそ、明治以来、勉強もまともにしていない阿呆の集団じゃないですか。

地方分権もそうです。いまの状況でお金を地方自治体に与えて、まともな地方行政ができると思えますか?

投稿: とんぼ | 2012年2月27日 (月) 02時05分

cancer
とんぼさん こんにちは。

長文です。お許しを・・・

どんな政治家が良いのでしょうか

「無」であれば、西郷隆盛であったり、私を捨てた小村寿太郎や高橋是清であれば、良いのでしょうが、政治家はおしなべて権力にしがみつきサル山のボスになりたがります。
サル山のボスになるために、悪代官となって蓄財して餅を振る舞う。この構図は、脈々と受け継がれ、日本の将来を考えるより金集めに必死です。
有権者は見返りが欲しいから、政治家に寄付をいっぱいする・・・中国の賄賂社会を批判できない。
天に向かって唾を吐くようなものです。

年金制度にしても、30年前からこのままの制度で行くと20年・30年後には年金が支払うことが出来ないと問題提起されていた・・・が、政治家はわが身が可愛いから、余計な問題に首を突っ込みたくない いつも先送り 先送り・・・が、今になってしまった。

それだって、公務員の給料は下げますよ!議員の定数を削減しますよ!だから消費税を上げることを許してください
まるで、国民が納得するような美味しい話をして・・・予測する結果として
公務員の給料を下げることは出来ませんでした
議員の定数削減も先送りします。
しかし、消費税10%はすんなりと通過します。

いまも、むかしも政治家のやることは変わりません。
あの政治家は、毎朝駅前に立って演説をしていた!だから偉い政治家だって・・・
演説する時間があるんだったら街のゴミ拾いでもしてみろ!と、言いたい。

憲法改正も自民党政権で何度もチャンスがあったのに、提起したら次の選挙で負けるかも知れないと先送りしてきた。ほんとにヤル気があるのかどうか疑問だらけだ。
9条の憲法改正をする前に憲法改正する手続きの為の憲法改正をしなくてはいけない。
尖閣諸島が乗っ取られるかも知れない時に、何を考えているのか・・・

今の政治家は、いったんリセットしたほうが良い
参議院は即廃止してもらいたい。必要の意味が分からない。
これこそ税金の無駄遣いが参議院だと思っています。

地方行政・・・
地方議会はバカの集まりだと思います。そんなところに自由裁量のお金を与えてなになるのでしょう
それこそ、出身地域からの要請で金がバラ撒かれるだけです。

場所は忘れましたが、被災地の住民が住む場所を丘の上にしたいと・・・それこそ一刻にも早く決めないといけない話にNOと突きつける議員って何が反対なのか
楽天OBの方が私財を投じ寄付したことで落着したが、政治家としてのメンツはあるのかと?

投稿: いもがらぼくと | 2012年2月27日 (月) 16時28分

政治家とお金と汚職はつきものでしょう。明治の昔から、というより
もっともっと太古から。大なり小なり、事業を営む中でも色々な雑費と
いうものがかさむんですから、政治家となれば...
西郷さんだって、寄って来る人間に酒食を振る舞ったり、金子を都合したり、
とかなりの支出をどこからか賄っていたはずです。
要は、どこから集め、何に使うかにけじめのある人ならいいんです。
そういう志のある人や団体を、社会的に力のある方達がもっと応援し、
育ててほしいですね。米国の大統領選の報道では、誰がいくら選挙資金を
集めた(だから勝つでしょう)というのは腐敗の極みだと思います。

短期では子ども手当(移民促進策ですよね)、そして中期では
スパイ防止法、そして憲法改正の準備を整えることが緊吃の課題だと思いませんか?

投稿: とんぼ | 2012年2月28日 (火) 00時14分

cancer
とんぼさん こんばんは。

こども手当はどこに落とし所があるんでしょうかね
満額の代わりに消費税をバーターでとなるのでは

いまでも、震災後の失墜した景気のなかで、いま以上に買い控えがが来ることでしょう

スパイ防止法は社会党が必死の形相で反対したのを覚えています。
個人の自由が奪われると云うものでしたが、スパイ天国の日本では国益がフリーパスで盗まれている現状。
沖縄の反対派にはスパイを送り込む支那から多額の金品が流れていると云う話もある。これをスパイと
云わずになにを云うのか


日本国憲法第96条第1項は、憲法の改正のためには、「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」とある。

私が生きているうちは、まぁ無理でしょうね。


投稿: いもがらぼくと | 2012年2月28日 (火) 19時53分

>こども手当はどこに落とし所
とりあえず、国籍条項を設けて外国人への支給を停めてほしいですね。
出産率もかなりちがうんじゃないでしょうか?日本人の人口が減る
ところに、ターボをかけて移民を増やすようなものですよ。
また、これをエサに、闇社会が連携して来てほしくない外国人を
呼び込んでいることは想像が難くありません。これらすべては、
「地球市民」とやらの戯言の元に行われているんでしょう。

スパイ防止法を潰したのは朝日新聞とも聞いてますね。
でも、どうでしょう?
ところで、TPPの報道を見ていると、日本のサヨクというのは、
実は親方が読売と同じ米国じゃないかと感じました。
そりゃ、普段は半島や中国の意見の代弁ばかりですが、それは、単に
そういう地域出身の人間がサヨクの中枢を占めているからで、
本当の司令塔はGHQ統治時代以来、米国の一部なんではないでしょうか?自分が日本を統治するとしたら、何を利用して、どういうふうに行いますか?

投稿: とんぼ | 2012年2月28日 (火) 20時58分

今 活躍したいとおもっていても活躍する場所がない
きっと この先の延長にストレスがおおきい儒教をバックボーンとした文化もうすれ、 餓死者までだす社会までおちた
罪はおかすものは基準もくづれ

ここにきて資本主義は崩壊し始めている
社会と活躍する場所のずれ、、親の年金で食べる40歳は
私も50歳ちかくだが米はもらっている、
今の60歳以上の人たちの貯金がなくなったら日本はおわりかな
自殺者がふえるのはわかる  二宮金次郎こそ 必要な人物だとおもう 。

投稿: アンクルジョー スユア | 2012年2月28日 (火) 22時33分

cancer
とんぼさん おはようございます。

アメリカのスパイとして隠然たる力を持つことはA級戦犯でありながら、戦後の政財界の黒幕として活躍をした人の力をみれば自ずとわかってきます。アメリカを含めて敵対する中国・ロシアなどは、誰を攻めて懐柔すれば良いかは当然の成り行きですね。

最後は金の延べ棒で政界を追いやられた大物代議士も北朝鮮でハメを外し・・・と、云うより孫と同じ年頃の絶世の美女を用意され動画・画像で脅迫されたと聞きます
人道的援助の名のもとに・・・情けない

投稿: いもがらぼくと | 2012年3月 4日 (日) 07時13分

cancer
アンクルジョー スユアさん おはようございます

いまこそ農耕民族として田畑を切り開き自給自足を目指すべきではないでしょうか

イワンのばか を人生のバイブルとして
目を覚ますことは大事だと思うのですよ

投稿: いもがらぼくと | 2012年3月 4日 (日) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 45万人? 想像つかないが | トップページ | 神は私を見捨てた »