« 文藝春秋「日本の自殺」考 | トップページ | 私に影響を与えた1冊 »

神は私を見捨てた

Vitz

すでに2メートル以上も積み上げられた雪の壁で旧国道を往来する車の音は雪に吸収されて静かだった。それでも、ネオンの消えた夜の10時を過ぎると往来する車は極端に少なくなる。この時間帯から深夜にかけて活動する除雪車が主人公となる。

その夜も、10時に仕事を終えた彼女は、深々と降り続ける雪をみあげて、また積もりそうだな・・・とため息をついた。駐車した車にかぶった雪を払うことを考えると、まったく嫌になっちゃう。と、思ったという。

車のエンジンをかけて道路に出ようとすると、雪の壁がじゃまになり左右が確認できない。車の往来がないことを祈りながら、慎重に注意深くノロノロと車の先端を道路に出す。ようやく運転席から左右が確認できるとハンドルを切って自宅方面に車を走らせた。

雪の日のいつもの光景です。

降り続く雪でワイパーが激しく動き、ワイパーに負けじと必死にへばりつく雪は飛ばされないで窓に付着し雪の塊となってフロントガラスの小さな氷山となって形を変えていく。

車の往来が少ないからっと云って、いつ何時に、雪の壁の隙間から突然に車が飛び出してくるかも知れないとの恐怖を感じていた。

その瞬間は・・・
やって来た。

時速30キロ~40キロで走行していた。
突然、黒い車が雪の壁で遮られた隙間から現れた。それも大胆にも大きくはみだし飛び出してきた。目の前に現れた黒い物体に、運動神経の良さが発揮されたようで・・・

思いっきりブレーキを踏んでしまった。(ブレーキがロックされてしまった)
雪道走行での急ブレーキは命取りです。・・・、あとは野となれ山となれ・・・で、制御不能に陥った彼女の車はブレーキをかけたにも関わらず、氷と化した雪道をスピードをグングン増してカーブを描いき対向車線に飛び出して行った。

いつもなら、夜の10時過ぎ対向車線に車なんて走っていないのに
この夜は、チョット事情が違った。
旧型であるがトヨタマークⅡが視界に飛び込んできた。
減速することもなく、彼女の愛車は人間魚雷となってマークⅡめがけて体当りしてしまった。

車は大破です。
修理が出来ると云う範囲を超えてしまい、スクラップとなって運ばれた。
メチャクチャになった車のドアをこじ開けて彼女は出てきた。
それも無傷で・・・
不幸中の幸いと思うしかない。

対するマークⅡはと云うと、ボンネットは捲れ上がりエンジンから白煙が猛々と噴き上げている。自力では動かすことが出来ないほどの重症を負ってしまった。
結果として廃車になった。

2台をマジックのように一瞬のうちに廃車にしてしまった。
みごとな雪の手品です。

警察への事情聴取に保険会社への連絡・・・そして、なによりも代車の手配をおこなった。時計は深夜0時をとうに回ってしまい。ほとほと疲れてしまった。

時計の針を戻すこと3年前。

彼女は新車を手にした。ピカピカに磨き上げられたトヨタ・Vitzを見て満足であった。
中古車ばかり乗っていたので、久しぶりの新車に有頂天だった。
丁寧に・・・乗らなくちゃ!と、心に決めた。

そんな時に友人から、新車なんだから車のお祓いを受けた方と良い!と、云われ、そうだね。事故らないようにお祓いを受けよう!となった。

車のお祓いでは地元では、有名な神社に行ってお祓いを受けることになった。
境内に車を置いて、神装束に身を包んだ神主が祝詞を上げ、御幣で車の隅々まで撫でていった。もうこれで、この車は神の領域となって守ってくれると・・・思った。

お祓いが終わり、静かに頭を垂れて神主が社殿を昇るのを見ていたら、三段目か四段目で神主が大きく撥ねた。何かに躓いたのであろうか、コケてしまったのです。
笑うに笑えず、静かに見ていたが、転んだ神主を見て嫌な予感がした。

はたして、この車のお祓いは大丈夫だったのかしら・・・と。
友人は、このことを察して「神主がコケたことで、この車の悪い部分を身代わりになってくれたのよ」と、楽天的であった。そうであって欲しいと願った。

それから、半年後に災難はやってきた。
雨の降る朝、仕事にでかけようと車に乗り込んでワイパーを動かすと、キーコキーコと云って変な音がする。良く見るとワイパーのゴムの部分が無くなって金属だけのワイパーになっていた。誰の仕業だ!と思いつつも
「なに~これ~」と、思いながらも雨の中をワイパーのない状態でスタンドまで辿り着きワイパーを交換した。

そしていつかは

買い物で止めたショッピングセンターでは、鍵穴がこじ開けられドアノブが壊されて車上荒しにあって、車内がメチャクチャになっていた。バッグを置いていなかったのが、せめてもの幸運だった。

それから、半年もしないうちにフロントガラスが割られた。警察によるとこれも車上荒しの手口だと聞いた。

車のお祓いで神主が転んだことを冷静に分析すべきだった(笑)
とんでもない不運な車が私のところに舞い降りてきた。
おかげで、自動車保険で車両保険までつけることになり、保険が高額になることは辛い。

そして、極めつけは廃車の道へ直行する事故であります。
3年間、お祓いを受けたにも関わらずトラブル続きのこの車は廃車となって鉄くずになってしまった。
それでも、いつも、純真無垢なこの体が無傷であることが幸いでもある。

次なる車は、同じくトヨタのパッソ。
お祓いを受ける予定はない・・・断言された。 

お祓いを受けたことで、この程度ですんだと思うべきなのか悩むところです。

|

« 文藝春秋「日本の自殺」考 | トップページ | 私に影響を与えた1冊 »

人間ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

なんて言っていいか わからないけど、
吉兆のゆめがあるように、ふせげなことはある
私は2回悪いことがおきると、無理して献血をし
血をながすと悪いことがおきない 

さすが3回なると 好転する  依然実家にかえったとき
高速で前方に駐車灯をつけている乗用車があり
その後ろをはしっていた
その車をトラックはよけるとおもっていたら トラックはそのまま
乗用車につっこんだ  通りすぎる瞬間  すごい音とともに
クルマの部品がちらばった  4人のっていたので
災害にまきこまれなかったが 1分から2分 あるいは30秒かもしれないけど 自分らまきこまれなかった事故、家でも、車でも引き寄せる陰と陽はある  住まいでも何度も不幸があるのは不思議だけど  私はクルマには1年に一回 洗車して日本酒で車を清めるようにしたら ぶつける事故はへった  ぶつけられるのは
4年で2回  加害者が申し出てくれている
効果あるかも

投稿: アンクルジョー スユア | 2012年3月 8日 (木) 00時09分

cancer
アンクルジョー スユアさん こんばんは。

(゜ー゜)(。_。)ウンウン なるほど。
もうこれは運命を背負っているとしか思えない。

そんな経験がある。
若い時に社会人となった私は彼女が出来、わが母校でもみせようと鹿児島に乗り込んだ。
旧友たちと鹿児島の名所城山に上り、しこたま飲んでタクシーで市内に戻る途中に事故にあった。
山から麓まで螺旋状に降りてくる途中で、乗り込んだタクシーのブレーキが故障してブレーキが効かない!と、叫び声を聞いて門塀に正面衝突した。
眉間から大量の血を流したが・・・
幸いであったと思う。一つ前か、一つ後のカーブだったら谷底にまっしぐらだった。

悪運?
かも知れない。

投稿: | 2012年3月 9日 (金) 19時42分

私は転勤族です
よーくかんがえると 転勤するときは一見わるいようにみえるが
あとからかんがえるとよかったことはある。
新潟地震も 原発も  茨城の地震もなぜかさけられた
極めつけは当時、社宅は使いまわしだった社宅は同じ会社の人が引き継ぐ  転勤したあと、その社宅のひとの2階の住人がガス自殺をした。 茨城のときは引っ越したあと2階の人が心筋で一人でしんでいた 隣の人は難病になった
転勤、引っ越しするたび、会社を恨むがでも悪くはころばない
人で苦労するとき 数年に一回ある その時がくるしいが
転勤というう行為はわるいことから引き離してくれる 不思議
だから きっと悪いことのなかに いいことはある
事故もおかねはっかるが、けがであるけなくなったとかではないからビッツのひとは運がいい。

投稿: アンクルジョー スユア | 2012年3月 9日 (金) 22時44分

こんなことってあるんですね。
おかげさまで、とことん難儀な目に遭ったことはないのですが、
このお話は短編小説のような展開ですね。

ところで、鹿児島ご出身だったんですね。
出張で鹿児島に行ったときは、城山のホテルに泊まってました。
朝のバイキングが目当てでした(^ ^;
ホテルまでの道中、きつい傾斜のまま狭くなるところがいくつもあったように記憶してます。

投稿: とんぼ | 2012年3月11日 (日) 10時32分

cancer
アンクルジョー スユアさん こんばんは。

因縁の場所に行っても身を守る、何かが・・・
見守っているんですね。
転勤を利用して教えているのでしょうか

それは、背後霊と云われる霊なのでしょうか
きっと、この先も事前に教えてくれるかと思います。

投稿: いもがらぼくと | 2012年3月11日 (日) 20時22分

cancer
とんぼさん こんばんは。

桜島を眺望するには、やはり城山でしょうかね
曲がりくねった道は・・・ほぼ絶壁です。

城山の登山口にはセゴドンが自決した洞穴があります。
学生時代のマイ・デートスポットは南州墓地でしたね(笑)

いつの日か、月照上人ゆかりの清水寺に行って
セゴドンと月照上人を偲びたいとは思っています。

投稿: いもがらぼくと | 2012年3月11日 (日) 20時27分

>桜島を眺望するには、やはり城山でしょうかね
ああ、そうそう、あのホテルの大浴場はガラス越しに望める桜島でした。
いつもモクモクと煙をたなびかせていました。

月照上人、知らなかったので、wikiで検索してみました。なるほど、
錦江湾に入水したんですね。

幕末史は無知なんですが、昨月、山田風太郎の明治モノを文庫本でほとんど読みました。
明治の近代日本はやっぱり薩摩と長州で作られたんですね。山本権兵衛、川路利良、すごく好きですねえ。それにひきかえ、森有礼、痛い奴ですね(^ ^;

そうそう、ご近所のお家のおばあさんが東京から来ていらっしゃるんですが、
出身は会津(商家だったらしい)で、実家の離れに戦中は大山巌さんの息子さんの一家が疎開しておられ、
もっと昔には、親戚の新宿の家作のひとつに一時期西郷従道さんが住んでおられたとか。
身近に日本近代史のコアの部分を感じられて、ビックリしました。

投稿: とんぼ | 2012年3月14日 (水) 00時50分

cancer
とんぼさん こんばんは。

大山巌に西郷従道ですか 凄いですね
それこそ、セゴドン一家のお出ましです。

初代警視総監の川路利良もセゴドンに抜擢され、司馬遼太郎「翔ぶが如く」の冒頭のシーンに川路利良と桐野利秋が対峙する場面があります。
示現流の遣い手の桐野利秋がセゴドンに迷惑を掛けたら、たたっ切るぞ・・・

南州墓地のセゴドンの隣に桐野利秋のお墓があります。
いまでもあの世でセゴドンを守っているでしょうか

山田風太郎と云えば、何といっても「人間臨終図鑑」が良いですね。
人生最期の場面が伝わります。

投稿: いもがらぼくと | 2012年3月14日 (水) 21時12分

おもしろそうですね、「人間臨終図鑑」。
近々に読んでみます。

投稿: とんぼ | 2012年3月16日 (金) 12時10分

cancer
とんぼさん こんばんは。

死に際って難しいですね
幽体離脱は念願なのですが・・・

まぁ、せめて辞世の句ぐらいは書いておきたい

座右の銘にしたいほどの
なかなか面白い本かと思います

投稿: いもがらぼくと | 2012年3月18日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文藝春秋「日本の自殺」考 | トップページ | 私に影響を与えた1冊 »