« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

小さな町にビッグダディがやって来た

P_miyazaki_08_001

ビッグダディなるドキュメント番組があるようだが、一度として見たことはない。
大家族の話だと聞いた。器の大きな父親となるのだが、なんでビッグダディと呼ばれるのかわからない。

そのビッグダディが、私の育った田舎に引っ越してきたようです。
宮崎県日南市油津・・・とくれば紛れもなく私の育った風景が広がります。
それも、私の実家から自転車で10~15分ほどの距離に引越ししてきたようです。

近くに住む弟からの電話ではじめて知った。

油津と云えば遠洋漁業の港として小学校のころの社会科の本にその名がでていた。
いまでは漁港としての地位は近在の漁港に主役の座を渡し、油津港は港湾の広さを利用して大型船の停泊やら石油コンビナートや物流の基地として港の風景も様変わりしている


Kosiki

港としては大きいので大型船が停泊できる。
沿岸を護る海上保安庁の巡視船「たかちほ」の母港であるとおもう。
私が小さい頃は巡視船「こしき」が母港として停泊していた。

日南市(油津と飫肥が合併して出来た)
油津のお隣の町には九州の小京都として人気のある城下町「飫肥」があり、何年かに一度は世界に誇る豪華客船「飛鳥」が寄港して関西方面からの観光客を乗せて来る。

野球への興味は薄らいだが「広島カープ」と「西武ライオンズ」がキャンプを張っている。
プロ野球のキャンプ風景を眺めるのも良い。陽光を浴びオニギリを頬張りながら日長な1日が過ごせます。

海上自衛隊 護衛艦「ひゅうが」が油津港にやって来た
http://youtu.be/Q7WuiMaiaB8

海上自衛隊 掃海隊群が油津港へ入港
http://youtu.be/W8gVdtVOrEI

いまでも台風が来る度に、NHKのニュースでは日南市油津では最大瞬間風速◯◯メートルを記録したとでる。小さい頃は台風銀座と呼ばれ、台風が近づくと父親は納屋に仕舞った板を取り出し窓と云う窓を外から板を打ち付けて強風から守っていた。

子供心に、台風が嬉しくて板で打ち付けられた窓の隙間から灯りが差し込み、薄暗くなった部屋でキャーキャーと騒ぎ、台風が来ると必ず停電になるので部屋の隅々にロウソクを準備した。台風を喜ぶ私がいた。

また太平洋岸で発生する津波情報でも「油津港」は必ずでてくる。
海抜3~4メートルであろうか、低いので日南市は、津波が来るとひとたまりもない。

Odotsu

油津は港町で海水浴場はないが、お隣の町「大堂津」の浜辺は海水浴場として地元では人気がある。ゆっくりとした波が押し寄せ、サーフィンにも適している。
海の中はどこまで行っても遠浅で泳ぐには最適の浜辺だった。
大堂津の夏の浜辺は太陽が放つ灼熱で熱したフライパンのようで裸足で歩けなかったので海辺まで藁が敷いてあった。異常な熱さだったが今ではどうなんだろう。

6~7万人のそんな小さな田舎の町が「ビッグダディ」が目玉となって、これで過疎化の進む街も観光地になりそうだ。ひと昔は新婚旅行のメッカとして人気のあった日南海岸が復活するかも知れない。

日南海岸が詳しく載っている「日南海岸散歩
http://www.natsuzora.com/iris/index.html

ただ気になるのは・・・
ビッグダディはテレビ朝日系と聞いた。宮崎のテレビ局にはテレビ朝日の系列はない。
果たして地元のテレビでビッグダディを見ることは出来るのか?
CATVがあるから良いのか・・・。

|

動物の本能は・・・

土曜日のEテレ。

Icarly

楽しいドタバタコメディ「iCarly.com」を見る。
いつもトラブルの原因を作るサム・パケットのファンです。。
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/icarly/

引き続き「地球ドラマチック」~動物は何を考えているのか?~を見た。
これが、たまらなく面白かった。

地球ドラマチックのサイトには

「本能のままに生きているように見える動物たち。彼らは何かを考えて行動しているんだろうか…。ユニークな実験を通して、そんな疑問を解消!動物の“思考”を徹底検証する。

動物に“モラル”はあるのか? 2匹の犬に「お手」をさせ、片方だけに褒美をあげ続ける。犬に不公平という感覚はあるのか。ネズミは、見知らぬ仲間が、おりに閉じ込められて窮地に陥っているのを見て、助けようとするのか。また、動物の“決断”の秘密にも迫る。ハチの群れは、離れた場所に2つの巣箱があるとき、より条件の良い方を選んで巣作りをする。群れは、この“決断”をどうやって下しているのか。」

餌のある檻の中にいるネズミと餌のない檻の中にいる見知らぬネズミがいる。
餌のない檻には中からは開けることが出来ないが、餌のある檻からは開けることが出来る。

餌に近づいたネズミは・・・餌が目の前にあります。
食べれば餌を独占できます。
ところが、餌のある檻にいるネズミは餌に手を出すこともなく、自然な行動として餌のない檻の中にいるネズミを招き入れるために鍵を開けて救い出し2匹で仲良く餌を食べる。

ビックリした。
ネズミは本能的に共有意識があるのかも知れない。
子孫繁栄のために飢餓を避け、仲間を少しでも多く維持することを感じていたのであろうか

55545_2

う~んと考えさせられたのが犬のお手であった。
1匹の犬に30回連続にお手をする。
犬も機嫌よくお手をして楽しんでいる様子。

次にお手をしていた犬の横に別な犬を連れてきてお手をする。
しかし、連れてきた犬にはお手をするごとに餌をあげることにする。

最初に犬には、そのまま相変わらずお手をして餌をあげない。
後から来た犬には、お手をすると餌を与える。

そのお手の状態を続けていると、なんと・・・。

餌が与えられない最初の犬は突然、お手をすることを拒否してきた。
何度となく、お手をさせようとするが、頑としてお手をしない。
ストライキです。

お手をしているのに、何で俺には餌くれないのだ?
餌の与えられない犬はふてくされ「人間との信頼関係が崩れた!」と思ったのでしょうか

犬の感情が垣間見えた。ニャンコはどうなんだろう
餌を共有することはないだろうな・・・。わがままだし。犬のように飼い主の顔色をうかがうことはない。ニャンコは強制が嫌いなのである

| | コメント (0)

筆王 宛名を改行する秘策

 

33354_2

会社では社長交代と云う大事なイベントを控え、高級感のある封筒(ペルーラ)を用意して案内状をだすことになった。
すべてのアドレスは筆王に残されている。

筆王を起動させ洋2サイズの封筒を設定して表面・裏面の書式や大きさを決めていくと
ここで厄介な問題が発生した。

洋2の印刷範囲が非常に狭い。
裏面の画面を呼び出し会社の住所位置を決めようとすると印刷範囲では位置が定まらずましてや、プリンターの基本設定では洋2の表面印刷は出来るが、ダイヤ貼りした裏面は印刷不可となっている。ダイヤ貼りの閉じるところがヒラヒラと開いていては印刷も出来ない。

■ 裏面での差出人住所が印刷範囲が狭くて所定の位置に収まらない
■ ダイヤ貼りの閉じるところが開いていて印刷できない。

解決策
□ 裏面での差出人住所を表面で差出人住所を設定して上手く行った。
□ ダイヤ貼りの閉じる面をマスキングテープ並びに仮止めテープを貼って
  ヒラヒラと動かないようにした。

これで300枚に及ぶ差出人住所は完璧に印刷した。
やれやれで第一関門は突破した。

最大の難所が表面で待ち受けていた。

書体はHGP祥南行書体。柔らかい毛筆系の書体です。流れるような文字で良いな・・・。
住所も宛名もしっかりとサイズを大きくしたい

「ここで問題が発生した」

表示設定から「文字サイズの調整」で、宛先住所の文字サイズや宛名の文字サイズ変更は個別にやれる・・・が、あくまでも目安であると書いてある。

宛先住所は3段階に分けて改行できる。
そのために宛先住所の文字の大きさはさほど問題なく進められた。

問題は宛名である。
宛名には改行設定がない。
なのに、長い宛名・・・例えば
株式会社イトーヨーカドー上越支店 みたいに長い宛名は宛先住所に比べて半分ぐらいの大きさになってしまう。それに「御中」なんてのも付け加えるので、改行の出来ない設定である宛名は、なんだか長い線のように細くなってしまう。

ネットで「筆王 宛名の改行」で検索しても、これと言った解決策はなくて、連名を利用すればと書いてある。
これでは、筆王も使えないなと諦めていた。

フッとある閃きがあった。

選択した宛名を同じ画面上にコピー&ペーストすれば良いのではないかと思った。
やってみた。
ペースト出来て喜んだ。
ペーストした宛名部分を削除して「株式会社」と書き加えれば良いんだと喜んだ。
やってみた。
ペーストされた宛名を削除して書き換えると、元の宛名までも書き換えられてしまった。
苦労も水の泡となり
嘆き悲しんでいる私がいた。

ところがまた閃き神が降りてきた。

adobe Illustratorを開き「改行したい宛名の部分を作り」Gifで
保存した。(とても面倒だけど)
保存したGif画像を摘んで筆王の表示画面に落とした。
表示された♪
\(^o^)/

長い宛名をひとつずつ表示させ、その度にIllustratorで作って行った。
テスト印刷してみるときれいに改行したかのように印刷された。

しかし問題が・・・
上手く行ったはずのGif画像の効果は疑いの余地はないのだが
落とした宛名のGif画像はすべてのカードに適用されていた。
がっくり。

でも、ここで落ち込んではいけない。
宛名のGif画像は上手く行ったのだから、改行の必要な長い宛名に適用したらすぐに印刷すれば良い。印刷したらすぐに印刷マークをOFFにすれば問題は解決する。

長い道のりだったが、2日で解決した。
相変わらずネット上では「宛名が改行できない」悩みをお持ちの方がいる。
解決策として、このブログを読んでくれれば良いのに・・・と思う次第です。

あ~~疲れた。

| | コメント (2)

波止場で起きた事件

Kamome

笑える話。

友人が彼女を誘って人気の惣菜屋で手作りの幕の内弁当を買い込み
海を見ながらランチタイムと洒落こんだ。

いまの直江津港は、許可無く港湾に入ることは禁止されている。
海のない長野県からの釣り人が昼夜を問わず防波堤に入り込み、釣るだけならまだしも食い散らかした飲み物や食べ物を放置し、挙げ句の果て絡まった釣り糸や針を放り投げてさっさとお帰りになる。

あとは、カモメが残飯処理を行う・・・が、投げ捨てた釣り糸やら針がカモメに絡まり飛べなくなったカモメが海を漂っている。

そんな訳で港湾の入り口には鉄柵が張りめぐされ鉄条網が二重三重に鉄柵を乗り越えられないようになっている。

そんな一般車出入り禁止の波止場に向かった友人と彼女。

港湾を作業される方の通行のために半開きとなった港湾(波止場)の入り口をやすやすと通行し、波止場に駐車。海を眺めカモメに弁当をおかずを食べさせ、二人の会話も絶好調となり波止場に駐車すること2時間ほど・・・
佐渡に向かうフェリーも見たし、ご満悦で笑顔のお二人。

「さぁ、帰ろうか・・・」
「ガストでお茶でも飲んで行こうか・・・」と、鉄柵で半開きになった港湾の出入りに向かった。

そこで悲劇は起きた。

半開きであった鉄柵の門がガチャンと閉められ、手の平ほどの南京錠が掛けられ、閉じ込められてしまった。どうすることもできません。大声で叫べど人気のない波止場です。
彼女は半狂乱になり、着ていたカーディガンを振り回し助けを呼ぶが応答なし。
涙目になった彼女は、それでもカーディガンを振り回している。

時間は刻々と過ぎていき、かれこれ1時間が過ぎようとしていた。
「朝まで誰も来なかったら、もうどうしよう 」と云う彼女の声を遮り携帯を開く、意を決し、不法侵入で説教を覚悟して110番に電話をしようとした時に、門に向かって来る車を発見!二人して手を回し助けを呼んだ・・・ヘルプミーとね。

門の前に停車した車のドライバーは、なにやら携帯を取り出し電話をしている。
話が終わると、やおら車から出てきて「困りましたね」のひと言。
「私も、用があってこの波止場に来たのですが閉まっていますね」

でも・・・
大丈夫ですよ。
波止場の奥で私どもの会社の人間が仕事をしていますから、いまから呼びましょう
待つこと10分ほど、波止場の奥から車が走ってきた。

落ち込んでいる二人を見てニヤニヤしながら南京錠を外した。
牢屋から開放された二人は、お礼もそこそこに車を走らせたと。

港湾事務所の方が、出入り禁止の波止場に入り弁当を食べていることに腹をたて、
悪戯しようと鍵を掛けたのではと話し合ったそうです。 その時の彼女の言い分は「黙って鉄の門を閉め、カギをかけるなんて卑怯よ・・・」。出入り禁止の波止場に入って美味しい幕の内を食べたことに対しての「ごめんちゃい」は、なかったようです。

二人の性格が良く出た事件でした。
極限の場面で相性良し悪しが分かったことでしょう
お幸せに・・・。

笑った。笑った。涙が出るほど笑った。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »