« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

肉体は滅びても魂は永遠に

死後の世界はあると信じています。

公益財団法人日本心霊科学協会の創立に携わった宮澤虎雄著「死後の真相」には、

  • 人間の本体は魂であり、人間が地上で生活している間は肉体に入っているが、肉体の死の際に肉体から離れ、生前そのままの個性と記憶を持って霊界で生き続ける。
  • 現界と霊界とでは通信できる。
  • 人間の地上生活は祖先や他の霊魂の霊界における心境に非常に影響される。
  • 人間は厳として因果律の下にあり、自分の思想、行動に対し生前、死後を通じて責任を負わされる。
  • 人間は霊界においても永遠に進歩向上を続ける運命を課せられている
  • 万有は宇宙大精神の発現である。

こう記している。

滅多にTVを観ないが寝る間際に観ることがある。
だいたいそのまま寝てしまうが、横になって2~3分で夢の世界を彷徨っている。

6月26日。その日は会社がお休みで預かってきたexcelのデータ処理に四苦八苦していた。お昼になりオニギリを持ってテーブルに座り、何気なしにTVをONにすると
ピンク映画の巨匠山本晋也監督がアップで映しだされ東大病院の東大救急部部長 矢作直樹先生をインタビューされていた。

その時の映像です。

科学の聖地でもある医療に携わる医者が霊魂の存在を肯定し、肉体は滅びても魂は永遠に生き続ける。まさに心霊学徒の真骨頂です。
すぐにFacebookに矢作直樹先生を検索し友達の承認をお願いし承認され友達として先生の日々を学ぶことが出来る。

2013

矢作直樹先生の著書である「人は死なない」をamazonに注文した。もう4日も経つが送付したとのメールは入ってこない。amazonには注文が殺到したに違いない。
友人もamazonに注文したが在庫切れで断られたようだ。

| | コメント (4)

ウイルスソフトの偽物にご注意!System Care Antivirus

20130518

呼び出された。
訳の分からないアンチウイルスソフトが消えない!と。

OSはWindowsXP

画面にはウイルスを検知したぞ~と高らかに表示した画像がド~ンと居座っている。
インターネットブラウザのIEやFirefoxもロックされ起動すらできない。
何分にも長年親しんだアンチウイルスソフトESET(NOD32)が機能しないようにロックされている。

コントロールパネルを開きプログラムを隅から隅まで探すが
System Care Antivirusなるプログラムを探すが見つけることが出来ない。

ソフトが格納されているprogramfileを調べるが該当するフォルダがない。

デスクトップにショートカットキーが表示されているので右クリックしてリンク先を見ると
Documents and Settings\All Users\Application Data\475381FB9833・・・・・・・
と30桁にも及ぶ見慣れないフォルダが見つかった。
削除するにも削除できない。

ここまで来るとあとは、「ファイル名を指定して実行」にregeditと入力、
¥HKEY_CURRENT_USER¥software¥Microsoft¥windows¥CurrentVersion¥RunOnce
の中に「475381FB9833・・・・・・・」を削除する。

か、

パソコンを再起動を行い、メーカーロゴが表示されたら「 F8 」をタイピングする。
画面が変わり、「通常通り起動する」などの表示の中で一番上にある「セーフモード」を
クリックする。

画面はセーフモードの画面になる。
画面の四方にセーフモードで起動しているぞ!と表示され、デスクトップにあるアイコンが拡大されて表示される。

その中で
Documents and Settings\All Users\Application Data\475381FB9833・・・・・・・
を探しフォルダ「475381FB9833・・・・・・・」を削除する。
これは簡単に削除できる。

System Care Antivirus
PCを乗っ取り金銭を騙し取るニセのアンチウイルスソフトです。
決してクレジットカードの番号を打ち込まないように。

下記の更新を行えば大丈夫のようです。殆ど自動で更新の案内があります。

1.Javaを最新版に更新すること
2.Adobe Reader を最新版に更新すること
3.Flash Player を最新版に更新すること
4.Windows Update の自動更新を行うこと

詳しくはSystem Care Antivirus
に書かれている。一読してください。

くれぐれもご用心あれ。

| | コメント (0)

「イソヒヨドリ」 バードウォッチング

Photo

職場の木々に定住している野鳥を発見した。
近づいても逃げる気配がない。
見たことのない野鳥だったのでデジカメで撮って野鳥図鑑で確認すると
「イソヒヨドリ」の♂と分かった
一人ぽっちで嫁さん候補のメスを探しているが、滅多にみない野鳥なので♀がいるのかどうかすら怪しいものである。

いつも同じ場所を止まり木にして四方を眺めているので、その回りに輪切りにしたミカンやらバナナを置いて様子を見たが果物には一向に目もくれない。
これがメジロだったらミカンを嗅ぎつけて、あっと云う間になくなるのに・・・などと思ったが期待は外れた。

飛んでいる羽虫をプレゼントするのが一番言いのだが、目に見えない羽虫は捕らえることは難しい。

そこではた考えた。

バームクーヘンを千切って木の周りに置いた。
2時間ほど経って木の周りに行くと8片ほど置いたバームクーヘンは無くなっていた。
これはしめた♪と思った。
餌付けの一歩です。

次の日もバームクーヘンを8片ほど千切り撒いた。
あとで見に行くと蟻が集っていた。
なんだ、イソヒヨドリ君ではなくて蟻がせっせと巣に運んでいたのかと、少しガッカリした。それにしても蟻にしては巨大なバームクーヘンの塊を良く運んだなと感心もした。
まぁ、蟻でも良いんです。

ところが3~4日経って、いつもの場所にバームクーヘンを置こうと思ったら、イソヒヨドリ君が待っていた。8片ほど置くと怖がることもしないでバームクーヘンを2片ほど口に咥え巣に帰っていった。
最近はも一緒にやって来る。パートナーを見つけたようです。
巣にはヒナでも生まれたのでしょうか
甘いバームクーヘンで子育てが出来れば嬉しい。

Photo_2

最近はスズメほどの大きさで羽根や体が黄色い野鳥も飛んでくる。マヒワと呼ばれる可愛い小鳥です。デジカメを構えるが逃げられたので日本野鳥の会から拝借。

Photo_3

ムクドリも群れをなして飛んでくる。

バードウォッチングに嵌りつつある今日このごろ。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »