« 2013年7月 | トップページ | 2015年4月 »

IEの傲慢な態度が嫌なんです

Xp_2

トラブルの相談があった。
XPの時はなんら問題がなかったのに・・・と。

愛してやまない大好きなXPが居なくなっちゃう
XPを内緒で匿っても良いですか?

XPを産んだ親が、XPは飽きたから捨てようとしているんです。
我が子を捨てるなんて何て親なんでしょう
代わりに七子をあげるから、七子を可愛がってよ と云うんです。

XPを捨てても良いんですか
許されるんですか? ときた。

滅多に拗ねることもなく、あれほど優秀で良い子良い子の優等生であったXPが、
何故にこのような目にあわなくては行けないんだ。

XPの兄貴であるMEは病気療養中だったのも関わらず、急かせられ退院させられた。
MEは完治もしない病気持ちで動きが相当に悪かった。
亀さんのようにノロノロで疲れてくると、すぐに倒れこみ回復するのに時間がかかりすぎた。
MEを誰も抱き上げようとはしなくなったので父親のビル・ゲイツは頭を痛め、MEをシアトルの病院に隔離したんです。

MEを人知れずに隔離したので、みんなは心配したのですが、新しく生まれたXPをお願いします!と、何度も何度も頭を下げたのです。
ビル・ゲイツがこれほどまでに頭を下げるから、みんなは、その優しさにXPを迎え入れたんです。

ビル・ゲイツは云ったんです。
XPは最高傑作です。
もうこれ以上の子どもはいないと思います。と、断言したんですよ。

その舌の根も乾かないうちにXPは飽きたから、みんなXPを捨てて下さいと云うんです。
ビル・ゲイツって嘘つきなんですね。
頑丈はXPがこのまま、みんなの手先となってこの先何年もXPを可愛がると、XPからの仕送りがなくなりビル・ゲイツは小遣いが減ってしまうんです。
小遣いが減ることに危機感をもったビル・ゲイツは、奥の手を出してきたんです。

これ以上、XPを可愛がるとウイルスに掛かるよ!と、ネガティブな発言をしてきたんです。あんな良い子だったXPがウイルスを持ってくる訳ないじゃない。
ビル・ゲイツは可愛い我が子のXPと小遣いを天秤にかけて小遣いを選んだんです

で、トラブルとは。

可愛がったXPはgmailの手紙と一緒に付いてきた秘密を書類を、やさしく開けて呉れたのが、余り可愛くない七子になったらgmailの手紙に一緒に付いてきた書類が頑として開けようとしないんです。
七子って意地悪しているんでしょうか?

とのトラブルでした。

原因は、いつも高飛車なIEの仕業だったのです。

IEは相性が悪いのでしょうか
いつもトラブルを引き起こします。

まさしくIEは「大男総身に知恵が回りかね」で、想像以上に大きいIEの奴も困ったもん
IEのおかげでどれほど迷惑をしているか

小回りが効かず動きが遅い
座り込んだら、どんなに焦っていても顔を見せない
この野郎!って殴りたくなるがIEを水先案内人にしている自分が悪い
早く、IEを解雇してペットとして狐でも飼ったほうが良い

たいがいのトラブルはIEが絡んでいる
同じ文章を沢山用意して欲しいと頼むが、何故だか1枚目でエラーをすると
エラーをそのまま放置するので、まともな2枚目3枚目が順番待ちで動けない

まるで渋滞に巻き込まれた車のようです。
先頭が解決しないとスムーズに流れない

切り札として「一時ファイルの削除」をお願いしないとエラーは永久に続く
これもIEの問題意識が低いために起きる現象だ

遠くにいた狐を三顧の礼で迎えました。
IEと違って狐のフットワークは軽いです。
何の問題もなく秘密の書類を開けることが出来たのです。

ちなみにXPはまだまだ手先として使えます。
何の問題があるでしょう。

ビル・ゲイツも発表する子どもたちは飛び飛び評判が悪いですね
BTOメーカーはいまでも七子をメインに販売しています。
それだけ七子の要望が強いと云うことでしょうね。

| | コメント (0)

春はあけぼの

Sun001_2

冬の間は方角も違って太陽を拝むことはできなかったが
春の足音と共に東の空が赤く染めた。久しぶりのあけぼのです。
やはり、まん丸い太陽を目の当たりにすると元気が出ます。

これから夏に向けて、あけぼのなんてやさしい表現は影を潜めます。
東を中心に南の空・北の空まで取り込み、空一面を真っ赤に染める
燃えるような空が広がります。
・・・が、ご来光としての日の出はあっと言う間です。

Sun002

太陽が顔を覗かせると、真っ赤に染めていた空は潮が引いたように消え去り、東の空には、生まれたばかりのまん丸い太陽がポツンと浮いています。
手を伸ばせば届きそうな太陽は、オギャーと生まれるとすぐに眩しくなります。

その点、ロマンチックな夕日は、別れを惜しむようにゆっくりと、人々の脳裏に刻むように落ちていきます。
落ちると云えば 冬の句ではありますが

木枯らしや 海に夕日を 吹き落とす  夏目漱石

木枯らしをみなみ風に変えると春っぽくなるでしょうか
夕日が落ちる春の海はキラキラして眩しい感じがします。

春の海と云えば
握ってくれる回転寿司に行くとサヨリがありました。春の魚なんですね。
下の口先が少し長く貴婦人のように細身な魚。

32001

幼少の頃に住んでいた町に流れる河口には、太陽の陽を浴びてキラキラと輝くサヨリが群がっていたのを思い出します。

きらきらと 雨は磯打つ さより舟      草間 時彦

|

ねこダルマ♫

東日本大震災の復興祈願でみた木製のイースターエッグに誘発されて
知り合いの木工職人にお願いして作っていただいた。
木の卵のイースターエッグ。
絵の具に苦心しながらも何となく雰囲気が出てきたような気がする。

001


福を呼ぶ「ねこダルマ」と名づけて宝くじ売り場に置いてもらおうと
お願いして置いてもらった。

この宝くじ売り場は超有名な宝くじ売り場で3年に1回は3億円を当てて
すでに3億円の当たりは5回を数える。

002

003


今回のサマージャンボ宝くじで3億が出ると「ねこダルマ」も
一躍有名になる。
そんな夢を抱きながら描いた「ねこダルマ」

ブログ再開を祝し
福が来ますように。
( ^_^)/□☆□\(^-^ )

| | コメント (4)

« 2013年7月 | トップページ | 2015年4月 »