« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

今日でお別れ の哀しい思い出

ラジオから「今日でお別れ」が流れてきた。
女の哀しい性を絞りだすように歌いあげる菅原洋一の歌は悲しみに満ちている。
特に「今日でお別れ」を聴くと、あの日のことを思い出す。

30年ほど前。

私はファッションを演出するデザイナーに生地を提供する繊維商社に勤務していた私は南青山を拠点に活躍されているデザイナーからサンプルの依頼がありデザイナーのアトリエに足繁く通った。1着分のサンプルを手にするとデザイナーは「あの方のイメージには合うわね」と仰った。
あの方とは・・・芸能人であろうか、しかし聞いたことのない響きだった。

程なくして、デザイナーから先日の「あの生地がとても良かった」ので20㍍ほどお願いします。と注文が入った。

20㍍ほどのの生地は1反にもならず使われない在庫になるかも知れないリスクではあったが、デザイナーの要望には出来るだけ応えるようにとの会社としての判断があった。

デザイナーには少量でも切り売りすのは、会社としては販売促進の一貫として小ロット多品種で面倒ではあったが精力的に売り込んでいた。
芸能人のステージ衣装を手がけるデザイナーが惚れ込んでくれた生地は芸能人のステージ衣装となりファッション雑誌を飾ることもある。
ファッション雑誌に載ると生地の大量販売に道筋が出来る。売れ筋の生地となってファッションメーカーから大量の注文がはいる。大体こんな流れになる。

かくして20㍍の生地はデザイナーの手に渡り仮縫いの日が決まった。
デザイナーから連絡をいただき仮縫いに立ち会うことになった。
ワクワクした気持ちでアトリエを訪ね、とても緊張した覚えがある。

仮縫い室で若林加奈(仮名)さんは大きな鏡の前でいろいろとポージングされていた。見事なプロポーションに衣装がキラキラと輝いていた。仮縫いのために接ぎ目の部分に虫ピンが刺さっていたが若林加奈さんが天女に見えた。

若林加奈さんはモデルの仕事をされTVにも良くでていると聞いた。
TVを見ない私は若林加奈さんが載っている雑誌を何冊か購入して若林加奈さんが載っている画像を切り取り会社のデスクの前に貼っていた。

出来上がった衣装はファッション雑誌を飾り、生地はファッションメーカーから注文が相次ぎ売れ筋になった。若林加奈さんは以前より増してファッション雑誌を飾っていた。

いつしか私も生地から染色に異動になって、若林加奈さんのことは脳裏から少しずつ薄くなっていた。


夏の喧騒を演出していた浜辺は、秋の足音と共に人の気配が小さくなり静まり返っていた。

若林加奈さんは人気のいない浜辺に佇み、ラジカセにセットしたカセットテープを聴いていた。カセットテープはエンドレスに設定され繰り返し繰り返し同じ曲が流れ涙を誘っていた。

若林加奈さんは号泣し溢れる涙を拭くこともせずに別れを告げようとしていた。
若林加奈さんは、エンドレスで流れてくる「今日でお別れ」を聞きながら、立ち上がると静かに靴を脱ぎ、書き留めた別れの言葉を認めた手紙を靴の中に納め、振り返ることもなく海に向かって歩き出して行った。

若林加奈さん
辛かっただろうに、悲しかっただろうに、
誰も助けてくれなかったのだろうか

一報を聞き涙がこぼれてきた。
悲しが膨れ上がり部署を離れて行き来がなくなったがデザイナーに電話をした。
デザイナーは泣いていた。

この曲を聴く度に若林加奈さんを思い出さずにはいられない。
美しかった若林加奈さん。仮縫いでお会いした天女のような若林加奈さんを忘れることは出来ない。

■□□ 追記
「今日でお別れ」菅原洋一でなく、ファンだった水原弘で「今日でお別れ」を載せました。

| | コメント (0)

S字結腸ガンの手術後 3年の経過報告

抗がん剤ゼローダの服用が終わり、造影剤を入れたCTスキャンに血液検査を3ヶ月に一度行い、年に一度は大腸の内視鏡検査が待っている。
3年目を迎え、今のところは順調のようだ。

病院側が手術の是非を確認する5年生存まで2年になった。
5年生存すると病院側の勝利と云うことでしょうか。
それにしても、お腹に4つの小さな穴を開けての腹腔鏡手術でS字結腸の大きな塊を取り出すのだからビックリした。

手術は成功して良かった。ただただ執刀医に感謝している。
お隣の県であるが群馬大学医学部附属病院でなくて良かったと心底思った。

ガンのレベルがステージ3aだった事は決して楽観できないが、ここまで転移もなく推移していることは嬉しい。

後遺症ではないが手術後に大きく変わったことがある。

S字結腸をそっくり取ってしまったので排泄する便を溜める場所がなくなり、排泄を送り出す大腸と直腸がバイパスで近道になってしまった。
今までは大腸と直腸の間にS字結腸があり、排泄物が一旦休憩する場所が無くなったことは体調の変化に現れた。

この年まで1日1回のトイレで用を足していたのが、数珠つなぎの排便が渋滞を起こしてしまい頻繁にトイレに行くようになった。
出しても出しても「早くトイレに行け!」と催促してくる。
これには困った。

トイレに行って、スッキリして出てくると1時間もすると勝手にオナラが出てくる
音の出ないオナラで匂いも殆どしない。
オナラによって次の排便が降りてくると云った感じになる
オナラの回数で次の排便の時間がだんだんと判るようになった。

それを我慢していると酷い時はお尻の穴に強烈に痛みが走る。
これはトイレを我慢してお腹が痛くなるのとは全く違う
お尻の穴が痛いんです。
激痛が走るんです。
もう、トイレに駆けこむしかないのです。排便を行うと、さっきの痛みは何だったのかと思うほどに痛みは消えていきます。

いまでも排便は1日に最低で3回。多い時は6回は行きます。
そして決して少量ではないのですが、結構な量が排便として出すのですが
ダイエットには繋がりません。

手術後に執刀医に太りますから気をつけてくださいねのご忠告が・・・
忠告を無視した形で8㌔も太ってしまった。
もう見るも無残な体型です。

自己管理ではダイエット出来ないのでラクトフェリンに頼っている。
まだ効き目はないのですが・・・。

大腸・S字結腸ガンの手術後 3年の経過報告です。

| | コメント (10)

不倫にレズビアン? 世の中は花盛り

妙高山(2454m)は日本海から迫ってくる雪雲を正面から受け止め上越に雪を落としている。列島改造論で一躍時の人となった田中角栄は上越市民の雪対策の陳情に対して妙高を10㍍ほど削って雪雲を長野の方に行かせようか・・・と云ったとか。

ヨッシャヨッシャの田中角栄であれば、あながち嘘ではないだろう。
実現可能に思わせるところが田中角栄の人間像で逸話には事欠かない。

芽吹きの香りが漂う風薫る
雪解けが進み、冬の間葉っぱを落としていた木々にも産毛の緑が眩しく光る。
妙高山の眼下には市民憩いのいもり池が広がる。水面には睡蓮が顔を出し、カエルの合唱が聞こえてくる。

Dscn0083

何かが始まる
生を受けた虫たちは風に乗り空高く舞い上がり、子孫繁栄の使命を背負って旅立って行った。そんなのどかないもり池に仲睦まじい二人がやって来た。

二人は肩を寄せ合いしっかりと手を握り微笑みながら池の淵を歩いている。
遠目にも黒い服に身を固めた若い方は男性だと思ったが、化粧した顔に胸の膨らみで女性だと分かった。
黒い服の女性は年の頃なら25~26歳。お母さんと思しき女性の方は40代であろう。

評論がはじまった。

「ねぇ。あの黒い服の人は男性?女性?」
「女性よ。親子じゃない?」
「エ~!親子であんなに肩を寄せあって手を握るか?」
「それもそうね」
「仮に親子で手を握っている時って、引っ張るような感じになるんじゃないか」
「そうね。あんなに寄せあって手は握らないな」
「レズビアン?」
「そのようね」

一致した意見であった。

そして仲睦まじい二人は・・・
多分こんな会話を交わしているのではないだろうか

「さっきは良かったわ。まだ身体が火照っているわ」
「明るいところでやるのも久しぶりだけど、とても感じたわ」

「俺も良かったよ。お前は淫乱そのもので貪欲だな」
「いや!淫乱にさせたのはあなたよ この指が私を狂わせた」

「指だけじゃないだろう 俺の舌はコップに入れた蜂蜜で鍛えたから」
「もう~ナメクジみたい」

「もう離れたくない。旦那と別れてどこか一緒に逃げたい」
「ねぇ 早く抱かれたい」
「ねぇ・・・」

40代の女性は若い女性に身を委ねるように肩を寄せ合っている。
その姿は二人の親密な関係の深さが伝わってくる。他の意見を寄せつけない強さが新緑の香りに乗って伝わってきた。

身を委ねる40代の女性は、愛の奴隷になっているのかな
若い女性は凛とした姿勢で愛を受け止めている。

妄想は膨れるばかりで留まる所を知らない。

つい先ほど、新緑に映える山並みを眼下に見下ろす赤倉観光ホテルのラウンジでお茶を飲んだ。ラウンジは絶好のロケーションにある。遠目には北アルプスの繋がった尾根を見ることが出来、目の前には斑尾が迫り、眼下にはマンモスがいた野尻湖が広がる。霧がかかると雲海が漂う。癒しの空間で飲む紅茶は至福な時間になる。

誰にも邪魔されたくない・・・そんな時に

目の前のテーブルに60歳を越したカップルがケーキセットを召し上がっていた。
定年を迎え、支え続けた長年の苦労を報うための旅行に赤倉観光ホテルは選ばれたのかなと感慨に耽っていると、やおら女性のかたが「○○さん!朝の朝食はどちらにしましょうか?」すると男性のかたが「そうですね。和食のほうでお願いできますか?」と、応えられた。

エ~~~
○○さんって苗字を呼んだよ。
それに、・・・お願いできますか?だって

夫婦で他人行儀に喋るか~?
仲の良いご夫婦だと思っていたのに。
何?これって不倫旅行?

早速、隣に座っている最強の星を持つ丙午B型の女性に確認すると
「仕草から夫婦じゃないって思っていたよ」
「60過ぎたこの年代の不倫って、夜はねちっこいのかな?」だって。

さすがに丙午B型女性の発言はストレートです。

| | コメント (0)

朝の蜘蛛? 夜の蜘蛛?

素朴な疑問が持ち上がった。

Kogane_2

昆虫ブログ むし探検広場

その前に・・・。
夏になると小学生の時分、竹やぶに入りヤマグモを探していた。
ヤマグモとは一般的にはコガネグモとも呼ばれているどっしりとした姿にタイガース模様をしている。
ヤマグモが大好きで5匹ほどのヤマグモを家の周りに巣を張らせ蜘蛛屋敷と云って母を困らせていた。
蜘蛛は益虫で家の周りに巣を張ればヤブ蚊も捕獲するだろうし、隙間から入ってくるムカデすら容赦しないであろうと思う。

仕事が早朝から始まるので私の起きる時間は早い。
3時5分に携帯の目覚ましが起きろ!と喚くので起きる。

そこで
3時10分。

机の上を足早に歩く細いアシダカグモを発見する。

--------------ここで朝の蜘蛛・夜の蜘蛛の話を思い出した------------------

■ 「朝の蜘蛛は殺すな夜の蜘蛛は殺せ」
■ 「朝の蜘蛛は福が来る夜の蜘蛛は盗人が来る」  などと云われる。

吉兆説 古墳時代の貴人・衣通郎姫と言う人が、
「朝、蜘蛛が笹の根本で巣を掛けるのは、待ち人の来る吉兆だ」と詠っている

益虫説 朝の蜘蛛は、これから巣を張って、害虫を捕ってくれるから。

害虫説 夜の蜘蛛はそのまま巣を作るから。

王の言葉説 朝、つまり鉄器を作り始めの産鉄民はまだまだ殺すには早い、夜、つまり鉄器を作り終えた産鉄民を殺して品物を奪え、ということ。

などと蜘蛛に纏わる迷信かも知れないが古人の云い伝えがある。

さてここで問題です。素朴な疑問でもあるのですが・・・。

3時5分に起きてアシダカグモを発見する。

この時の蜘蛛は出勤するから朝の蜘蛛?

まだ周りは夢の中を彷徨っているの時間なので夜の蜘蛛?

蜘蛛は大好きなので殺すことはしませんが
吉凶によってはストレスの度合いが違ってくる。

| | コメント (0)

おしぼりを食べる

20数年前になるか、戸倉上山田温泉に住む先輩から新築祝に呼ばれたことがあった。
その時、先輩が笑いながら「今日はこの辺りに名物なんだが、古くから伝わる珍しいものを食べよう!」とあるお店に入った。

座敷に通されキョロキョロと部屋の中を見渡すと「なにこれ!」が貼ってあった。
「おしぼり(小)」「おしぼり(中)」「おしぼり(大)」とあった。

おしぼり?
あのコップに入った水と一緒に出てくる、あの「おしぼり?」と理解に苦しんだ。
笑い話のひとコマである。

知り合いのお母さんがうどんを食べたい!
うどん!か~。脳裏に電球が灯った「おしぼり」が浮かんだのです。

早速、お母さんを乗せて、それじゃうどんを食べに行きましょう。
一路、高速に乗る。

おしぼりと云えば戸倉上山田温泉に割烹「琥珀」があるのですが、あいにくとお休みでした。ネットで「おしぼり」で検索すると、戸倉上山田温泉のお隣の街におしぼり専門として山間の里に「かいぜ」なるお店がヒットした。

この地区で「おしぼり」と云えば同じものだろう!と「かいぜ」に向かうことになった。長野ICを軽井沢方面に流れる。枯れていた冬山は春の息吹で生まれたてのキラキラと輝く産毛のように光っていた。山はみどり鮮やかに移りつつあった。

Kaize

静寂な佇まい「かるぜ」情報誌より

目的の坂城ICを降りると沿道に「かいぜ」の小さな看板が道案内をしてくれた。
狭い幅員であったがのどかな風景が広がる高台に「かいぜ」の店はあった。

民家を改造したような素朴な建物が迎えてくれる。
たくさんの林檎の木に囲まれたお店です。

突然山羊がメェ~と寄ってくる。
うさぎが大きな箱のなかで5羽ほどくつろいでいる。野草がいっぱいでうさぎの餌には困らないだろうな。

眼下に広がる林檎の木を眺めてうどんを食べる。
何と云う贅沢なひとときであろうか。

メニューを見ると、しっかりと「おしぼり」と書いてある。
勝手知ったる「おしぼり」を注文する。
「おしぼり!を並2つ・大盛り1つ」

お母さんが、まさか手を拭くおしぼりじゃないよね。
と笑いを誘う。

お待ちどうさま!やって来ました。
「かいぜ」のおしぼり!

Osibori

お膳の上にはザルに乗った手打ちうどんにミキサーで一気に搾った超辛い大根の汁が入ったどんぶりにお好みで付いてくる味噌・かつお節・ネギの三点セット。

箸で大根の汁が入ったどんぶりを舐めてみる。辛い!(;O;)涙がでる。
大根のどんぶりに辛味調整用?で三点セットの味噌を溶かしながら自分好みの汁にして、手打ちうどんを召し上がる。
これが「おしぼり」の食べ方です。

Mouse

この地方特産のねずみ大根は2~30センチほどで超辛い大根として有名です。
ねずみのように尾っぽがある大根を搾る これで「おしぼり」の出来上がりです。
決して・・・手を拭くおしぼりではないのです(笑)

六卓あるテーブルは満席で、周りのみなさんを眺めてみると赤みがかった顔をされています。辛いのなんの辛いんです。
また辛味を味噌で補うのですが、この味噌が大根の辛さを甘くしているのです。
美味しいんです。

お母さんは、こんな辛いうどんは生まれて初めて食べたわ。
でも美味しかった。
この辛味が癖になるんでしょうか
800円。

のどかな風景を愛でながらおしぼりを頂いてきました。
ごちそうさまです。
帰りは松代に寄って、これも長野の名品柏餅「みそあん」を買ってくる。
小布施では花を5鉢ほど購入するが枯れないように祈るばかりです。

Miso

| | コメント (0)

春日神社で赤マムシを発見!

Kasuga

上杉謙信の本丸春日山城の鬼門(北東)を護る春日神社はひっそりと佇んでいる。

平氏の流れをくむ長尾景虎(謙信)は、藤原氏の流れをくむ上杉氏を相続して名実ともに越後の大将になります。春日社は藤原一族の氏神さまとなりますので、藤原家と関係の深い神さまが主祭神のようです。
上杉謙信が平氏の流れを組むことは、豊臣秀吉のように仮に天下を獲っていたとしても征夷大将軍にはなれなかったと云うことですね。

上杉謙信の人物像は諸説あって神仏を敬う女性と云う説もあります。
お風呂に入る時に配下の者を側に置かなかった。側女も置かずに妻帯をしなかったとある。まぁ女性であるならば、あの重い鎧や刀を身に付ける、豪快な女性であったと云える。
上杉謙信を護る春日神社は風間宮司によって日々日の出とともに参道・階段・境内・本殿は掃き清められ、木の葉一枚落ちてないほどのきれいな神社です。
伊勢神宮のあの清められた参道と同じぐらい澄み切った空間が漂っています。

私の住んでいる地域の氏神さまとして春日神社には良く参拝します。
だいたい静寂な時間帯にお参りに行くことが多く、宮司が木の葉などを吹き飛ばすコンプレッサーを肩に担いでいらっしゃる時にお会いします。

この日も、90段ある階段を体の重みで足腰が悲鳴をあげている。それでも息を切らして境内に辿り着き、天津祝詞を上げて祈念します。

Unnamed

Akamanusi

木の葉一枚落ちていない階段を下ると宮司さんにお会いしました。
挨拶をして参道脇の小さな側溝に目をやると5センチほどの塊が見えたのです。
それも赤銅色の縞模様をしています。

「蛇かな?」
「蛇の赤ちゃん?冬眠から目を覚ましたのか」と思ったのです。
「宮司さん! これは何でしょうか?」
「あ~ 蛇のようですね」
「今は産卵の時期なんでしょうかね」
「これは赤マムシの赤ちゃんですね」

あの、強烈な滋養強壮剤で名高い「赤マムシ」ですか!
「はははは・・・宮司さんは笑って、そうですね」「そのようです」

「神社で蛇を見つけると良いと聞いたことがありますが、どうなんでしょうか?」
「蛇は神さまの使いとも良いますからね」
「良いことがあると良いですね」

マムシはいろいろと見てきましたが赤マムシを見たのは初めてでした。
赤マムシの赤ちゃんがいると云うことは、この参道脇で覆い茂った杉林は赤マムシの群生地ではないのか。チョット肝を冷やしたが、蛇は金運を呼び込んでくれるし、神さまのメッセンジャーでもありますから、今日の参拝は大吉にします。

| | コメント (2)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »