« 友人の病名は「鬱病!」 | トップページ | カツオの煮魚 »

NHK ラジオ文芸館 藤沢周平「秘密」

 

Shigure_2

NHK ラジオ文芸館で藤沢周平「秘密」を聴いたが肝心な場面で席を外し聴きそびれてしまったのでブックオフで探し新潮文庫「時雨のあと」に収録されている「秘密」を読んだ。
由蔵は代を譲って隠居生活をしている。
天気の良い日は切り石に腰をおろし日長な時間を過ごしていた。76歳になった由蔵は手足が衰え杖がないと歩くことも困難で耳も遠くなっていた。

その日は、代を譲った康次郎の女房おみつが髪を結ってくれた。由蔵は髪を結っている時にある女の事を思い出していた。

「あの女は誰だったのだろう?」

由蔵は思い出そうとするが、頭の中が混乱して分からなくなってしまった。
切り石に座りぼんやりと2~3間先を眺めていると、若気の至でたった一度の悪事を思い出していた。

由蔵は小さな筆匠鶴見屋で手代をしていた。
毎日、外回りに出かけお得意さまに注文の品をお届けに上がり、次の注文を頂いてくる。また新たな得意先にも精を出し寺院や画商をはじめお屋敷などを顔なじみになるまで門を叩き、筆や和紙の注文を貰ってくる。真面目な性格で主人や番頭の受けも良かった。

ひっそりとしたお屋敷に品物を届けた時に門番にいた中間に声を掛けられ、思いもかけない賭事に引き込まれた。
「お茶でも飲んでいかないか」と誘われ、喉が乾いていた由蔵は屋敷の一角で行われていた賭場に足を入れてしまった。見た以上はただで帰すわけには行かない!と脅され、花札を手にした。

賭事に負けた由蔵に反省はなかった。
由蔵は負けた悔しさが募り、外回りで時間を作っては賭場に足繁く通うようになった。
賭事に夢中になった由蔵は、住み込みの部屋に戻り丁稚奉公から爪に火を灯すように努力して少しずつ貯めてきた柳行李の中に手を入れてガックリとうなだれた。
貯めてきた3両もののお金が無くなっていた。

それでも由蔵は賭事に夢中になった。
3両を取り戻したい一心だったが由蔵にはある予感があった。
予感は現実となって現れてきた。

中間の辰平は由蔵を連れ出し凄んだ
「さぁ、性根据えて返事しろよ!」
「貸した金が、五両になったのは分かっているな!」
「出来ないことは分かっている!」
「鶴見屋に乗り込み主人に貰うだけさ!」辰平は笑い「明日までに支払って貰う!」と刻限を切った。
由蔵は黙ることしか出来なかった

借金までして博打を続けたことを今更のように後悔した。店に来られては困る。
鶴見屋を放り出され野垂れ死の人生が待っている。

刻限を切られた時間が刻々と近づいてくる
仕事が手に付かない由蔵は自分の部屋に戻ると天井を眺めていた。
悪意が芽生えた。今日に限って幸いにも主人が出かけた。

意を決して震える足を忍ばせて茶の間に忍び寄り、当座の資金が眠っている茶箪笥に手をかけた。五両を手にして梯子の方に歩いた時に確かに人影が目に入った。
確かに女だった。

「わたしは誰にも言いません。あなたも、私に見られたことを忘れてください」
と確かに聞いた。

女の声だと思いだしているのに顔を思い出すことが出来ない。
由蔵は女に見逃して貰った。

それからと云うものは博打とは縁を切り、今まで以上に仕事に精を出し三年後には働きぶりが認められ鶴見屋の婿になった。
ただ、当座のお金で五両ものの大金が紛失したのだから、大変な騒動があった筈であるが無事に乗り切ったことで由蔵の記憶から消えていた。

由蔵はたった一度の悪事を思い出しながら女の顔を思い浮かべた。
鶴見屋の婿になった由蔵の働きで鶴見屋は繁盛していった。夫婦仲は喧嘩もなく円満に過ごしたが16年ほど前に女房のお若は死んだ。

由蔵は死んだお若の事を思い出していた。
あの時、由蔵の盗みを見逃してくれたのは女房のお若だったのだとハッキリ思い出していた。お若は由蔵の盗みを誰にも云わずに由蔵に尽くして来たのである。

お若と夫婦になってお若に一度だけ云われたことがあった。
「あのとき廊下でチラッとみた女の姿がお若だった」と知ったが、今のいままで女の事を思い出すことはなかったが、たった一度の悪事でお若を思い出した。

夫婦仲が良かったのは、誰にも云えない二人の秘密があったことがあったのかも知れないと思った切羽詰って手を出した盗みをお若が秘密にしてくれた。仲が良かったのはお若が由蔵を愛していたんですね。

由蔵の人生をお若が助けてくれた。夫婦は二人三脚なんだと思います。

|

« 友人の病名は「鬱病!」 | トップページ | カツオの煮魚 »

文芸」カテゴリの記事

コメント

いい風情のお話ですね。

今日は夏至だったようで、もう夏至なのかと驚くとともに、
う〜ん、これから少しづつ日が短くなっていくのかと
梅雨明けと盛夏を前に妙な気分(笑)

大腸の方は東京で医師やってる友人と電話で話し、
心配なら9月頃にもう一度ファイバーをやってみれば?とのこと。
ちょっとした違和感も気持ちのものがあるらしく、なんか人間の体って
いい加減なものだなあと。
今日も季節の野菜中心の晩ご飯でした(^ ^)

投稿: とんぼ | 2015年6月21日 (日) 22時28分

cancer
とんぼさん こんにちは。

夏至は曇り空で日の出を拝むことは出来ませんでした。
夏至になると同じ気持ですね
足早に冬がやって来るのかと思うとテンションは下がります。

オナラが頻繁に出るのは大腸が活発に動いている
それでもオナラは気を遣います。

不食が評判になっていますが・・・
10日ほど前から夕食を抜いています。ランチを1時ごろに食べると
朝まで何も食べない。思ったほどきつくなく空腹で夜目覚めることもありません。
便の量が少なくなりました。
身体がなんだか軽くなったようで良い感じです。

是非、内視鏡検査を受けてください。
心配は杞憂に終わることと思います。

投稿: いもがらぼくと | 2015年6月23日 (火) 14時07分

関西は今日はおおかた曇りながらも晴れ、
暗くなる頃から少し雨が降りました。

もうすっかり夏ですね。アブラゼミの声を今日は聞きました。

夕食抜き?どうですか?
オニオンスライス1/4個(いまのところ新タマ効果で未晒し)と
大根とブロッコリーの貝割れは毎日食べてるんですが、
携帯の万歩計アプリで目標1万歩を目指してるんですが平均6〜8千歩。
4月からですが、ズボンが緩くなり、お腹が少しへっこみました(笑)
肉はなるべく食べず、週1〜2くらい?カシワと豚も食べてますし、
魚も好きです。でも、私のくらす京都は魚マズイんです。
これだけ交通が発達してもマズイというのは、要求水準がよほど低いままなのかもしれません。本当は美味しいアジの季節なのに...
富山と金沢で魚開眼して、結構辛いです(笑)

ハムとベーコンは断ってます。よほど手作りで昔のように作ってることが
信用できないものはちょっと...

ヨーグルトは摂られてますか?(^ ^)

投稿: とんぼ | 2015年6月23日 (火) 22時53分

cancer
とんぼさん 
お世話さまです。
やはり健康が一番ですね。

夕食抜きは意外とスムーズに行っています。
空腹が極限に来てどうしてもと云う時は砂糖抜きの豆乳寒天が作ってあり
それを食べるようにしています。

大根とブロッコリーに貝割れですか 良いですね
健康って気がします。
玉ねぎはスライスしたアーリーレッド(紫玉ねぎ)の酢漬けが
良いと聞きました

もう2年以上になりましたがお隣の豆腐屋さんの豆乳に大さじ一杯の
すり胡麻(黒)を入れて毎朝飲んでいます。
すり胡麻は50㌘350円の割りと高めの国産です。
健康の源はこのすり胡麻ではないかと思っているんです。

魚は青魚を意識しています。
荒波の日本海です。魚は美味しいですね
友人に遊漁船のキャプテンがいて時折り捕れたてのワラサを頂きます

ヨーグルトは習慣ではありませんがヤスダヨーグルトを飲むようにしています
ヨーグルトの中では一番良いと思うのですが・・・。

投稿: いもがらぼくと | 2015年6月24日 (水) 05時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 友人の病名は「鬱病!」 | トップページ | カツオの煮魚 »