« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »

藤沢周平「本所しぐれ町物語」・・・約束

まとめるのが下手で長文です。

Photo_2

NHKラジオで聴く短編小説を時折り聴いています。数週間前に藤沢周平「秘密」を聴いたのが切っ掛けでブックオフに行って藤沢周平の短篇集の文庫本を6冊ほどまとめて購入した。
「時雨のあと」「雪明り」「闇の穴」「日暮れ竹河岸」「本所しぐれ町物語」「神隠し」どれも下級武士の葛藤があり武士としての面目が描かれていたり、決して大きくない大店の店主が逢瀬に走ったり、裏店(長屋)に住み日々の暮らしの悲哀が散りばめれている。一気に読み進めた。

その中でも「本所しぐれ町物語」はオムニバス風になっていてしぐれ町の日々が描かれ江戸の町並みが広がる。

『秋』でおきちが登場する。

名はおきちと云った。
母親が二年前に死んでおきちが幼い弟と妹の面倒をみている。
母親が死んでから父親(熊平)は飲んだくれの日雇いで日々をしのぎおきちは母親代わりになった。
路地裏の裏店(長屋)に住むおきちは10歳であった。

油売りの政右衛門はおきちの汗ばんでいる手に握りしめてきた古徳利に種油一合の他におきちのがんばりに多めに種油を注いだ。

「旦那さん」
「いいんだ、おまけだよ」
「でも困ります 旦那さん」
「おきちは一瞬、泣き出しそうに顔をゆがめた。そして深々と頭を下げて戸口から出て行った」

後日
おきちの父親が政右衛門の店にやって来て怒鳴り込み
おきちの父親は政右衛門に向かって正論を述べる。

「おまえさん、娘が一合の種油買いに来たのに五合計ってくれたと云うじゃないか」
「そう云うことをされちゃ、迷惑なんだよ」
「わっちはね、子供にはひとの物を盗むな、ひとからめぐみを受けるなって言っているんだ。貧乏はしているが乞食じゃねぇや。油がなきゃ、起きてねぇで寝ればいいんだよ」
「今度よけいな情けをくれやがったら、承知しねぇよ 子供のためにならねぇんだよ」

政右衛門は酔っ払っているが熊平の言い分には道理が含まれていると感じていた。

10歳と云えば小学4年生。しかも数えの10歳だから今の小学3年生辺りでしょうか
飲んだくれで稼ぎのない父親に尽くして、弟や妹の面倒を見ている。

ビッグコミックオリジナルに連載されている西岸良平「三丁目の夕日」に時折り、飲んだくれの父親に「酒買って来い!」と云われて、しぶしぶ酒を買いに行き「ツケがだいぶ溜まっている」と店主に嫌味を云われても気丈に振る舞いけなげな小学生の娘が描かれている
三丁目の夕日(夕焼けの詩)とおきちがだぶってみえる。

『約束』におきちの今から起きる運命が語られている。

おきちは弟と妹を寝かしつけると父親の帰りを待っていたが
その夜は夜半を過ぎても父親熊平は戻ってこなかった。
父親を探しに暗い夜道を探しに出る
「どこかで酔いつぶれて寝ているのではないだろうか」と心配する。

熊平がいつも飲んでいる「おろく」まで足を伸ばし覗いてみたが熊平はいなかった。
女将から「さっき帰ったよ あ~それからね」
女将の口からおきちの胸にグサリと刺さる。恐れていたことが突きつけられたのだ
「このごろあんたのおとっつぁんには困っているのよ。古いお馴染みだから来れば黙ってツケで飲ましているんだけど、たまには払ってもらわなきゃ困るのよ」
おきちは謝りながら店をあとにする。

おきちは知っていた。お金がないのに毎日毎日飲めるのか不思議だったが
小さな胸に恥辱感があふれた。
おきちの家では方々からツケ買いをしていた。
米屋・味噌屋・にもツケをしていた。晦日払いでも払えないのを承知してツケをお願いした。まさか飲み屋までツケをしているなんて・・・おきちは涙がこぼれてきた。

酔っ払った熊平は水路に倒れていた。
10歳のおきちには熊平を陸にあげることが出来ずに、暗闇を走りながら助けを求めたが通りには誰もいなかった。必死になって足を引っ張りどうにか引き上げたが熊平はぴくりとも動かなかった。

いつもは規則的ないびきをしている熊平であったが、倒れてからと云うものはいびきが不規則になり大きくなった。意識は以前として戻ってこない。

医者にみせたい。
家には金がない。
白装束の祈祷師は祈っただけで三十文を取られた。
その上に、熊平が倒れたと聞いて、甚五郎なる見知らぬ男がやって来た。
「熊さんのぐあいはどうだい」
「熊さんに金を貸してあるんだ・・・一両と二分 大金だよ 分かるかな」とおきちに攻め寄った。
おきちは、怯えている弟や妹を抱きながら「父親は何のためにお金を借りたのですか?」と聞いた。
父親が博打に手を出していたことは初耳だった。
それでもおきちは気丈に「証人はいますか?」と聞いた。

10歳の子どもが親の借金取りに対して怯まず対応しているのに驚かされた。

見知らぬ男が帰るとおきちは放心状態になっていた。
----こんなにもあちこちに------。借金があるとは思わなかった。

どこかで金を都合して、先ずは父親を三丁目の医者に診てもらうことが先だと思った。
もしこのまま、父親が死ぬようなことがあると、おきちたちはじきに暮らしの金に困り、それだけはない、飲み屋のツケ、甚五郎の借金・近所の借買いはすべておきちに降り掛かってくる。

祈祷師は内緒で金貸しをしていることをおきちは知っていた。
五百文を借りたいとおきちは云った。
祈祷師のおつなは金貸しだが、返済の目処の立たない者には決して貸さない。
おきちは頭を下げている。
おつなは簡単には金は貸さない。ましてや働きも担保のない子供には十文だって貸すつもりはなかった。
しかし、おきちはお願いすると、あとは貝のように口をつぐみ座っていた。
五百文を貸して貰うまでは、ここを動くまいと思っていた。

しびれを切らした金貸しのおつなは云った。
「医者に見せたって無駄だよ おとっつぁんは助からないよ 役に立たない借金はおやめ」
それを聞いたおきちは顔を手で隠してしくしくと泣きだした。それまでおきちの背中で大人しくしていた妹が激しく泣きだした。

金貸しのおつなは「悪かった 言い方が悪かった」「五百文、貸してやるよ」

おきちは借りた五百文で三丁目の医者に診てもらった。
金貸しおつなの言う通りだった。医者はひと通り診たが、薬も呉れずに三百文の金を受け取って帰っていった。
その次の日に熊平は死んだ。

おきちは金貸しおつねに会いに行った。
「大変だったね ひととおり片付いたかね」「子どもたちは・・・?」
「弟は大家さんの世話でもらわれて行きました。妹はまだ小さいので長屋のひとが預かってくれることに・・・」

おつねは云った。
「あんたに貸した五百文は、いずれ家の中の物を売るだろうから、その時に証文を立てに貰うけど良いかな?」
「はい それで良いですけど・・・」
「おばさん またお金を貸してくれませんか 今度は二両です」
「エッ二両?」おつなビックリした。
「二両なんて大金を、子どもあんたがどうするつもりだね」

父親が借金をしていました。
死んだと聞いて甚五郎はすぐにやって来て借金の催促に来ましたが
その借金でご飯を食べていたかも知れません 知らないふりは出来ません
それに、あたしが知らないふりをして、死んだおとっつぁんがみんなに悪く思われるのは可哀想です。

飲み屋のツケ・近所で晦日払いのツケを払おうと思います。
「変わった子だね あんたも」
「まるで大人みたいな事を云って」
「10歳の子どものやることじゃないよ」

貸してやるよ しかし条件がある
その条件で良ければ貸してあげる とおつねは云う。

奉公にでてもすぐにお給金になるわけではない
10歳の奉公であれば、住みこんでおまんまが食えるだけで精一杯だよ
同じ奉公でも二両になる奉公もあるとおきちに説明をした。

おきちは金貸しおつねの条件をのんだ。
おきちは10歳の身で女郎屋に行くことを承知したのです。
這い上がることの出来ない裏の世界に身を投じたおきちは何を思ったのだろう

二両の金をおつねから借りたおきちは、借りた五百文を払い、甚五郎に一両二分を払い、飲み屋のツケや晦日払いになっている米屋・味噌屋・油屋にも払った。

払い終わっておきちは晴れ晴れとなった。
幼い弟と妹とは別れ離れになってしまったが、いつの日か会える日が来ることを念じていた。

おきちの事は自身番でも評判になっていた。
熊平が死んでおきちが借金を精算したと話は広がっていた。
油売りの政右衛門はビックリして二両は私が立替えても良いと発言した。

おきちは安蔵が仲介して新石場の小松屋で働くことになった。
安蔵と云えば女衒ですよ。自身番で話題になった。
奉公先の小松屋は岡場所の女郎屋である。

おきちは二両の借金のかたに身を売ったのでした。
まだ間に合うでしょうか・・・政右衛門は居ても立っても居られなかったが、決まったことを覆すことは無理だった。

風呂敷包みを持つおきちと女衒の安蔵は自身番の木戸まで来て振り返り

「みなさん おせわさまでした」

おきちは一人前の大人のように云った。
そして、言い終わると同時におきちは手で顔を覆い激しく泣きだした。
泣きじゃくりながら木戸を出て行った

見送っていた人々は一斉に涙を流した。


何と言う読後感なんだろう・・・読み終わり胸が熱くなり涙がこぼれた
この後のおきちが知りたい。
女郎であるが身請けされ幸せになって欲しいと願った。

現代におきちはいるのでしょうか
まだ10歳の小学4年生です。

本編では終わりの方でおきちが再び登場する。

| | コメント (1)

閑話休題 集団的自衛権

閑話休題

Annpo

集団的自衛権 容認の是非を問う安保法案が可決された。
日本を護る この一点で集団的自衛権には賛成です。

支那の属国になる可能性があるだけに日本を守りたい。
誰だって平和が良いし、戦争は嫌いです。
しかし唱えているだけでは敵国には通じません
敵国は中国いや支那以外にはありません。

自分の庭や敷地内を許可なくウロウロされても安保法案に反対のあなた方は黙って見ているだけですか。
黙っているだけでは相手に失礼だと思ってお茶菓子を用意して「いらっしゃいませ」と云うのでしょうか。

支那は尖閣諸島は日本の領海だと分かっているのに無断で侵入しています。
黙っていたら1日1日と幅寄せしてそのうちに上陸するかも知れません

尖閣諸島に上陸したら何千本もの五星紅旗の旗が尾根に翻ることでしょう
それでも、黙って指を咥え話し合いで解決すると思っているのでしょうか

支那の覇権主義は世界征服です。
先ずはアジアの統一が目的でしょう。

侵略されたチベットは支那が滅びない限り平和なチベットに戻ることはないでしょう。

学校を作りましょう・鉄道を敷きましょう・病院を建設しましょうと言葉巧みに饅頭をばら撒き、足りなければ資金も無償で援助しますとチベット政府を騙したのです。何年もの経過を経て下地を作りチベットを侵略したのです。

国が行う壮大な取り込み詐欺です。
美味しい話に目が眩み騙された方も悪いのでしょうか
もともとチベット仏教は闘いを好みません。仏教の盲点なのでしょうか
仏教の教えは支那の暴力の前には何の役にも立っていないのです。

いまチベットではチベットの民族浄化に向けてシナリオが着々と進んでいるんです。
チベット族同士の妊娠には中絶を行い、チベット族の女性にはレイプして妊娠させ漢民族の血を入れようとしています。

安保法案に反対するあなたの子どもがいじめにあったらどうします?

いじめが問題になり将来ある若者の自殺が後を絶たない。
いじめは加害者に説明したり、説教してもいじめは収まりませんよ。

100%加害者が悪いし指導する先生が傍観者となっているいじめがもっとたちが悪いと思うのです。しかし、いじめに会う被害者が空手や柔道などの格闘技を持っていたとしたらいじめに遭うでしょうか。
一般的に考えて空手や柔道を習っている人いじめの対象にはなりませんよね。

それと同じで
今の日本は、何の反抗もできないいじめの対象なんです。
いつでも行動できる集団的自衛権を担保することで中国からの圧力は弱まります。

それに何ですか?
民主党は、言葉尻を捉え揚げ足を取ることしか能のない政党であることがわかった。
その上に、民意を代表する議員でありながら対案も出さずガキみたいにプラカードを掲げることしか能のない政党であり、採決するとプラカードを投げ捨てるなんて・・・。
笑っちゃいます。
お願いですから民主党は解党して欲しい。

民主党に20年来の友人がいますが金輪際、友人にも民主党にも投票しない。
恥です。

漫画  ビッグコミックに連載のかわぐちかいじ「空母いぶき」
支那と日本のせめぎあいが・・・描かれている

| | コメント (0)

カツオの煮魚

Katuo

梅雨空が広がり低く立ち込めていた雲が消え去り日が当たると緑が映える公園ではブランコに乗った子どもがきゃあきゃあと笑いを誘っている。

住宅街の一角にある公園の向かいにある民家には看板がなく戸口には縄のれんが風で揺れている。駐車場はなく公園脇に止める無断駐車になるが、人通りも車の通りも殆どない。
同じ住宅街に住む友人からトラブルの依頼があり、はじめての住宅街に足を踏み入れた。トラブルは10分ほどで解決して、お茶を飲みながら雑談をしていると、この住宅街に民家のような食堂があることを聞いた。それも魚料理専門と云うではないか。
お昼の予定がなかったのでお昼を過ぎた1時30分ごろに縄のれんを潜った。

店内に顔を入れると「いらっしゃいませ」と女将さんの声が響いた。
「食事?大丈夫でしょうか?」
「どうぞどうぞ」と女将さん

縄のれんを潜るとカウンター5席の他に小上がりがあり4人がけの食卓が2席あった。
カウンターの中央に腰掛けメニューを眺める。

カウンターの奥にはいま大人気の地元の銘酒「吟田川(ちびたがわ)」と「かたふね」が所狭しと並んでいる。食堂と云うより居酒屋なんですね

「何か定食みたいなものはあるんですか?」と聞く。
「煮魚・刺し身なんでもありますよ」と云われ・・・
「煮魚・刺し身・煮魚・刺し身と悩みながら煮魚!と云いつついや刺し身でお願いします」と刺し身を注文する。

一見の客なので女将さんが「うちの店、何で知ったのですか?」と聞かれる。
確かに、看板のない食堂です。戸口に掛けられた縄のれんを見てふらりと入るには、とても勇気のいる所作です。
同じ住宅地に住んでいる友人に聞いてきた。と云うと「ウンウン」と大きく頷く女将さんです。
「これからもご贔屓してください」と。

刺し身が出てきた。
二人前はありそうな大盛りでマグロ・ワラサ・鯛・アジ・が盛合せになっていた。
「今日、港で入れてきた獲りたてです」
「マグロは佐渡産でワラサ・鯛・アジは近海物で名立産です」
新鮮ではないですか。

美味しかったです。
食べきれないほどの刺し身に心地よかった。

ご主人が云うには
箸袋にも書いてあるように煮魚・天丼・刺し身の順番で得意なんです。
煮魚と刺し身で迷ったがご主人得意の3番目を注文したようです。
それでも刺し身には十分に満足した。

話の流れでご主人も私もカツオが好きだと分かった。
ご主人から「良いカツオが手に入ったら連絡しても良いですか?」とあった。

二日後の日曜日。
花に水を撒いていた朝の八時に携帯が鳴り響いた。
「良いカツオが手に入ったんですよ!」と声が弾んでいた。

そこまで云われて行かない訳にはいかない。
「伺います。」
「カツオはたたきや刺し身でなくて煮魚でお願いして良いですか?」と注文を出した。

看板のない魚料理食堂の縄のれんを潜った。



日本酒と云えば越後の銘酒
幻の銘酒と呼ばれているんです。

吟田川(ちびたがわ) http://niigata-sake.or.jp/kuramoto/108_index.html
かたふね http://rs-maisen.jp/takeda/katafune_f.html

Chibita


| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年10月 »