« B型の丙午~最強です。 | トップページ | 語り尽くせない丙午のB型 »

蓑虫になったトラ猫

 

夜空には南天から西側に移動したオリオン座が輝いている。
冬至を境にまた東側に移動をはじめる。
未だ目も明けやらぬ朝の5時です。

 

12114_2

倉庫に商品の確認に行った。
その猫は奥まった低温室の前でダンボールを布団のようにして覆って顔だけ出して動きを止めて横になっていた。
死んでいるのかなと思っていたので近づくとニャ~オと鳴いた。鳴き声がして驚いた。
ダンボールは台車の下に広がっていたので、もしかして怪我?と急いで近寄りダンボールを取ろうとしたが容易に取れなかった。

台車の下に猫の体が延びていたので台車の車の下敷きになったかも知れないと、先ずは台車を抱えて移動させたが猫はピクリともしないのでどうしたのだろう。

猫はトラ猫で毛並みが良く子どもではなかったが大人になったばかりの顔つきだった。
ニャ~オニャ~オと悲しげな鳴き声に、猫の頭を撫でて「ちょっと待っててね」
ダンボールを取り除こうと指先をかけると指先にベタッとする感触が広がった。

あ~!ダンボールには強力な粘着シートになっている紛れもない「ネズミ取りシート」です。この場所は4~5台あるパレットに30㌔の新米が山積みされていている。
新米を狙って来るネズミ一味を撃退するために仕掛けられた粘着シートが至るところに置いてあります。

その粘着シートに猫がかかるなんて・・・。
それも具合が悪いことに粘着シートが設置場所が決まらずに4~5枚が並べておいてあった。

大人になりかけの猫は猫会議に出席していた親の目を盗んで散歩と洒落込んだのであろう。それとも米蔵に来てネズミ一味を発見したのかも知れない。

猫は思った。

これは手柄だ!得意の忍び足でネズミに近づくと、ダンボールに光るものが見える、経験の浅い猫は思った。この光るものはビニールであろうと、ビニールであれば何も問題はない、一歩足を入れた瞬間にビニールとは違う感触を得たに違いない。
危険を察知して飛び上がったが、時はすでに遅かった。
飛び上がった猫の足にはしっかりと粘着シートがお土産で付いてきていた。

もうそれからと云うものは粘着シートとの格闘で動き回っている間に次から次と他の粘着シートに抱きつかれ万事休すとなった。
まるで木からぶら下がっている蓑虫ではないか、
粘着シートが体中を覆って、自由を奪われ口だけが無事だった。
もう何時間格闘したであろうか、身動きできないこの体で死ぬほど泣いたが誰も来ない。もう声も枯れた。お母さん~内緒で散歩にでてゴメンナサイ!

足音が聞こえる。
話し声も聞こえる。

ニャ~オと泣いた。

人間の声だ。
「どうしたんだ! 粘着シートに捕まったのか!いま助けてやるから我慢しなさい!」と云っている。
嬉しくてニャ~オと鳴き続けた。


これは困った。
ネズミ取りの粘着シートに貼り付いた猫をどうしたものかと、先ずはベッタリと毛に貼り付いた粘着を剥がしていく。近くにいた人に雑巾かなにかに水を付けて持って来てくれるように頼む。
猫に覆っている粘着シートは外したが、猫のしっぽも粘着シートに貼り付いている、まるで猫の標本にようになっているんです。
この粘着シートは強力です。
猫の上に被っているシートは外したが、問題はここからだった。
猫の体はコンクリートの床に粘着シートごとベッタリと貼り付いていた。
これは動けないな。指先ではやりきれないので水で濡らした雑巾を猫と床の間に差し込んで猫の毛を拭きながら外していった。

私にも判断の甘さがあった。
湯沸かし器からお湯を汲んでもらえば良かった。お湯で猫の体を拭きながら粘着を取っていけば少しは良かったかも知れないが水では粘着部分が取れなかった。

コンクリート面から外していく時は猫も相当に痛かったのか鳴き声から怒った声に変わった。それでも剥がさないことには動けない。
剥がし終えると猫は一目散に逃げたが粘着部分が動く度に引っ付いて行くが、我が家に向かって走って行った。
体は粘着が貼り付いたまま行ってしまった。
私も早く粘着シートを取ろうと焦ってしまった。もっと時間をかけて剥がしてあげれば半分ぐらいは粘着を取れたのではないかと反省した。

そこで思った。
飼い猫だったのか、野良猫だったのか・・・。
飼い猫だったら家族はビックリするだろうがお湯にシャンプーでも付けて洗ってくれるだろうが、野良猫だったら明日への命がないかも知れない。

トラ猫の可愛い顔をしていた。
飼い猫であって欲しいと願った。

|

« B型の丙午~最強です。 | トップページ | 語り尽くせない丙午のB型 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B型の丙午~最強です。 | トップページ | 語り尽くせない丙午のB型 »