« 平成29年 あけましておめでとうございます | トップページ

山本周五郎「晩秋」をBSジャパンで観る

Madou

大好きな山本周五郎中短編秀作選集2の「惑う」の中に収められている「晩秋」
と云う短編小説があります。

藩の財政破綻を回避するために、冷酷なまでに年貢の取り立てを厳しい施策を打ち出した用人進藤主計に施策の過ちを諫言し切腹させられた浜野新兵衛を父に持つ娘「都留」は進藤主計は親の仇です。

主君が代替わりして進藤主計の施政が裁かれることになり進藤主計は家老別宅に蟄居され都留が進藤主計の身の回りの世話係を仰せつることになった。
父の怨念を晴らすために懐刀を離さずに隙きを狙っていた。

進藤主計の日々に接するといつしか都留の心に変化が現れる。
礎を造る過程で避けて通れない施政の中で父が切腹になったことを進藤主計が心に深く傷ついたことを知る

原作は都留の想いと進藤主計の想いが交差していたものが少しずつ重なり合ってくる。
涙腺が緩みそうな展開になってくるのです。

そして・・・
BSジャパンで山本周五郎時代劇 武士の魂「晩秋」を観た。
原作のあの素晴らしい心の葛藤が・・・
原作が台無しだった。

進藤主計と都留が碁を楽しむシーンに何の脈絡もなくビックリした
黒装束の討ってが現れれ進藤主計と都留は屋敷から逃げ出し市中を放浪する
放浪中に進藤主計が足軽時代に産ませた娘を探す 進藤主計は足軽出身だったのかと感心するが原作には足軽の「あ」の字も出てこない
都留は頻繁に懐刀を抜くが原作には出てこない
都留の前に母の亡霊が現れて進藤主計を討て!と檄を飛ばすが亡霊がね・・・

山本周五郎の秀作が見事なまでに三流ドラマに仕立て上げられていた。

|

« 平成29年 あけましておめでとうございます | トップページ

文芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成29年 あけましておめでとうございます | トップページ