手帳

ほぼ日手帳を完走した。

Hoboniti_2

手帳を使い切った。

幾度となく挑戦した手帳。
白い手帖が好きなんだ!と、空白を残した手帳の数々。
それでも、懲りずに毎年手帳を買い続け、今年こそはとペンを走らせる。
1月2月は意気込みがみなぎり、平凡な日々の行動をネタにして書き続けた。
しかし・・・
春めいた3月頃になると、虫も陽気に釣られて騒ぐように仕事も忙しくなる。
トートバッグに仕舞い込んだ手帳を取り出す時間も暇もない日がつづく
行動を記憶して、帰って書こうなどと思っていると、手帳を取り出すことも忘れている。

いつの間にか、バッグの中のお荷物となり陽の当たらない隅に追いやられる。
時おり、ネットショッピングで買った明細が書き込まれる。
そうそう、忘れてはいけないカードの引き落しの金額が書き込まれるが・・・
確認することはあまりない。

そんな年が、何年も何年も続いた。

それが、2011年。の今年はスタートが良かったのかスムーズにペンが走り
書きこまれていった。

3月11日には、日本全国を震撼させた未曽有の大震災の体験が細かく記述された。
記述の一部を拾うと

地震で津波が三陸沿岸を襲った。

八海丸キャップテン宅で設定の修正をする。
2時46分。23インチのモニターが歪んで見える。
天井の蛍光灯を見ると大きく揺れている。
まだキャップテンは気がついていないので、キャップテン?地震で揺れていませんか?と聞く。
キャップテンはようやく気がついて、これは大きいな~と玄関の戸を開けると玄関先に止めてあった私の車が前後に大きく揺れている。
蛍光灯をみると天井にぶつかる勢いで揺れている。
これは、大変だ!
すぐにTVのスイッチを入れると、ヘリコプターからの中継で津波が押し寄せてくる瞬間を捉えていた。逃げ惑う車の列やらが映し出されている。
画面が切り替わり、コンビナートで火災が発生して大火になっている。

---中略---

日本はどうなっていくのか
心臓がドキドキして凍りついた。

手帳の話に戻ろう。

第一関門の3月4月を乗り切り、手帳にはランチのイラストが描かれた。
映画に行くと、チケットの一部を切り取り、手帳に貼り付けられ評価の★を記入した。
桜の葉っぱが栞となって挟まれ

6月頃から愛猫の姫の様子が平常ではなくなり、姫の行動を細かくチェックして詳細に書いた。
お盆期間はどこに行くこともなく24時間を姫と過ごしたが、お盆を過ぎた8月17日に姫は死んだ。

空白がなくなり字で埋め尽くされた手帳は夏を過ぎると、ますます元気になり
晴れて12月に突入した。
11月に入ると2012年の手帳が手元に届いたが、2011年の手帳は勢いを増して書き進んだ。
2012年の手帳は2011年の12月から書けるようにページが設けられているが、2012年を手にすることもなく2011年の手帳は順調に進んで行った。

ついに12月31日にを迎えた。

12月31日にはこんなことを書いた。

ほぼ日手帳の術中にはまって六年目。
最後の日を迎えました。

今年はいろんなことが重なり辛い日々があった。
3月に起きた東日本大震災は終生忘れることはできない。
念願だった絵の教室にも通い始めた
ヨガの教室にも通ったが3回で挫折した。アマゾネスに囲まれた時間だった。
8月には20年連れ添った姫が死んだ。
毎日、骨壷に手を合わせて「姫!神さまの手伝いをしていますか?」と、聞く。

この辛かった年を踏み台にして来年は一歩上に上がると良いな~
来年は、大和魂が世界の注目を浴びるように・・・。

と、書いた。

六年目を迎えたほぼ日手帳はついに完走した。
365日。乱筆乱文ではあるが1日1日を記録することができた。
・・・が、はったりや嘘が書いていない!と云う保証はない。
ので非公開とする。

来年のほぼ日手帳も完走できると良いな~。

| | コメント (1)

ほぼ日手帳2008

0005
閑話休題。

手帳と云えば手帳のブランドになった感のある、ほぼ日手帳。
注文していた『ほぼ日手帳』が10日前に届いていたのをようやく開封した。

0003
満4年目を迎えるほぼ日手帳です。
今年はワインレッド(エンジ)のカバーでしたが、来年はチョット妖しげなグレープの色にしました。
カバーの色を考える時はチョット楽しかったです。

以前は、システム手帳を中心にいろいろと使って来ましたが、どうもしっくり行かなく、いつも3月ごろになると白紙のページが続くようになり、そのまま使わなくなり机の上で埃を被ってしまっていました。
大事な用件などは他に持ち歩いている大学ノートで代用するようになった。
しかし、どうも手帳がないと落ち着かないですね。
それに大学ノートに書いても書いた場所を探すのがひと苦労。
大した事を書いている訳ではないが・・・人並みにと云う事でしょうか。
ところが・・・。
ほぼ日手帳になって、途中で挫折する事もなく365日を埋めている事に気が付きます。
私にとっては、とても便利でお気に入りの手帳だったんですね。
特別に変わった仕様になっている訳でもなく、自然に書ける楽しさがあります。

0001_2
出金台帳として領収証を添付したり・・・
下手なイラストを挿入したりして楽しんでいました。
ネットワークに関する事は仕事の本筋ですので暗号にして書き入れます。

それに面白いのは、昼の食事のメニューは必ず書きます。
うどん・カレー・ほか弁(唐揚げ弁当)・玄米フレークに豆乳とかを書くようにしています。
これにカロリーでも書くともっと良いのでしょうが。
読み返してみると、なかなか・・・恥ずかしい文章も目に付きますね。
やけに固有名詞が出てくるし(笑)
0004
気に入った俳句や川柳が書き殴られています。
特に・・・
何かにつけ書き記す俳句のお気に入りの句が顔を見せます。
『木枯しや 目刺しに残る 海の色』  大好きな句です。
小さい頃に、七輪の上に乗せた目刺しを団扇で扇ぎながら焼いた事は忘れる事が出来ません。

今年のワインレッドのカバーのほぼ日手帳も・・・12月31日まで使い切ります。
そして・・・
グレープカラーのほぼ日手帳にバトンタッチして年が明けます。
良い年になるように祈りながら・・・
バトンタッチの中継地点はもうすぐです。
0002
明けましておめでとうございます。
0時15分。春日山神社参拝。
・・・から、2008年はスタート致します。

| | コメント (0)