田舎の方言

オヤットサー

84sengokubig15_3

おまんさ~!と響きわたった。

一瞬、タイムスリップして30数年前の薩摩にいるかと思った。

年端も行かない私は、15歳にして尊敬する西郷隆盛の地に流浪したが
薩摩の事はさっぱり分かりません。異国の地に行くようなものです。

関が原の戦いで西軍に付いたが、開始と同時に負け戦を悟り、敵中横断を敢行する。背走に次ぐ背走で、甚大な被害を出したが、戦いをしないまま傷だらけの兵士となって薩摩に戻った。
戦況を見て、負け戦をしないのも葉隠(鍋島藩であるが・・・)の精神であろうか。

西軍についたものの、戦いをしなかったことが功を奏したのか外様90万石の大大名です。薩摩隼人の名に相応しい身分です。
お目こぼしを戴きながら、それでも徳川の江戸幕府が嫌いで嫌いで・・・。
江戸からやって来る隠密を探索しやすく、見つけだす為にエイッとばかり、言葉を作っちゃいました。
これが、薩摩(鹿児島)弁の始まりとされる。

15歳の私は市内にいる親戚の家を住所として寄宿舎に預けられた。
向学心に燃えた連中ばかりではなかったが、歩いて通うことの出来ない市外や県外から方言まるだしの坊主頭が40人も集まった。
目を(<●><●> ;)(; <●><●>)ギョロ付かせた40人は40畳ほどの大広間に集められ、先輩の寄宿舎に於ける規則や先輩・後輩を意識する縦社会の説教が始まった。

「おはんらは、今日からこの日置荘(別称へぎそう)の寮生と云うことをわするんな!」と云ったらしい。
・・・云ったらしいと云うのも、後日、鹿児島県川内市から来ていた同級生から聞いた。
この時、はじめて「おはん」と云うフレーズを耳にしたが、「おはん」は西郷隆盛に関する本やら雑誌に良く書いてあったので意味はおぼろげに分かっていた。

先輩の説教は、殆どいや九割九分理解できなかった。
本や雑誌にはルビが振ってあり、話の流れを理解することは容易だったが、生の発言として早口で捲くし立てられる薩摩の言葉に脳は理解することを拒否していた。

それからと云うものは、同じ日本人でありながら日常会話が出来ないストレスに悩まされた。もう頭はパニックで、鬼畜米英語であるが、如何に英語の授業が易しく思えた。授業以外の大学ノート1冊は薩摩の言葉を理解することに費やされた。
同級生は100mのスタートラインに立っているのに、私は150メートル位置に立っていた。そんな感じだった。すべてに負けて当然のスタートだった。

いつしか、夢にまで薩摩弁が出始めると、薩摩弁専用の大学ノートは燃えるゴミとして処分され、似非ではあるが薩摩隼人として世間に紛れ込んだ。

おはんは、名前を呼ばずに相手の事を指すが、おまんさ~となると丁寧語となる。・・・が、いくら丁寧語でも目上の方には失礼となる。あくまでも同輩であり、後輩及び目下に向けた丁寧語である。

ひびき渡った、おまんさ~のフレーズに薩摩での生活を思い出した私だった。
薩摩では、おはんの丁寧語としておまんさ~があったが、この地では相手を指すのに”おまん”と云うのが一般的のようです。
そう云えば、良く云われるな、おまんは・・・・て、
おまんとおはんは、似て非なるようにも感じるが、おまんさ~で同義語となるようです。
そんな事を思っていた。

薩摩の言葉で一番好きな言葉は『オヤットサー』です。
これは、日常茶飯事でどんな時でも、このオヤットサーで意志が通じた。
朝の挨拶も、「オヤットサー イケンヤッタナ」と軽口を叩く
帰りしなにも、「マッゴッチ オヤットサー」と親しみを込めてさよならをした。

「オヤットサー イケンヤッタナ」 おつかれさん 昨日はどんな具合でしたか?
「マッゴッチ オヤットサー」 今日は大変でしたね おつかれさまです!
となる。

因みに・・・
家を守るお母さんのことを「ガマサン」と呼んでいる。
ガマガエルは昼間は池にいて静かにしているが、夜ともなると池から這い出してきて
家を背にして鳴く。家に向って決して鳴かないことから、家を守ると云う意味で
お母さんのことを、親しみを込めてガマサンと呼ぶんです。
私は、昨年母が亡くなるまで、母の事を、ばあちゃんと呼んだことは一度もない。
いつもガマサンと呼んでいた。

| | コメント (6)

蓮と睡蓮・・・と五木の子守唄

004 002_2

東洋一と云われ評される高田城公園のお堀は蓮で埋め尽くされています。
この高田城公園は4月には日本三大夜桜としても有名です。
日本三大夜桜「高田城公園」「京都円山公園」「長崎丸山公園」
日本人は何でも日本三大○○○と付ける誇大形容詞が大好きなようです。

高田城公園のお堀の周りには目に鮮やかで、さまざまな蓮の緑を鑑賞出来ます。お堀の周囲には、ゆったりとした散歩道がありベンチも整備され、ひと時の語らいの場を提供している。静かな時間は蓮の葉を日除けにして水鳥たちが、蓮の迷路を楽しんでいるかのように蓮の隙間をせわしく動き回る姿を眺めることが出来る。もともと、戦時中の食糧難を想定して蓮を植えて蓮根の収穫で来る食糧難を乗り切ろうとした考えがあったようです。今では蓮の景観が見事で蓮根の収穫はやっていないそうです。

蓮と云えば、小学校の教科書にも載っていた芥川龍之介「蜘蛛の糸」を思い出す。

10

お釈迦様が蓮の池から小さく見える地獄を眺めると罪人たちの蠢く姿を見つけた。その中に罪人ではあるが、生前に小さな蜘蛛を助けた事があり、小さな蜘蛛の命を助けた罪人に極楽へのチャンスを与えようと一本の蜘蛛の糸を下ろす。
罪人は蜘蛛の糸に縋り、遥か遠い極楽までの道のりを必死に登っていく。
今にも切れそうな蜘蛛の糸。下を見ると罪人に続いて他の罪人までが蜘蛛の糸にしがみ付き、後を続いて登って来ている。先頭の罪人は、いつ蜘蛛の糸が切れるかと不安になり、登って来ている罪人に向かって、来るな来るなと叫び、手で追い払おうとする。
蜘蛛の糸は切れる。それも先頭を登っている罪人の掴んでいる蜘蛛の糸の上でプツンと切れる。

こんな内容ではなかったと思っています。

どんな小さな虫たちの命でさえも、生命の大事さと人間の持つ限りない欲望と身勝手を戒める事を教えようとしたのか。いまの子ども達で「蜘蛛の糸」を読んだことがある子どもはどれぐらいいるのでしょうか。
せめて「蜘蛛の糸」「杜子春」は読んで欲しいと思います。
横道に逸れてしまいました。

高田城公園は蓮池として見応えがあり花も八月の「はす祭り」に向けて、順次咲き始め八月に入ると蓮池いっぱいに花を咲かせることでしょう。

001_2  003

蓮と睡蓮の違いが良く分からない

蓮の特徴は
   1. 浮き葉(水面に浮いた葉)と立ち葉(水面より高く上がる葉)があり、
   2. 花は水面より高く上がり咲き、
   3. 葉の表面には撥水性があり、水を掛けるとコロコロと水玉になります。

睡蓮の特徴は
   1. 浮き葉のみで、
   2. 花は水面で咲き、
   3. 葉には撥水性はありません。
 睡蓮の葉にはカエルが乗っているイメージがありますね。

ヨーロッパでは蓮と睡蓮を総称してロータスと呼んでいるようです。
蓮と云えば蓮の砂糖菓子を思い出します。
睡蓮と云えば、やはりモネでしょうか。

Mone_301


余談・・・
先ごろ、元小学校の音楽の先生だった樽谷浩子氏の「五木の子守唄」(ふくやま文学)の文章に目が留まり読んだ。五木の子守唄の歌詞の内容についての記述だった。

おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃおらんと
盆が早よくりゃ 早よもどる

おどまかんじんかんじん あん人たちゃよか衆
よか衆ゃよかおび よか着物

こんな歌詞だった。
貧乏な子ども達が乳のみ児を背負って子守する物悲しい民謡だと思っていた。
事実は違うようだった。
慶長の役で日本に連れて来られた朝鮮の陶芸家が集落を与えられ、国も名前も強制的に捨てらされ、故国を偲んで歌われてきたと書いてあった。
「かんじん」を広辞苑で引くと「勧進」「韓人・朝鮮人」「漢人・中国人」とある。歴史的背景のある民謡だったのだなと改めて思った。

薩摩には白もん・黒もんで世界的に有名な薩摩焼があるが慶長の役で連れて来られた朝鮮の陶芸家が島津家の庇護によって発展したと明記してある。

| | コメント (4)

ちゃわんむしの唄

1002_2

先日は宮崎の方言満載の「いもがらぼくと」の曲を流しましたので次は・・・
方言では、お国訛りと云えば東北弁が有名ですが、その東北弁とは一味もふた味も違う薩摩のことばを思い出しました。

関が原の戦いでは西軍に参加して敗走につぐ敗走の負け戦、しかしそれでいて外様大名でありながら九十万石の大殿様。
江戸が嫌いで嫌いで・・・江戸からのスパイを見破る為に言葉まで作ってしまった。
これが鹿児島弁の由来らしいです。

15歳で元服を終えた私は黒煙を吐きながらガタゴトガタゴト走る鈍行に乗りセゴドンの待つ異郷の地、西駅に降りた。
南国鹿児島の桜満開の三月とはいえ、桜島から吹いてくる風は、まだ肌寒くハーフコートに身を包み親戚の家に上がりこんだ。単身で乗り込んだこの地での修行は予定で行けば三年間。下手すると七年間を過ごすことになる。

さぁ~頑張るぞ!と思ったが、頑張る前に両手を広げた言葉の伏兵が立ち塞がった。
なにしろ言葉が通じない、日常の会話が出来ない。
日本語であるはずなのに、その日本語が通じない。言葉の壁にぶつかり頭の中は言葉のルツボとなりポットの中で沸騰している
melting potとは上手いこと云うなポットなんて、ははは・・・(冗談)

先ずは、無地のノートを用意して鹿児島弁からの勉強です。書き殴りましたよ
友人に会うと、真っ先にでる言葉が「いけんやったな!」と聞かれる。
???理解を超えた挨拶!
いけんやった・・・いけんは意見の事かな
やった・・・意見をしたかと云うことですね

友「昨日は、いけんやったな!」
私「昨日は意見しなかったよ」 意味分からず相槌だけはニコニコと
友「・・・・?????」友だちも・・・何のこっちゃ?

それもそのはず、「昨日は、いけんやったな!」とは、昨日はどんな具合でお過ごしでしたか となるようです。
どの箇所に、具合だとか、お過ごしが出てきているのでしょうか
一事が万事、人工的に作られた薩摩の言葉は理解不能です。
理解不能な言葉を習得しないことには友人にはなれなかった。

1001

言葉に悩んで苦しい時でも錦江湾に浮かぶ桜島は輝いて優しく微笑みながら桜島はいつも火山灰を降らせていましたね。
これには困りました・・・晴れているのに傘が必要です。
そして、心の中が二進も三進も行かなくなると大好きなセゴドンの墓地に行ってお参りをしてくるのです。
そこには、司馬遼太郎「翔が如し」の冒頭に出てくる桐野利秋のお墓もあります。
薩摩に来て、最初にデートした場所がセゴドンのお墓でした(笑)
他に行くところを知らなかったのですね。

そんな難攻不落な薩摩の言葉を代表する歌があります。

先ずはお聴き下さい。

ちゃわんむしの唄♪-------

うんだもこ~りゃ い~けなもんだぁ~

あたいがどんの ちゃ~わんなんだぁ~

ひにひになんども あるもんせ~ば~

きれいなもんぐぁんさ~

ちゃわんにつ~けた むっちゃろかい

めごなどきゃあるく むっちゃろかい

まこってげなこちゃ わっはっはっ

まこってげなこちゃ わっはっはっ

------------------------♪♪♪♪♪♪♪

三年間の予定が七年間と長逗留をしてしまった薩摩での生活ですが
解読不能だった言葉も寝言で、でてくるほどに上達して、いまやれっきとした薩摩隼人です。出身地はと聞かれると間髪いれずに『薩摩』とでて来ます。
似非薩摩隼人ではありますが・・・おゆるしください。

今でも薩摩の友人と電話で話をすると自然と出てくるのは良いですね
無理して喋ろうとすると出てこないですが、不思議です。

1002 1003

桜島には小さくて甘い「桜島みかん」と丸くて大きい「桜島大根」が有名。
ご存知の「アケビ」桜島では「んべ」と呼びます。

| | コメント (0)

いもがらぼくと

Top

何気なしに耳を澄ませば、居間の方から、聞き覚えのある会話が聞こえて来た。
そっと居間のほうに行って見ると、いままさにテレビで「裸の大将」をみんなで観ている。
「なにしやっとな~」
「良いがな~こんぐらい」
あははは・・・田舎の言葉だ!
居間に座り込んでしまった。
裸の大将と云えば芦屋雁之助を知っているが、いま観ている裸の大将は漫才で見たことのある人だったが、この人もなかなか面白い。

私の田舎でロケをしたんですね。
昔、フーテンの寅さんのロケ現場になったことがあり、撮影現場と書いた立て札があり、観光名所になっていると聞いた事があります。それより以前は、『あの橋の畔で』のロケ現場になったと聞いた事があるが、どんなドラマなのかはまったく知らない。

古い町並みで遠洋漁業の港として栄えたので外国漁船も錨を下ろせるほどの港湾を要し、九州の小京都と云われる閑静な城下町でもある。
たいした産業もないので過疎に向かって進んでいるようにも感じる。

私の田舎は父親の仕事の関係で5歳でこの地に引越しして、15歳までの10年間を過ごした。見るもの、聞くもの貪欲に吸収していった多感な時期であったと思うので、いろんな事を覚えている。

いまテレビでは「いもがらぼくと」が流れている。
あれ~、まこち、なつかしば音楽がながれちょっがよ
私も酔っ払うと良く歌います。

「いもがらぼくと」と云えば宮崎の県民性を現す賛辞です。お人好しの賛辞。
隣県鹿児島では勇気を称える「薩摩隼人」熊本では「肥後もっこす」のように頑固一徹・変わり者。ところが宮崎の「いもがらぼくと」とは・・・軟弱です。
芋がらは里芋の茎(ずいき)を指し、ぼくとは木刀です。里芋の木刀とは、まるで頼りない人間性が宮崎の男のようです。
しかし、宮崎の女性となると「日向カボチャ」と云われます。
日向カボチャとは・・・国産カボチャの中でも高級ブランド品です。
国内で流通するカボチャの中で一番の高値で売買されるのが日向カボチャのようです。実が詰まり美味しいと評判です。

随筆家の佐々木久子さんは、宮崎の観光と食べ物についてこう記している。
 「宮崎でいつも不満に思うのは、焼酎と観光については、ヤイノヤイノとすすめてくがさるが、これぞ宮崎の酒にはこのさかなが絶品です、というものにめぐり逢わないことである。なぜ、堂々とかぼちゃをだして下さらないのだろうか。宮崎の郷土料理を宮崎の人が自慢なさってこそ宮崎への旅情は一段と深くなると思うのだが・・・」
それほどに日向カボチャは美味しいんです。

我が身を「いもがらぼくと」の軟弱者として謙遜し、母や妻を色が黒くて不細工だと云いながら、日向カボチャのように、頼りがいのある女性だと褒め称えます。
そんな「いもがらぼくと」をお聞き下さい。
* ある高校の修学旅行でバスガイドに教えて貰い、同窓会で合唱しています。

注!いま話題のfirefoxでは聴くことが出来ません・・・IEでお聴き下さい。

♪腰のいたさよ 山畑開き 春は霞の 日のながさ
焼酎五合の 寝酒の酌に おれも嫁女が ほしゅなった
もろたもろたよ いもがらぼくと 日向かぼちゃの
よか嫁女 ジャガジャガマコッチ エレコッチャ

♪鞍に菜の花 ヒャラヒャラヒャット 七つ浦から 赤毛布
可愛い嫁女は シャンシャン馬よ 今年ゃ田植も 二人づれ
もろたもろたよ いもがらぼくと 日向かぼちゃの
よか嫁女 ジャガジャガマコッチ エレコッチャ

♪種は万倍 とりいれ日和 まこちめでたや 出来秋の
飲みにござれや 祝いの酒を 嬶も珍らし 長着物
もろたもろたよ いもがらぼくと 日向かぼちゃの
よか嫁女 ジャガジャガマコッチ エレコッチャ

♪ヤイヤ霧島 大雪じゃがい 大根千切 手が痛や
おれも出年は すぐ人の親 きつや辛やと 言ちゃおれん
もろたもろたよ いもがらぼくと 日向かぼちゃの
よか嫁女 ジャガジャガマコッチ エレコッチャ





大きな港湾を抱える漁港も、大漁旗で賑わったカツオは、影を潜め、今では遠洋のマグロの漁業基地として賑わいを見せているが、年々減り続けるマグロの漁獲で見通しが暗くなる・・・。
そんな港に、来春、世界一の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が寄港します。
二泊三日の小さな豪華船旅です。
すでに予約で埋まっているそうです。
飛鳥Ⅱを見に帰ろうかな・・・。

Ship

| | コメント (2)