事件発生

不慮の事故~不幸中の幸い

その日は晴れていて気分の良い日だった。

珍しく仕分け管理も終わり、手間取っている方の仕分けを手伝った。
後ろの方でフォークリフトに乗っている方が見えた。
フォークリフトの扱いに不慣れであったのか前に後ろにとタイヤを回転させていた。

仕分けの検品が終わりチェックシートに記入を終えた時に悲劇が襲った。
先ほどのフォークリフトが私の後ろを縫うように通り過ぎようとしていた。その瞬間に私は足が固定されたまま90度に倒れた。
突然の出来事で意識が飛んだ。

気がついた時はフォークリフトに右の足首が挟まり身動きでない状態で、倒れたまま状況を飲み込めようと必死にもがいていた。
リフトを運転していた人はリフトを前に進めたほうが良いのか、後ろに退いたほうが良いのかすら分からず気が転倒していた。

倒れている私を覗き込むように同僚が119と連絡を取り合っている。
動けないリフトを揚げるために他のフォークリフトが飛んできてリフトがリフトを持ち上げ私は自由になったが足首から大量の血がボトボトと流れ落ちていたが痛みはまったくなかった。

救急車に乗せられた私は隊員の方が救急医療病院に連絡を取り合ってすぐに手術を行う病院を探し駆け込んだ。

526

それからは・・・
身内が呼ばれたようだ。医師からは輸血の有無を確認されたがエホバの証人ではないので輸血はOKと答えた。緊急手術の前にレントゲン・血圧・心電図・麻酔の説明が矢継ぎ早に行われ手術室に入った。

5時間に及ぶ手術だった。
期待した臨死体験はなかった。
昏睡なのか仮死だったのか分からないが夢すら見なかった。

青空が広がる窓際のベッドで包帯でグルグル巻きにされた足首が吊られ唸っていた。
看護師さんの最初の一言が・・・手術は成功しました。麻酔が切れて痛みが出てきたら教えてくださいと云われた。
いまから相当の痛みが襲ってくるんだなと覚悟するしかなかった。

痛みは波が押し寄せるように息もできないほどの大きな痛みが襲ってくる、大きな波が去ると小刻みな飛沫をあげる小さな痛みが断続的に襲ってきた。何もする気が起きない。
家から文庫本を数冊持ってきたので読む・・・ひたすら読んだ。
読んでいる時は本の中に感情移入しているので痛みを感じることがなかった。
文庫中毒のようだ。

入院していた2ヶ月間に葉室麟は読んだ。
藩のお家騒動はなかなか面白い、武士はひとたび刀を抜くと相手を討っても切腹が待っているし討たれても死ぬ。武士はあらん限りの感情を殺すかにかかるようだ。
主君あっての家来は、主君が脳天気なアホでも主君は主君です。
赤穂浪士の主君浅野内匠頭は果たして良い主君だったのか・・・
などと痛みを忘れるために妄想していた。

病室は4人部屋で殆ど手術を必要とする方が入ってこられたが、手術後2~3日で退院される。深手を負った私は退院の目途がたたない。

毎日の検診を横目で見ながら遅々として進まない裂傷個所が塞がらない。
術後10日ほど経ったであろうか、順調に云っているので今日は抜糸をしてみましょうと期待を持たされた。

先生「あっ!開いてしまった!」
これが全てでした。折角縫った傷口が開いたんです。取り返しのつかない抜糸でした。
二週間での退院が二ヶ月に延びた原因ではなかろうかと思っています。

確かに裂傷としては重傷でした。
リフトがもう1センチほど進んでいたら骨が砕け、1センチ上だったらアキレス腱を断線していたようです。骨が飛び出て踵がブラブラと動いていたと看護師さんが口々に慰めてくれます。

神仏のご加護で不幸中の幸い と考えることにします。

001

術後1ヶ月の画像です。
手術前の画像がみたいと切望すると「卒倒するから止めたほうが良い」と云われた。
悲惨の怪我を見ている看護師さんが、傷の画像をみて治るかどうか心配したと云われた。

松葉杖で試験外出の許可をもらって会社に行き、請求書に入れるギフトのカタログの最終稿を作成した。傷の痛みを考慮せずに会社に来るように懇願された。
数回試験外出で会社に出向き片足で作業して無事カタログは出来上がった。

見舞客は引きも切らずにお見えになって頂き嬉しい限りです。
みなさんは一様に傷口を見て「声が止まる」傷口は足首を三分の二ほど線を描いている。
良く神経が繋がりましたね?
5時間も要した手術ですが神経がどうなったのか知らない
ただ今でも傷口がビクッと動くことがある。離れた神経が求めあっているのかも知れないと勝手に思っている。

術後40日を超えたころ包帯が小さくなった。
治る前です。でもまだ松葉杖です。

003

リハビリが組み込まれた。
何のためのリハビリかと不審に思っていたら悲劇は突然やって来た。

しっかりと両足で立ってくださいと云われ立とうとするが立てない!
その上、歩けない。歩くことが出来ないのです。
一歩を踏み出すことができない。

左足は足首をグッと前に倒れることが出来るが、裂傷を負った右の足首は前に倒すことができない、折り曲げることが出来ないのです。

まさか歩くことが出来ないなんて夢にも思わなかった。
酷い人は2日歩くことを止めると歩けなくなると云われゾッとした。
40日も歩いていないんです。足首が固くなり歩くことを拒否しているんです。

これは辛かった。
傷の痛みとリハビリで足首を動かす痛みが相絡まって、このまま一生歩けないのでないかと不安がよぎる。
人生の罰が与えられたと項垂れた。

1年前から予定で同僚が3日の休暇に入るのが近づいていた。
二人いないと朝の作業は目茶苦茶です。
退院の予定もないままに強制的な退院を願い出て怪我をした5月26日から2ヶ月目の7月25日に退院した。
仕事をしながらのリハビリでノロノロと仕事をした。

5ヶ月経った今は時折り傷口は痛み、傷の周りは腫れている。
先生曰く、腫れは血の巡りが悪いので起こる現象で1年ぐらいかかるかも知れないと云われた。
歩くことは問題なく歩けるが長時間の歩行は痛みが伴ってくる。趣味の戸隠神社奥社参拝は今年は出来ないかも知れない。

下手すれば足首が切断されていたかも知れない!
歩けるだけ儲けものでしょうか。

| | コメント (2)

灯油泥棒

そこは限界集落と呼ばれ、四つほどの峠を越えた場所にある。

冬は路肩の積雪で二車線ある道路が片側一車線に早変わりする。そんな山奥に部落では唯一のコンクリート建物が小学校であったが、若い世代がいなくなり廃校となった。
廃校となった小学校を借りて地域の活性化と里山の体験学習を目的としたNPOがある。冬ともなると学校の運動場は雪一色となる。除雪もしないので2~3メートルの積雪で雪の断層が出来上がる。
非常に寒い・・・。

昔の職員室は事務所として使用され、事務所の隣には唯一の暖房燃料である灯油タンクが置かれている。それも450リットルの大型のタンクです。(一般家庭で使用するポリタンクの22個に相当)

T_nakanomata_10

1月某日。
その日は深々と雪が降り続き、足あともすぐに消えてしまうほどの激しい雪を物語っていた。
来週からの作業を考えて、ガソリンスタンドに頼んでいた灯油が届き、灯油を運んできた車はギシギシと音を立てながら、なみなみと満タンの450リットルにして去って行った。
まさか・・・満タンにした450リットルの灯油が盗まれるとは考えもしなかった。と云う。

1メートルを越える雪の量では行き交う車もいない。ましてや4時を過ぎると山奥は一気に暗くなり夜がながい。しかし・・・廃校となった小学校は災害の時の避難場所として指定されているので、学校の正面には街頭が灯り明るく輝いていた。

盗まれた灯油。

積雪でUターンも出来ない幅の狭くなった正面玄関に横付けされた灯油泥棒の車には、長いホースが付いていたのであろうか。
一般家庭にある醤油チュルチュルでは、灯油タンクの中までは届かない。ガソリンスタンドで使っている大きな醤油チュルチュルでないとタンクには行かないのではなかろうか・・・。
それとも、灯油を配達する灯油タンクを直に乗り入れて、盗んだのかな・・・それだと、スタンドに関連する人が関わっていたことになる。

手を震わせて事務所に入ったNPOの人は暖房器具に燃料切れの赤ランプが付いていてビックリした。すぐにタンクを調べると空になっていた。
役場に連絡を入れても埒があかず、警察に連絡しても雪深い山奥には急いでは来てくれない。
盗まれた結果を見に来るのですから、ま、アテにならない警察ではあります。

改めてスタンドにお願いして450リットルを補充して凍死することは避けられた。
雪で滑って谷底に落ちる危険を省みず、灯油泥棒は決死の覚悟で来たに違いない。それほどに灯油が欲しかったのか。450リットル×90円で命と引換にするには安すぎるが・・・。

そんなこんなで灯油泥棒の事を忘れてしまった。
しかし、敵は虎視眈々と狙っていたようです。

T_nakanomata_09

2月某日に灯油が運ばれて満タンの450リットルにして帰っていった。
まさか・・・の、意表を突かれてしまった。
その夜に、満タンにしたばかりの灯油タンクが空っぽになった。
てんやわんやの騒ぎになったが、それでも警察は来なかった。見つかるはずもない犯人像であったのであろうか。
悔しい思いをしたみんなは、対策を話し合い 大型の南京錠をかけることになった。そして防犯カメラを設置した(一応、温度を感知すると作動するカメラの筈だった)
宿直を作ろうとの話もあったが、あの夜の寒さを考えると誰も賛成しなかった。

そして・・・
4月10日。
南京錠は壊され、タンクに入っていた灯油450リットルは根こそぎ抜かれてしまった。
防犯カメラはどうしたんだ!作動しなかったようだ。ちくしょう・・・。
二度あることは三度ある との例えはまさに実践で体験した。
今度ばかりは、迅速に役場も警察も動いて調べていった。地方紙を含めて4紙が灯油泥棒のことを記事にしてくれた。

T_nakanomata_04

はたして四度目はあるのか・・・
この部落は、悪事を働く奴にとって都合の良い場所なのであろうか
いつぞやは、人の畑の隅っこでマリファナを栽培している奴がいた。いまだ捕まっていないが・・・。
四度目を防ぐために助っ人を頼んだ。 頼もしい助っ人となってくれるかどうか・・・。

個人的見解として・・・
満タンにしたあとに盗みに来る。どこかで見ているのかな 灯油を運ぶスタンドの車をチェックしているのかも知れない。盗んだ灯油はどうしたんだろうか。

限界集落と呼ばれる街道筋にはカタクリの花が満開です。

T_nakanomata_12

T_nakanomata_21

| | コメント (2)

やってもうた!

悪路走行を得意とするコラムシフトのマニュアル車が好きで、近距離専門で市内を走る分は燃費もかからない軽の4速マニュアル車に乗っている。いつ何時に悪路ラリーのお誘いがあってもすぐに対応できます。特に雪道・砂利道はギアの入れ替えが必要となり、楽しさが倍増する。今日もオンボロな車であるが小回りと性能に優れている軽に乗り込み動画編集の説明にやって来た。

T_p1040650

ここの事務所は靴を脱ぐので、予め履いている長靴を脱いでおこうとトランクに入れてある靴に履き替えた。
この日もいつもの通り履き替えることに。雪は深々と降りしきり、体の一部と化した長靴を履いて動き回っていた。雪道を歩くには最適で申し分ないが、余り冷え込むと長靴の中はひんやりとして足先が冷たく感じることもあるので、しもやけの原因にも成りかねない。

近距離専用の愛車であるが、今にも壊れそうなオンボロの車なので24時間どこに停めても鍵を閉めたことがない。

しかし、車の中には、どんな時でも使えるように車内はスコップ・毛布・パソコン修理道具一式・文房具・ノコギリ・ナイフ・ブースター・ジャンパーにトレーナーそれに雨合羽など、ありとあらゆる天候に対応できるように非常時用の必需品が雑然と置いてある。4人乗りでありながら実際は1人乗りでもある。
オートマチックに慣らされた運転で、いまさらギアをチェンジしながら運転できる人が何人いるのだろう。車上荒らしも決して選ぶことのない車であると自信をもっている。

T_p1040649

何を思ったのか、その日に限って鍵を抜いて後ろのトランクを開けた。そして、閉めたことのない前のドアをロックした。
このことが大きな問題を引き起こすなんて・・・ことは努々思わず、トランクを開けて必要な書類やら備品を集めていた。
着膨れで鍵をダウンのポケットに入れて、そしてそのダウンを脱いでトランクに投げ込んだ。

静かにトランクを閉めたのです!

閉めた瞬間に、あ~~~鍵が・・・。
窓越しに見えるトランクには鍵の入ったダウンが無造作に置かれています。運転席を見るとしっかりとドアロックされています。旧式のドアです。リモコンで開け閉めする近代兵器は持ち合わせていません。
呻ったきり、一計を案じます。
そうだ、帰りに定規か針金を借りて窓の隙間に入れて開ければ良いと、過去の体験が発想を生みました。

説明が終り1時間30分経過して戻ってきたのです、手には30センチ透明の定規が握られています。さてと、これからが腕の見せ所です。運転席側の開閉するガラスの隙間に定規を差し込み、ドアロック付近をガチャガチャと上下左右に動かせても、何の反応もありません。まず定規に触る感触がないのです。
雪は降り続いています。
頭を白髪に染めての作業が続きます もう1時間はドアロックの解除にむけての作業は終りを知りません
仲間が集まってきました。
めいめいに定規やら針金を持って来て、壊れかけた車を廃車にしようと懸命な作業は続きます。

ついには諦めました。
そうだJAFを呼ぼう。 これがまたプープープーの話中で繋がりません。
30分ほどかけ続けて、ようやくJAFに連絡が取れました。

JAFはやって来ました。
鍵を開ける特殊な工具を持って差込口をチョコチョコと弄り回しています。
ものの5分経ったでしょうか。
ドアロックは解除されました。ぐったりと疲れた瞬間です。
昭和の車はいざ知らず、平成に作られた車は定規などでは絶対に開かないそうです ザンネン!

JAFいわく、これを教訓にJAFの会員になりませんか・・・4000円の年会費でトラブルはすべて無料です 
・・・すべて無料は殺し文句です、が、入りません。二度と鍵は閉めません!と。
弱者救済であれば、いま会員になれば無料なのかな まぁそうは行きませんよね。

JAFの請求は、なんと12,500円。
プリンターを買ったことにして忘れよう。と、心に決めたのです。
そして、雪が解けたら乗るのを止めよう・・・。

| | コメント (0)

IDが停止されている。

ネットワークに関連してどうしても必要なある型番のパソコンを1台探していた。
すでに2年前の商品でとうに販売期間は終了しているので中古市場で探すしか方法がなくyahooオークションで検索すると1台だけ出品されていた。ラッキー。

状態を画像で確認してスペックをくまなくチェックした。入札履歴はすでに25人を越している。市場を探しても、型番としてはこの1台だけの出品が希少価値となり似非を含めた玄人筋が目を付けているなと、そんな感じだった。
ある意味ではネットワークを構築するには都合の良い型番。

内容としては上の下と云った感じでしたが、先ずは手に入れない事には話しになりません。他に手立てがないために間違いなく落札できる想定以上の金額を入札として入れた。
まさに清水寺から飛び降りる覚悟の金額だった。
深夜が落札終了時間だったので、横になり運を天に任せて目を瞑り、お呼ばれするままに夢の世界にまどろんだ。夢の世界は、真新しい木の温もりを感じさせる白木の香りが漂う屋敷が舞台だった。大きな屋敷で至るところに腕の良い職人が手間暇掛けて作ったのであろう、どの部屋にも絢爛な欄間が飾っている夢を見た。そしてトイレに行きたいがどこにトイレがあるのか分からずに悶々としている私がいた。

果たして夢のお告げは吉と出ると凶とでるか。

急いでいた事もあって、夜明け前に起きるとすぐにPCのスイッチを入れ落札を確認した。予想以上の高値であったが余分に入れたのが功を奏して何とか落札した。
送付方法が着払いだったので、すぐにyahooかんたん決済にて落札金額を処理して出品者からの連絡を待つことしばし。
取引ナビを利用して早急に必要だとメッセージを入れて会社に出かけた。
順調に行った。と思っていた。

午後になり取引ナビにメッセージが入っていた。
yahooかんたん決済の入金を待って商品を送ると書いてあった。
エ~何のためのかんたん決済なんだと怒りがこみ上げて来たが、しかたない待つことにした。仕事の段取りがチョットだけ遅れることになった。

Teishi_2

6月29日。
かんたん決済の入金がされて送ってくれたかな・・・などと待つ身の辛さを演じていた。落札したオークションページを開いた、その瞬間!唖然となった。
出品者のIDが停止中と表示されていた。
大枚に羽根がついていて飛んで行く そんな感じを思った。

これは、困ったことになったぞ。すぐにyahooにトラブル情報としてメールを打った。時間がかかるかと思われたが、思いのほかすぐにyahooから返信が来た。
ID停止中の内容は教えられないが、連絡掲示板を公開するにしてメッセージを入れて欲しいと書いてあった。
すぐに掲示板に書き込んだ。『商品を送っていただけるかどうかの連絡が欲しいと・・・』半日待ったが、ナシのつぶてだった。
夜になり、再度、掲示板に『連絡がないことで、次なる手段に訴えます』とメッセージを送った。
評価の書き込みを行い「非常に悪い出品者」として評価した。

そして、矢継ぎ早にyahooに事故報告を行い警察に訴えるかに、訴えると答えた。
先ずは出品者に事故報告を受け取った旨の連絡が行くようだ。

諦めていたが予定より2日遅れの7月2日に商品が届いた。
どんな事情があったのか知る由もないが、連絡だけは欲しかったな~。
早速、掲示板に感謝の意を伝え、送ってくれたので評価を『良い』に訂正した。
3日の今日、システムの補充が効いてりっぱに稼動している。
大枚をはたいた分のストレスが溜まった数日間だった。

| | コメント (4)