風景

Google Earth UFO?

不思議な映像でしばしのひとときを・・・コーヒーでも飲みながらどうぞ。

南アフリカの岬の突端でグーグルアースに映りこんだ話題の動画。

これは、釣り下げたソロバンの玉か? それとも異星人の乗ったUFO?

やらせか、本物かは・・・、責任持てないので、ご自身の判断で。

| | コメント (4)

吹雪の中を散歩する

地球の温暖化は人類の滅亡に向けて一歩また一歩と足を踏み出しているようですが、寒さが何よりも嫌いな私は長期予報では暖冬と聞くと、心が穏やかになり小春日和を想像してしまう。その上にご安心ください。灯油・ガス等の暖房費も節約できて、暖かい冬が過ごせると高を括っていたら、とんでもない事になってしまった。

T_img_3124

寒波が呻り声をあげて第一第二と波状攻撃で寒波が襲ってきた。
滅多に雪の降ることのない中国・韓国の地域では大雪をもたらし大変な被害を出しているとか。
中国人のしたたかな生活の知恵を考えれば、スリップして事故を起す車を見て、すぐに夏タイヤに隙間なく画鋲を打ちつけ『雪に強い画鋲タイヤあります!!』と宣伝するんだろうな。また、たぶんに、いや間違いなくその画鋲タイヤを買う人がいるから不思議な国です。

東西南北より吹雪かな   夏目漱石

T_img_3128

T_img_3130

寒波は、強風を伴い吹雪となって襲ってきています。
音もなく襲ってくる雪の爆弾はみるみるうちに積もっていきます。
40センチ50センチと積もると4WDでも走行が厳しく、乗ったまま雪に覆い被されてしまうと排気ガスが逆流して車内に流れ込み、酸欠となり死にます・・・間違いなく。

一枚の枯葉もなくなり丸裸となった桜の木には、雪のプレゼントで桜の花より立派な花が咲き誇っています。
吹雪に聴く曲は、やはりサイモンとガーファンクル『冬の散歩道』でしょうか、人気グループのバングルスがカバーしています。


| | コメント (0)

バードウォッチング

T_img_2294

深まった秋は冬の足音を聞きながら、刻一刻と緑の色を1枚、また1枚と剥がすように色が変化して行きます。周りを淡いペールグリーンに彩られた林の小路には、野鳥のお姫さまアカゲラを追い求めて望遠レンズを装着した大きなカメラを手にして野鳥愛好家が集っています。

手馴れた様子の野鳥愛好家は、耳を研ぎ澄まし野鳥のさえずりを逃しません。パタパタと羽根の音にも敏感に反応します。
クツクツクツクツと木を叩き奏でる小さな音が聞こえます。
「あっ ゴジュウガラだ!」と呟いた野鳥愛好家は、三脚を静かに回転させると
素早くゴジュウガラにロックオンです。
望遠レンズに覗き込んで、しばしゴジュウガラとご対面の様子。

林の中は、木々の至るところに設置された巣箱が佇んでいます。
野鳥の天敵である蛇が登って来れないように、巣箱の下には工夫がしてあります。
また、キツネやテン・リスと云った野鳥を捕獲しようと闇に潜む天敵もいます。
野鳥も休まる暇はないようですね。

アカゲラはお腹と頭に赤く染め抜いています。
なかなかお目にかかれない野鳥のお姫さまです。

戸隠の奥深い地にバードウォッチングを主体にしたホテルがあった。
館内の食堂は林に向って、全面ガラス張りで双眼鏡が用意され、野鳥図鑑も何冊かあった。窓から見える林には大きな切り株があり、いつもカボチャの種と、ひまわりの種が置いてあり、種の好きなリスが大勢でやって来て、切り株はリスの食堂と化していた。
周りを見渡すと、野鳥の雨避けであろうか竹で作った傘がいくつもぶら下げてあり、傘の下には水とパン屑がおかれていた。特に巣箱を利用するコゲラはいつも傘の下に入りパンを啄ばんでいた。

野鳥とか、野生の動物に餌をやるのは、ご法度なのであろうが・・・
餌を与えたくなる生命力の弱い可愛い小動物です。
小動物たちの桃源郷だと思えば、楽しい1日だったと喜んでくれるはず。

| | コメント (2)