コラージュ

春の息吹・・・フキノトウ

6002_5

真っ白い雪で覆われた田圃もようやく春の目覚めで雪の布団がなくなりました。
田圃には、腹を空かせたカラスが舞い降りて、春の息吹を確かめようと顔を出した虫たちが標的になっています。

妙高の山また山は厚い雪布団が少し薄くなったようにも感じられます。
田圃の土を掘り返し、代かきが終わるころに顔をだす妙高名物「跳ね馬」がお目見えします。
春を告げる跳ね馬は郷土を離れて暮らす人々の郷愁を誘います。

妙高山からの雪解けの水が清流となって小川から小川に流れ込んできます。
待ちに待った清流に冬の間は藻の茂みに隠れていたメダカが一斉に飛び出し、
水泳大会のはじまりです。
清流の飛沫で目を覚ましたフキノトウが元気な顔を覗かせています。
狭い道路に車を止めて、今宵の天ぷらにとフキノトウを探す人たちが列をなしています。

フキノトウ・・・
折角、春の遠吠えで目を覚ましたのに、摘み取られていきます。
今宵は、やっぱり天ぷらでしょうか・・・。

画像は、
「中島美和 コラージュの世界」 

6001_7

| | コメント (1)