日記・コラム・つぶやき

閑話休題 集団的自衛権

閑話休題

Annpo

集団的自衛権 容認の是非を問う安保法案が可決された。
日本を護る この一点で集団的自衛権には賛成です。

支那の属国になる可能性があるだけに日本を守りたい。
誰だって平和が良いし、戦争は嫌いです。
しかし唱えているだけでは敵国には通じません
敵国は中国いや支那以外にはありません。

自分の庭や敷地内を許可なくウロウロされても安保法案に反対のあなた方は黙って見ているだけですか。
黙っているだけでは相手に失礼だと思ってお茶菓子を用意して「いらっしゃいませ」と云うのでしょうか。

支那は尖閣諸島は日本の領海だと分かっているのに無断で侵入しています。
黙っていたら1日1日と幅寄せしてそのうちに上陸するかも知れません

尖閣諸島に上陸したら何千本もの五星紅旗の旗が尾根に翻ることでしょう
それでも、黙って指を咥え話し合いで解決すると思っているのでしょうか

支那の覇権主義は世界征服です。
先ずはアジアの統一が目的でしょう。

侵略されたチベットは支那が滅びない限り平和なチベットに戻ることはないでしょう。

学校を作りましょう・鉄道を敷きましょう・病院を建設しましょうと言葉巧みに饅頭をばら撒き、足りなければ資金も無償で援助しますとチベット政府を騙したのです。何年もの経過を経て下地を作りチベットを侵略したのです。

国が行う壮大な取り込み詐欺です。
美味しい話に目が眩み騙された方も悪いのでしょうか
もともとチベット仏教は闘いを好みません。仏教の盲点なのでしょうか
仏教の教えは支那の暴力の前には何の役にも立っていないのです。

いまチベットではチベットの民族浄化に向けてシナリオが着々と進んでいるんです。
チベット族同士の妊娠には中絶を行い、チベット族の女性にはレイプして妊娠させ漢民族の血を入れようとしています。

安保法案に反対するあなたの子どもがいじめにあったらどうします?

いじめが問題になり将来ある若者の自殺が後を絶たない。
いじめは加害者に説明したり、説教してもいじめは収まりませんよ。

100%加害者が悪いし指導する先生が傍観者となっているいじめがもっとたちが悪いと思うのです。しかし、いじめに会う被害者が空手や柔道などの格闘技を持っていたとしたらいじめに遭うでしょうか。
一般的に考えて空手や柔道を習っている人いじめの対象にはなりませんよね。

それと同じで
今の日本は、何の反抗もできないいじめの対象なんです。
いつでも行動できる集団的自衛権を担保することで中国からの圧力は弱まります。

それに何ですか?
民主党は、言葉尻を捉え揚げ足を取ることしか能のない政党であることがわかった。
その上に、民意を代表する議員でありながら対案も出さずガキみたいにプラカードを掲げることしか能のない政党であり、採決するとプラカードを投げ捨てるなんて・・・。
笑っちゃいます。
お願いですから民主党は解党して欲しい。

民主党に20年来の友人がいますが金輪際、友人にも民主党にも投票しない。
恥です。

漫画  ビッグコミックに連載のかわぐちかいじ「空母いぶき」
支那と日本のせめぎあいが・・・描かれている

| | コメント (0)

筆王 宛名を改行する秘策

 

33354_2

会社では社長交代と云う大事なイベントを控え、高級感のある封筒(ペルーラ)を用意して案内状をだすことになった。
すべてのアドレスは筆王に残されている。

筆王を起動させ洋2サイズの封筒を設定して表面・裏面の書式や大きさを決めていくと
ここで厄介な問題が発生した。

洋2の印刷範囲が非常に狭い。
裏面の画面を呼び出し会社の住所位置を決めようとすると印刷範囲では位置が定まらずましてや、プリンターの基本設定では洋2の表面印刷は出来るが、ダイヤ貼りした裏面は印刷不可となっている。ダイヤ貼りの閉じるところがヒラヒラと開いていては印刷も出来ない。

■ 裏面での差出人住所が印刷範囲が狭くて所定の位置に収まらない
■ ダイヤ貼りの閉じるところが開いていて印刷できない。

解決策
□ 裏面での差出人住所を表面で差出人住所を設定して上手く行った。
□ ダイヤ貼りの閉じる面をマスキングテープ並びに仮止めテープを貼って
  ヒラヒラと動かないようにした。

これで300枚に及ぶ差出人住所は完璧に印刷した。
やれやれで第一関門は突破した。

最大の難所が表面で待ち受けていた。

書体はHGP祥南行書体。柔らかい毛筆系の書体です。流れるような文字で良いな・・・。
住所も宛名もしっかりとサイズを大きくしたい

「ここで問題が発生した」

表示設定から「文字サイズの調整」で、宛先住所の文字サイズや宛名の文字サイズ変更は個別にやれる・・・が、あくまでも目安であると書いてある。

宛先住所は3段階に分けて改行できる。
そのために宛先住所の文字の大きさはさほど問題なく進められた。

問題は宛名である。
宛名には改行設定がない。
なのに、長い宛名・・・例えば
株式会社イトーヨーカドー上越支店 みたいに長い宛名は宛先住所に比べて半分ぐらいの大きさになってしまう。それに「御中」なんてのも付け加えるので、改行の出来ない設定である宛名は、なんだか長い線のように細くなってしまう。

ネットで「筆王 宛名の改行」で検索しても、これと言った解決策はなくて、連名を利用すればと書いてある。
これでは、筆王も使えないなと諦めていた。

フッとある閃きがあった。

選択した宛名を同じ画面上にコピー&ペーストすれば良いのではないかと思った。
やってみた。
ペースト出来て喜んだ。
ペーストした宛名部分を削除して「株式会社」と書き加えれば良いんだと喜んだ。
やってみた。
ペーストされた宛名を削除して書き換えると、元の宛名までも書き換えられてしまった。
苦労も水の泡となり
嘆き悲しんでいる私がいた。

ところがまた閃き神が降りてきた。

adobe Illustratorを開き「改行したい宛名の部分を作り」Gifで
保存した。(とても面倒だけど)
保存したGif画像を摘んで筆王の表示画面に落とした。
表示された♪
\(^o^)/

長い宛名をひとつずつ表示させ、その度にIllustratorで作って行った。
テスト印刷してみるときれいに改行したかのように印刷された。

しかし問題が・・・
上手く行ったはずのGif画像の効果は疑いの余地はないのだが
落とした宛名のGif画像はすべてのカードに適用されていた。
がっくり。

でも、ここで落ち込んではいけない。
宛名のGif画像は上手く行ったのだから、改行の必要な長い宛名に適用したらすぐに印刷すれば良い。印刷したらすぐに印刷マークをOFFにすれば問題は解決する。

長い道のりだったが、2日で解決した。
相変わらずネット上では「宛名が改行できない」悩みをお持ちの方がいる。
解決策として、このブログを読んでくれれば良いのに・・・と思う次第です。

あ~~疲れた。

| | コメント (2)

スパムメールの転送

本日夕方に、gmailのアカウントがハッキングされて、過去にメールを送ったことのある方々にランダムにスパムメールが私のアドレスから送信されてしまったようです。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

強力なセキュリティを施していましたがgmailの隙間をつかれたようです。
メインアドレスのniftyアドレスに被害はありませんでした

アクセスを調べたところ中国とアメリカからのアクセスがあったことはわかりましたが、
詳しいことはよくわかりません。

内容を見る限りではアメリカではないかと思われます。
アクセスは174.141.212.170でしたがgooglemapでは平原でした。
トレーラーハウスを持ち込んでの仕業だったでしょうか

慌ててしまい乱雑な文章でお詫びのメールをスパムメールを送った方々に送信しました。
申し訳ありません。
Fwdの送信でしたので転送されたようです。

セキュリティの完璧さを豪語するgmailに集団ハッキングしたのでしょうか
すぐにパスワードを変更しました。

多分、メールを開封しても感染はしたりしないはずです

ヌードの画面が送られたのかとビックリしましたが・・・

gmailをお使いの方はすぐにでもパスワードの変更をした方が良いかと思います。

| | コメント (0)

2013年。謹賀新年

20133

明けましておめでとうございます。

新聞のカラーページを利用した千切り絵です。
太陽に扮した神の使いである蛇が富士山を赤く照らしています。

2013年(平成25年)
良い年でありますようにお祈りいたします。

何年か振りに紅白歌合戦を観ました。
美輪明宏「ヨイトマケの唄」は最高でした。

高校生の頃に聴いたヨイトマケの唄は涙して泣きながら聴いた。
当時は美輪明宏ではなく丸山明宏だった。
懐かしく当時が思いだされました。

| | コメント (2)

2012年。今年を振り返る

今年を振り返り
激動の1年でした。

1月27日。大雪です。道路は除雪した雪が壁となり景色を塞いでいます。
そんな中、会社の車で林に囲まれた道路を走行中に、それは前触れもなく起きた。

大型除雪車で除雪した道路はツルツルとなり、まるでスケート場のようで、
2車線の道路は1車線と化し、まるで一方通行道路のようです。
少し、時間が押していました。
雪道、それもツルツルの道路(ブレーキを掛けるタイミングが難しい)、その上、坂道の下り坂でカーブしています。チラッと目をやった速度表示は30キロです。
速度的に速いのか、遅いのか微妙なところです。

突っ込んで走り抜けようとしました。
カーブを曲がった先に大型特殊自動車が止まっていたのです。
すり抜けられるか、どうかの微妙な幅員です。
慌ててしまいました。無意識にブレーキを踏んでしまったのです。万事休止

車は制御が効かなくなり、大型特殊自動車に向かって突き進んでいきます
視覚としてはスローモーションで映しだされ、まるで人間魚雷のようです
車のフロントはメチャクチャに破壊され、後日分かったことだが、タイヤは4本とも曲がり歪んでいた。
大型特殊自動車のドライバーは、上から見下ろすようにぶつかってくる車を眺め、ぶつかった瞬間は即死か大怪我をしたと思ったようです。

しかし・・・
私は無傷です。ハンドルを操作して安全な場所に移動した。破壊されたフロント、歪んだタイヤで車は走行できた。車は修理工場に運ばれ、修理が終わるまで2ヶ月を要した。

4月20日。待ち合わせで駐車していると、いつもは机の上に置いてある財団法人日本心霊科学協会発行の冊子「心霊研究」誌が車にあり読んでいるとローム大霊の事が書いてあった。
読む進めると、なにか惹かれるものがあり、東西南北の神さまの存在を知るに至った。

6月8日。インターネットの画面上にクリックしていないタグが突然現れた。
そのタグは易経の画面で「天雷无妄」が表示されていた。
「望外な望みが叶うとある・・・」

6月10日。Facebookの画面に新着を示す赤いマークが現れた。
「春日山神社の提案が受けいれられました」とあった。時間をみると夜中の2時15分だった。
ぐっすりと夢のなかを彷徨っている時間です。
春日山神社にはお参りには行ったことのない神社です。

9月4日。大腸内視鏡検査でS条結腸ガンが見つかる。

9月8日。早朝、通勤途中にパトカーに止められ「片目ライト」を注意を受けた。
修理することを約束して仕事場に向かうとパトカーがサイレンを鳴らして追いかけてきた
無車検であることが分かった。・・・知らなかった。来年だと思った。
咎められたが知らなかったことを説明し、そろそろ廃車にしようかと思っていたので、思い切って別な車を手配した(現在乗っている日産ステージア)
警察署長に提出する始末書に「指摘されて良かった。無車検のまま事故でも起こしていたら大変なことになった 指摘を受けありがとうございました。」と、書いて、警察官は(゜ー゜)(。_。)ウンウンそうだそうだと喜んでいた。
幸いにして罰則を受けなかった。

10月19日。大腸ガン(S条結腸がん)を腹腔鏡手術を受けた。4時間の手術だった。
病理検査の結果はステージⅢaで転移が心配。術後の治療が必要と判断された。

11月19日。この日から術後の抗がん剤ゼローダの服用がはじまった。
半年間は副作用との戦いが始まったが、半年間の服用はあくまでも血液検査で変化がなく転移が認められない場合と自覚している。

遠赤外線治療器サガノが自宅に届き、ガン撲滅に一役買うことになった。
温熱療法にどれほどの効果があるのかと調べてみると

なぜ、全身温熱療法がガンに効果があると言われているのかというと、

①ガン細胞のタンパク質は、正常細胞のタンパク質よりも熱に弱い。
正常細胞は42度で温めてもダメージを受けないが、ガン細胞は死滅していく。

②ガン組織には相対的にみて血管が少なく、血流も少ない。体温を上昇させた場合、ガン細胞にはたくさんの酸素が必要であるにもかかわらず、十分に供給されなくなるので酸欠状態になり死滅する。

③加温によって神経系からエンドルフィンというモルヒネに似た物質が分泌され、免疫力を高めると考えられている。そこで、温熱によって免疫系の動きが活発となり、自己治癒力が強化されてガン細胞を攻撃するようになるといわれている。

風邪で高熱が出るのも、免疫系の動きを活発にするための体の仕組みの一つ。
高熱によって免疫力、酵素の働きが活性化されウイルスなどを撃退するのと同じこと。
などが考えられています。  

と、あった。
信じるしかない。

S条結腸がんが見つかるまでは、トイレに行ってもタール状の黒くて細い排便で苦しかったのですが、今では別な意味で排便が凄いことになっています。1日に5回も6回もトイレに直行です。その度にバナナほどの排便をします。通常の3日分です。異常ですね。
排便は良いことなのでしょうが困りものです。オナラも頻繁に出る(無臭のようです)

神仏のご加護を肌で感じた1年です。
私の持つ、悪縁や悪因縁を断ち、運が好転しますように・・・ と願う。

特に交通事故では、見えない力で助かった気がする。
誘われるように入った肛門外科で受けた大腸内視鏡検査は神の誘いではなかったのか。

新聞のカラーページを利用した千切り絵をたまに貼り付けている。
ストレス解消でしょうか。

| | コメント (0)

母へ---。 審査員特別賞

とある公募で「母へ---。」エッセイコンテストに応募した。

一次予選さえ通れば良いかなと思っていた。
一次予選を通過された方には、連絡があるとのことで期待していたが、何の音沙汰もなかった
そして、「母へ---。」エッセイコンテストのことは忘れていた。

ある日、分厚い封書が届いた。
応募した原稿が返ってきたのだと思ってソファーの上に放り投げていた。
さてと、ペーパーナイフで封を開けると
「母へ---。」エッセイコンテスト 選考結果のお知らせとあった。

そこには『審査員特別賞』と書かれていた。

エ~!

書評には、歯の浮くような文言が書かれ赤面してしまった。

以下、作品『墓参り』書評を差し上げます。

しっかりとした文章で完成度の高い作品に仕上がっています。面と向かっては言いにくい、母親への愛や感謝の気持ちが、作品全体から立ち上がってくるように感じます。短い作品の中で表現する場合、言葉の選び方が重要ですが、その辺りの感覚が素晴らしいと思います。この感性を生かして、是非これからもたくさん書いてください。今後も素晴らしい作品を期待いたします。

と書かれていた。

オムニバス形式の企画書籍「短篇集・小さな物語」への原稿執筆依頼が特典として添えられていた。

一次予選の通過者すべてが審査員特別賞とも考えられます。
それでも、賞と名のつくありがたいものです。
『賞』は、ありがたくお受けいたします。



T_p1010828

この静かな海の左側の陸地に母の眠る墓があります。

| | コメント (6)

堀部安兵衛の切腹

11月に入ると、木枯らしが体を襲う日がやってくる。

11月25日は取りも直さず、その日も木枯らしが吹いていた。般若心経でもあげようか・・・。
強烈な印象を残した事件であったが、時代の流れで風化してしまい、歴史の1ページになってしまった。いまさらであるが、過ぎ去った事件でメディアが騒ぐこともない。

しかし
12月に入ると赤穂浪士の両国にある吉良邸への討ち入りが近づくと、メディアは騒ぐ。毎年、毎年、さも解明されていない事件の核心部分が解明された、かのような見出しが踊る。
師走の風物詩なのであろう。

Yasubei

古本屋でフッと目に止まった随筆春秋に面白いエッセーを見つけた。
「介錯人の末裔」(近藤 健)

吉良邸に討ち入ったあと、大石内蔵助以下17名は細川藩にお預けになり、明けて2月4日に切腹の沙汰となった。高田馬場の助太刀で18人切り(実際は3人切り)で有名になった堀部安兵衛の首を撥ねたのが細川藩・米良市右衛門で、時を経て米良市右衛門の子孫に著者の叔父がいた。

戦後、平和になった日本で米良家だけは、祖母や祖父の突然死が続いて、これは何かの祟りがあるのではないかと、霊感の強い婆さんに神託を仰ぐと「獣を殺める者がいる。倒れている・・・だから、悪いことが起きるんだ」

武士の家系で占いに頼るとは・・・何事だ!と、笑ってしまった。

だが、読み進んでいるうちに、介錯人の家系は、やはり血の気が騒ぐのであろうか、二代前の叔父は、これがまたすごい人物で、三島由紀夫著「豊饒の海・第三巻 奔馬」にも、出てくる神風連の乱やら西南の役に参戦して血刀を握りしめ敵陣に向かっている。

血塗られた家系なのであろうか
歴史の本線を歩いていた先祖をお持ちの著者は歴史をいやが上にも回顧することになる。

堀部安兵衛は堀部弥平衛のこどもで親子で討ち入りに参加している。その堀部安兵衛にはこどもがいて脈々と今日まで耐えることなく血は繋がっていると云うのだ。

義士研究家が米良家・堀部家の系譜をみて両者の子孫と分かると、300年の時を経てご対面となった。切腹した堀部安兵衛と首を撥ねた米良市右衛門の子孫が会う場面がある。

目の前に現れた堀部安兵衛のご子孫は、堀部安兵衛の武勇伝から筋骨隆々を想像していたが、意に反して初老のやさ男だった。

面食らった私は・・・
「あっ、どうもその節は、あの、お役目とはいえ、どうも・・・」と、なってしまい、まるで通夜のお悔やみのようになってしまった。
「いえ、いえ、こちらこそ大変お世話になりました」と、満面の笑みで云われたときは救われたと述べている。

縁は異なもの味なもので・・・
お会いしたこの日は、2月4日。まさにこの2月4日は304年前の介錯の日だった。
できすぎた偶然だったのであろうか。

| | コメント (8)

四字熟語・・・さぁやってみよう。

4moji

5moji

暇なときにこんなゲームをする。
四字熟語ゲームです。
ランダムに置かれた漢字を四字熟語に置き換えて作って行くゲームです。

七面のステージがありステージごとにクリアすると次のステージに進むことが出来ます。

いつも四つか五つまでは行けるのですが、漢字の数もステージごとに多くなってきて
時間潰しも終りを告げ挫折してしまう。
途中で経過保留(保存)することが出来ないので、止めると、また次は最初からになってしまいます。七つ目の最後のステージをクリアすると、何かプレゼントでもあるのかなと期待して進めるのですが
いまだ成功に至っていない。

今日は、友人と一緒に挑戦しました。
やはり二人でやると早いですね。四字熟語が次々と完成していきます。

そして、ついに最後のステージに到達しました

漢字が画面いっぱい縦横無尽に並んでいます。
ふたりして七つ目のステージをクリアしました。

お楽しみのNEXT PAGEです。


クリック


あっ!ありました。
プレゼントはこれか~ 期待通りでした。



画像は三つ目のステージと五つ目のステージです。
まだ、六つ目・七つ目と続き七面で終了。

Good

| | コメント (0)

選挙事務所の怪

防災の在り方を問う選挙かな?

Daruma

千年に一度の大震災と評される東日本大震災に見舞われ、日本のバリューが、日本の産業立国が本物であるかどうかの浮沈がかかっている。日本全土が焦土と化した焼け野原から奇跡の復興と呼ばれた戦後の高度成長の再来となるのか。どうか。
世界は注目をしている。

司馬遼太郎著「坂の上の雲」の主人公である秋山真之は巨象バルチック艦隊に挑む心境を「・・・興国の荒廃この一戦にあり」と打電する。
世界地図から日本の名前が消えるかどうかの瀬戸際であった。

大震災から復興へと劇的に変貌を遂げようとしている過程にあって政治家はどんなことをしているのであろうか。アスリートやら芸能人がボランティアで被災地に赴き炊き出しやらに精を出している姿を目にするが、政治家はどうしたんだ!

陣頭指揮をしている政治家をいるのかな・・・、水を買い占めている政治家はいた。こんなご時世に・・・我が身が愛おしく可愛い苦労知らずの三世議員であった。

太郎君!次の選挙は落ちるよ。

そんな中、わが街でも統一地方選挙で県会議員の選挙がはじまった。
各政党が出揃って5人当選の枠にしのぎを削って9人が立候補している。大震災の影響を受け世論を意識してか、スピーカーでがなりたてる悪声が聞こえてこないのは嬉しい限りです。

人口20万の過疎地として有名なわが街は広い、それもだだっ広い。
選挙の街宣カーも端から端までくまなく回るのは大変なことでしょう

しかし、選挙事務所が立候補している9人のうち7人までがある通りに集中している。
旧国と呼ばれる道路の1キロ圏内に7人の選挙事務所がある。
市の面積では全国を見回しても1・2位を争う広さなのに、同じ道路に選挙事務所を競っている光景はどうなんだろう。
もしかして選挙の談合?
出入りする有権者をチェックしているのか
それとも違反や不正を見つけようと監視が目的で隣同士になったのか

10日を境に性格が変わるんだろうな・・・。



| | コメント (0)

スワンの涙

コシヒカリの産地くびき平野は雪景色。

T_img_5157

□■□■□■□■

T_img_5173

雪原に立って遠くの一点を見つめる姿は・・・何も想っているのだろう。
1月に入って連日の雪で、白鳥のために用意された田んぼは雪をかぶり、目指すドジョウを見つけることが出来ない。前菜の落穂を拾うことすら出来ない。
ホームシックにかかり生まれ故郷のロシアの方を向いて泣いているのであろうか。
白鳥は泣いている様にも思える。

白鳥が泣いていると云えば、OXの「スワンの涙」。これしか思い浮かばない。


雪原に食料を求める北の使者
北帰行はまだまだ先の話。

T_img_5175

T_img_5178

T_img_5179

T_img_5170

T_img_5181


| | コメント (0)

より以前の記事一覧